武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2015年2月17日

冬芽の観察

 

北風はまだまだ冷たいけれど、日ごとに春が近づいています。

この時季、冬芽(ふゆめ)の観察はいかがでしょう。

春を待つ木の芽を冬芽と言います。

木によって特徴があり、じっくり見ると面白いですよ。

 

春一番に花が咲く植物は、花芽がふくらみはじめています。

コブシの花芽。銀色の毛布のような殻が、とても暖かそうです。

こちらはサンシュユの花芽。黄色がのぞいてきました。

 

 

すっと伸びた刀のような枝先は、ハクウンボク。エゴノキの仲間で、よく似た白い花が咲きます。

こちらはちょっとピンボケですが、エゴノキの冬芽。

実は、冬芽がとても小さく、2ミリほどしかありません。ハクウンボクの4分の1くらいです。

でも、メインの冬芽の横に小さな副芽がくっついている形は一緒ですね。

大きい方の冬芽がうまく育たなかった時のために予備を用意しているのだそうです。

 

こちらはイヌシデの冬芽二種類。

先端が尖っているのは葉芽、先端が丸いのは花芽と思われます。

同じ木なのに別もののようですね。

 

 

サービスセンターでは、

武蔵野の公園で見られる冬芽のレンジャーミニ図鑑を配布しています。

どうぞミニ図鑑を手に、冬芽を眺めてみてください。

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん