武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2015年5月21日

初夏の花々

今年も園内各所でヤマボウシが咲いています。街路樹でよく植えられているハナミズキと近い仲間ですが、こちらは日本の在来種です。ハナミズキは花びらのようにみえる「総苞片(そうほうへん)」の先が巻き込むようにくびれていますが、ヤマボウシではとがっています。

ヤマボウシ

 

エゴノキもいっせいに白い花が咲いています。花が散りはじめて木の下が白いじゅうたんのようになっています。そして夏を過ぎるとヤマガラが好きなかわいい実をつけます。

 

エゴノキ

 

つづいて、こちらの白い花。何という花かお分かりになりますか?イボタノキといいます。ライラックと同じモクセイ科の木で、園芸の世界ではよくライラックの台木として使うそうです。花を確認したところセイヨウイボタではなくイボタノキだとわかりました。花も地味で香りもライラックほどではないですが、年々暑くなっている東京の夏を乗りきっているイボタノキは日本各地に自生する在来種。こちらのほうがたくましく感じます。

イボタノキ

 

最後にご紹介するのは、こちらです。公園各所のくさむら、地べたち近くに小さな赤い実がなっています。これは春に黄色い花を咲かせていたヘビイチゴの実。こどもたちにも人気です。初夏の緑にかわいらしい色を添えています。

ヘビイチゴ

これから日に日に暑くなりますが、今は梅雨をむかえる前のさわやかな季節です。ぜひ、お散歩がてら見にいらしてください。

季節の花、緑、生きもの| コロちゃんavatar