武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2015年3月23日

ハナノキの花

 

今、公園は個性豊かな春の花が咲き競っています。

公園のメインエントランス横にある、ハナノキの花が見ごろになりました。

秋の紅葉が素晴らしいカエデの仲間ですが、

もともと名前の由来は春の花の美しさから。

高い枝の先端が、ふわりと赤く染まっています。

ひとつひとつの花はこんな感じ。花びらのない不思議な形です。

実はこの木は、雌雄が異なる木。

国分寺公園にある木は雄花しか咲かない男性です。

花は雄の木の方が美しいと言われています。

盛りの短い花なので、ぜひ美しい時期をお見逃しなく!

 

もうひとつ、見頃の花をご紹介します。

シデコブシです。円形広場の東側を中心に何本かあるのですが、

今年は大変花付きがよく、美しいです。

モクレンの仲間はみないい匂いがしますが、

この花も顔を近づけると素晴らしい芳香があります。

公園のシデコブシは小ぶりな木が多く、香りを楽しめる高さで咲いています。

ぜひ香りを試してみてください。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん