武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2011年12月1日

木と木の実のガイドウォーク

11月27日、武蔵国分寺公園で、「木と木の実のガイドウォーク」が開催されました。

ご案内は森林インストラクターでもある公園管理所長。蜂須賀公之です。

子どもたちはいつも一番前!質問したり、おもしろい物を見つけてきてくれたり。

「今日はね、きれいに紅葉している木や、実を付けている木を見て歩くよ。あっちを見て。あそこで真っ赤に見えてるのが、この公園で今一番きれいな木。さあ行ってみよう!」

うわ~! すっご~い!

「これはね、ハナノキっていう木。モミジの仲間だけど、葉っぱは手のひらみたいに裂けてない。名前はハナノキだから、春に咲く花もきれいだよ。」

「いつも散歩に来てるのに、こんな木があったなんて知らなかった!」

「ちょっとだけ奥に隠れてるからね。あんまり見に来る人もいないんです。でもすごいでしょ!」

素敵な葉っぱを見つけたら、紐つきのカードケースに入れます。

あらら、よく見るとどんぐりなんかも入ってるね!

カマキリ入れちゃった子もいましたよん。

こんな不思議な実があったよ!

「それはね、モミジバフウの実だよ。穴がいっぱい開いていて、中から翼の付いた種が出てくるんだ。紅葉も濃い紫から淡い黄色まであってとってもきれいでしょ。」

みんなが夢中になって観察しているもの。なんでしょ!?

「これはね、タヌキのトイレだよ。タヌキは同じ場所で何度もウンチをするから糞塚ができるんだ。こんな都市公園ぬにもタヌキが住んでいるんだよ。」

「この写真はね、タヌきのウンチの中に入っていたもの。小さなのはエノキの実。大きなのはギンナン。タヌキは落ちている木の実を食べるんだ。」

「じゃあこの一番左の白いのはなんだと思う?」

「ビニールだよ。人間だってお腹にこんなにビニールが入ってたら苦しいよ。これで死んじゃうタヌキもいるんだ。自然の中にゴミを捨てたらいけないよ。」

うわあ、ハラビロカマキリの卵だ!

「この大きな葉っぱの木はバナナの木だよ。」

ほんとだ!ちいさなバナナがなってるよ!

すごいねえ、きれいだねえ!

いろんなものを発見したよ。私のお気に入りはこれ!

ご家族での参加、ありがとうございました!

ガイドウォーク、またやるのでぜひ来てね!

今日のおみやげは見つけた葉っぱ、木の実と、レンジャーミニ図鑑でした。

*ミニ図鑑はいろいろな種類があります。公園のサービスセンターで、いつでも差し上げてます!

イベント| くまっ太avatar