武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2013年10月31日

秋の実の色づき

園内では、秋の実が色づいてきました。

こもれび広場では、イイギリの朱赤の実が見事な房になっています。

 

ナナカマドの木の実もオレンジ色になっています。

これから真っ赤になるのが楽しみ。

 

冬になって葉が落ちる頃にはさらに美しいのですが、今度は熟すのを待っていた野鳥が食べてしまうので、お見逃しなく…。
円形広場北側では、ジュウガツザクラが咲いています。

 

奥まった場所にある小さな木で、園路からはほとんど見えませんが、春のサクラとは一味違うひっそりした風情が美しいです。

花の期間はあとわずか。宝探しの気分で林の中を散歩してみてください。

 

大きなカメムシ:今年になってよくみかけるようになったキマダラカメムシ。

2cm以上ある立派なカメムシです。

黒褐色の体全体にクリーム色の斑模様がシック。

南方系の昆虫ですが、年々生息域が北上し、東京にも定着してきたようです。

1.5cmくらいあるやはり大型のクサギカメムシと共に、気温が下がると共に、暖かいところを求めて人家に入ってきたり、日当たりのいいベランダの洗濯物にくっついてみたりして、人を驚かせます。

乱暴に叩き潰そうとしたりすると、いわゆるカメムシ臭を出しますが、そっと振り払う程度なら、悪さはしません。

心配でしたら、ビニール手袋をして取り除いてください。

今年は夏の暑さのせいか、たくさん発生しているようですが、無闇に嫌わずに対処していただけたらと思います。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar

2013年10月19日

【告知】あそブンの森 11月23日(土)開催します!

今回のテーマは・・・
「コロコロ 木の実であそぼう!」

ツルツル、ギザギザ、コロコロ、ヒラヒラ。
秋の森には、いろんなカタチをした木の実や
赤や黄色やオレンジや緑、いろんな色をした葉っぱが
たくさん落ちるよ。

自分のお気に入りを探す旅にでたり、
トコトン木の実で遊んだり。
みんなで木の実で遊んでみよう!

 

【日 時】11月23日(土)11:00~15:00(14:30受付終了)
【会 場】都立武蔵国分寺公園 西の森
【対 象】幼児~小学生(未就学児は保護者同伴)
【参加費】無料 ※荒天中止
【共 催】都立武蔵国分寺公園(西武・武蔵野パートナーズ)・NPO法人冒険遊び場の会
【問合せ】都立武蔵国分寺公園サービスセンター(TEL042・323・8123)

※写真は昨年の様子

イベント| めがねしばavatar

2013年10月18日

秋へと移り変わって・・・

秋が深まってきました。キンモクセイの季節ももう終わり…。

 

紅葉はまだまだですが、今、園内はススキがきれいです。

夕方になると西日を受けてばったランドのススキの穂がきらきらと輝きます。
ところでススキとオギの違いってわかりますか?

興味のある方はサービスセンター前の掲示板をご覧ください!

 

野鳥の森には、キノコがにょきにょきと。注意深く足元を見ながら歩くと、園路のすぐわきにも生えています。

ちょっと妖精を思わせる小さくてかわいいものから、どーんと存在感のある大型きのこなど、様々です。

キノコの命は花以上に短く、今日見つけたものが明日には溶けて消えていたりします。

出合いを探しに散歩に来てください。

サービスセンターにはキノコ図鑑もありますよ!

なお、公園内のキノコをとることはできません。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃんavatar