武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2014年3月18日

春はいろどり豊かに

サンシュユが満開になりました。
泉北西口付近と、武蔵の池上部のスロープの木が見ごろです。
丸い冬芽も可愛いですが、パチパチ弾けるような形の花も可愛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービスセンター横のギンヨウアカシアも満開です。
黄色い花ってなんて可愛いんだろうと思います。

 

今週いっぱいでピークを迎えそうなのはウメです。
武蔵の池付近や野鳥の森の白いウメが満開です。
独特の香りとあいまって、白い花の上品さを感じます。

 

赤い花では、西元北西口付近のボケや、野鳥の森内のツバキが見ごろになってきました。

赤い花って、なんだか野生的で逞しい…。

 

青紫は、地を這うように咲いている野草のオオイヌノフグリや、花壇のムスカリ。


春は色彩の競演です。

 

サービスセンターでは、冬~早春の花、春の樹の花、春の草花のミニ図鑑を

配布しています。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2014年3月18日

樹木の不思議

園内、春の花がにぎやかに咲き始めましたが、

葉も花もまだの樹木の話題です。

冬に枝を切ったミズキの木から、

今、涙のように樹液がしたたっています。

ミズキの名前の由来は、切り口から水が出るからと知ってはいましたが、

本当に水が出ているところは初めて見ました。

樹液の落ちるところに水溜まりができています。

春が来て、ぐんぐん水を吸い上げているんですね。

 

葉が出る前は、樹木をじっくり観察できるチャンスでもあります。

公園散策の折に、探してみてください。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar