武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

公園であそぼう!

公園を100%楽しもう!家族や仲間とのんびり過ごしたり、親子でキッズイベントに参加したり…。
新たな「公園での過ごし方」をぜひお探しください!

遊びの種類

パークコーディネーターからのメッセージ

公園がもっと楽しくなる、おもしろくなる、おすすめスポットや遊び方を紹介します。

2019年4月28日(日)

こいのぼりイベント開催中

みなさんこんにちは。

パークコーディネーターの見城です。

平成も、もうあとわずかですね。令和はどのような時代になるのでしょうか?

公園がもっと皆さんに愛される場所になれるように、これからも頑張っていきたいと思います。

 

そんな平成と令和、2つの時代にまたがって、野川公園、武蔵野公園、武蔵国分寺公園では、各サービスセンターにて、4月27日(土)から5月6日(月・祝)まで、こいのぼりのイベントを行っております。

(野川公園では、自然観察センターでも開催!)

告知ポスターこいのぼり-1

こいのぼり等が描かれた短冊に色を塗って、ふきだしに将来の夢を書いたら完成!

新しい令和の時代に叶えたい夢に願いを込めて、書いてみてください!

みなさんの想いの詰まった短冊は、青いパネルに貼って公園に飾ります。

まるで広い青空を、こいのぼりが泳いでいるみたいですね。

P1070143-1

P1070141-1-1

野川公園、武蔵国分寺公園では、おおきなこいのぼりも設置しています。

ぜひ遊びに来てください!

P1070104-1-1

2019年3月31日(日)

パークコーディネーター:小野

野川公園春の散歩コース

こんにちは。パークコーディネーターの小野です。

暖かい日が多くなり、野川公園でもいろんな春に出会うことができる季節になりました。

 

今回は4月頭に、春を楽しむことのできるお散歩ルートのご紹介をしたいと思います。

 

野川公園正門から進んで行きましょう!

正門右手側のコヒガンが満開でお出迎え!

そばにある、オオシマザクラも開花し始めました。

 

1

 

正門を入り左手には、見頃は少し過ぎましたが、サンシュユの花を見ることができます。

小さな花が線香花火のように咲いているのが印象的なお花です。

 

2

 

正門から中へ進むと、すぐにサービスセンターが見えてきます。

サービスセンターでは、イベント情報や見頃情報などを確認できます。イベントの申し込みもこちらで行っています。

 

3

 

野川公園の地図が置いてあるので、ここでGETしていきましょう!

他にも、近くにある武蔵野公園や浅間山公園の地図もあります。行くご予定のある方はぜひお持ちください。

 

4

 

サービスセンターの北側に出ると大きく開けた大芝生が広がります!

 

右手側(東側)の園路を進んで行きましょう!

園路の両脇にはコヒガンとソメイヨシノが並び、現在見頃を迎えています。

 

56

 

そして、一の橋を通って北地区へと向かいます。

一の橋を渡りきると、右手側には生物多様性スポット「フデリンドウ群生地」があります。

フデリンドウの青い花がぽつぽつと咲いている様子を観察することができます。

 

7

 

そのまま、野川を渡り対岸に行くと、夏のいこいの場「湧き水ひろば」があります。

国分寺崖線から湧き出る「湧き水」スポットの一つです。

 

8

 

野川沿いはお散歩にもってこいの場所。

今は、シダレヤナギが新しい葉を出し始め、日に日に青みが強くなる風景が楽しめます。

土手には、タンポポが咲き始め、チョウや小さな昆虫も見ることができます。

 

9

 

さくら橋まで行きつくと橋の対岸に自然観察センターがあります。

ここでは、自然観察園の自然情報をメインに発信しており、

野川公園で活動する「野川公園緑の愛護ボランティアの会」も

ここで日々の活動や展示などを行っています。

 

10

自然観察園内の見頃情報や、レンジャーミニ図鑑、イベントのチラシも配布しています。

また、図書スペースや絵本スペース、季節ごとの展示も行っています!

 

11

 

「野川公園緑の愛護ボランティア」が発行する

「花だより」や「この木何の木」「今月の野鳥」も、

こちらで配布しています!(自然観察園入口でも配布しています。)

 

12

 

さくら橋の崖線側に四季折々の山野草や樹木を楽しむことができる「自然観察園」の入口があり、開園中はいつでも入ることができます。

 

13

 

現在園内では、シュンランやコスミレなどが見頃を迎えています。

 

14

 

自然観察園、自然観察センター共に、開館時間は9:30~16:30。

休館日は、月曜日(月曜日が祝日の場合、火曜日)なので、お越しの際はご注意ください。

 

ぜひ、野川公園で素敵な時間を過ごして下さい!

2019年2月28日(木)

パークコーディネーター:小野

魅力いっぱい!立川市内の玉川上水緑道

こんにちは!パークコーディネーターの成瀬です。
今回は、私の大好きな玉川上水緑道のおすすめ散策エリアを紹介します。
たくさんの市をまたいでいる玉川上水緑道。エリアごとにそれぞれの魅力がありますが、今回ご紹介するのは、立川市内。玉川上水駅からスタートして緑道を歩き、武蔵砂川駅でゴールするルートです。

DSC_0405DSC_0401玉川上水駅南口を降りたら、もう目の前が玉川上水。
ただ今、早咲きの桜が見頃です!このあたりにはいくつかの種類の桜がありますので、時期ごとに様々な桜が楽しめます。

DSC_0387上流に向かって歩いていきます。
このあたりは緑道の幅が広く、通勤・通学者も多くはないため、のんびりと静かな散策を楽しめます。自然観察にもおすすめ!

DSC_4410千手橋からの眺めがこちらです。
立川市内の玉川上水は、飲み水を運ぶ現役の水路として使われています。
静かな緑道で、清らかな水のせせらぎと、野鳥たちのさえずりをお楽しみください!

1550806935165千手橋近くの南側には、コミュニティカフェ「ステッチ」があります!年に数回、マルシェも開催している、地域密着型のカフェ。散策の合間のひと休みにおすすめです。

1551585794200千手橋を過ぎてしばらく歩くと、北側には「珈琲豆焙煎工房 まめ吉」の店舗があります。こちらでのひと休みもおすすめ。「玉川上水ブレンド」も販売されていて、おいしいコーヒーを楽しめます!

DSC_0125散歩しながらあちこちを観察してみれば、冬越ししているいきものが発見できることもあります!木の肌や根元にたまった落ち葉など、いろんな場所で虫たちが冬を越しています。

1551585834505金比羅橋近くの緑道の様子です。開放感があり、ゆったりと散歩できます。日によっては、清掃活動をしている市民団体の方に出会うことも!地域の方に大切にされている玉川上水。ゴミ等で汚すことのないように、大事に利用していきたいですね。

見影橋のあたりからは、桜並木が続きます。
花見シーズンには、橋からの眺めが最高ですよ。昨年の4月に撮影した写真がこちら!DSC_4229開花が待ち遠しいですね。
ここまで来たら、ほんの数分で武蔵砂川駅に到着です。

静かな散歩道、カフェ、珈琲屋さんに桜並木と、立川市内の玉川上水緑道は魅力いっぱい。ぜひ散策をお楽しみください!

DSC_0378さて、散策に便利なのが玉川上水の公園マップです。目印になる橋の名前もしっかり載っています!
野川公園、武蔵野公園、武蔵国分寺公園のサービスセンターなどで配布しています。

公園マップの地図部分はWebサイトからダウンロードもできますので、散策のお供にぜひご活用ください。
ダウンロードはこちら

2019年1月31日(木)

パークコーディネーター:見城

フラワータグの作り方

こんにちは、パークコーディネーターの見城です。

 

木枯らしが吹くなか、寒さに負けずに咲く花を見つけると、気持ちがほっこりしますよね。

そんな気持ちを、家族や友達に、お裾分けしてみませんか。

今回は、お花の写真を使ったタグづくりをご紹介します。

 

まず、お花を見つけたら、写真を撮ってみましょう。

真っ赤なサザンカの花、

P1030706

淡い色で咲く寒紅梅、

公園の花

咲き始めのボケの花、

P1030679

好きな花を撮影したら、着色したり、

編集方法

切り取ったり、

編集方法2

お好みで写真を加工してみましょう。

公園の花

加工した写真を印刷して、穴を開けて紐を通せば、フラワータグのできあがり!

P1040042

プレゼント用の袋につけたら、とってもおしゃれです。

P1030717

バレンタインや卒業祝いなどにも、フラワータグは季節の彩りを添えてくれます。

ぜひ、トライしてみてくださいね。

 

また、みなさんからも、公園を楽しむアイデアがあれば、ぜひ教えてください!

2018年12月28日(金)

パークコーディネーター:成瀬

冬の玉川上水緑道とゴマちゃん

こんにちは!パークコーディネーターの成瀬です。

すっかり寒くなりました。
私の大好きな玉川上水緑道も、落葉が進み、冬らしい景色になってきています。

DSC_0307_00001
葉が生い茂っていた夏と比べると、野鳥は探しやすくなっていますが、虫たちの気配はあまり感じられません。いったいどこにいるのでしょうか?
実は、葉っぱの裏、木の幹の隙間、石の裏などいろいろな場所に身を隠し、冬越ししています。

PC270603
こちらはエノキの大木!
その根元にたまっている落ち葉をゴソゴソと探してみると…?

PC240598
いました!ゴマダラチョウの幼虫です。

DSC_9470_00002
正面から顔を見ると、コアラのような、かわいらしい見た目です。「ゴマちゃん」という愛称で呼ばれることもある、このゴマダラチョウ。冬の間は、エノキの葉にくっついて、落ち葉ベッドの中で過ごします。

見えないところで、実はいろんないきものが暮らしています。意識してみたら、公園や緑道の過ごし方が変わってくるかも!

 

※昆虫を観察した後は、そっと同じところに戻してくださいね。元通りにしてあげないと、うまく冬が越せません。

2018年11月29日(木)

パークコーディネーター:田中

野川公園自然観察センター展示更新情報

皆さんこんにちは。

 

野川公園自然観察センターでは、少しでも来館する方々が

自然と仲良くなれるように

親しみやすい展示を目指しています。

今月からセンター内の展示を2点更新したのでご紹介します。

まず一点目は、「爬虫類両生類展示」

1

あまり知られていないヘビ、カメ、カエルなどについて楽しく遊びながら知る事が出来ます。

2

3

こちらのカメパズルは子供たちに大人気!大人も、骨の仕組みが良くわかります。

4

そしてこちら、季節に合わせた「ハンズオンコーナー」では、“種”をテーマに展示を行っております。

5

植物が、どのような工夫で種を残すか、実際の展示に触れながら体感することができます。

67

いつものお散歩の一休みついでにでも、ぜひ覗きに来てくださいね!

2018年10月28日(日)

パークコーディネーター:見城

晩秋の公園の過ごし方

こんにちは!
武蔵国分寺公園パークコーディネーターの見城です。
10月も終盤に入り、お昼の気温もだいぶ下がってきました。
そんな10月の公園でのオススメの過ごし方は、樹木巡りです。
この時期になると落ち葉や木の実など、木々の冬支度を見ることができます。

DSC06848-1

DSC06864-1

ゆっくり公園を巡ると体がポカポカしてきますよ。
寒くなりすぎる前にぜひ公園を歩いてみてくださいね。

DSC06855-1DSC06865

台風24号の影響で、公園内の園路を封鎖している場合があります。ご了承ください。
むさしのの都立公園では、公園サービスセンター・公園ホームページで

樹木マップやレンジャーミニ図鑑を配布しています。
こちらを参考に、実がなる木や紅葉がきれいな木などを探してみてください!

2018年9月21日(金)

パークコーディネーター:中倉

秋の公園、あなたならどうすごしますか?

こんにちは!パークコーディネーターの中倉です。

8月の猛暑から一転、風が心地よい季節になりましたね。

これからの季節、あなたなら公園でどうすごしますか?

公園は、こんな過ごし方をする人たちでにぎわっていますよ♪

 

■親子でピクニック

小さなお子さんが思いっきり走っている光景は微笑ましい限りです。

最近は、大きなボールやおもちゃで遊ぶ方も増えています。

家の中ではできない遊びは子供たちにとっていい思い出になりますね。

お弁当を持って出かければ、芝生の上で心地よいランチタイムを楽しめます。

 

親子でピクニック

■みんなでスポーツ

ボール遊びは大人から子供まで大人気!まさにスポーツの秋です。

公園では、周りの利用者と譲り合いながら、ボール遊びを楽しんでくださいね。

 

みんなでスポーツ

 

■最高のリラックスタイム

自然の中でとにかくゆったり過ごす時間は最高です。

風の音、草のにおい、鳥のさえずり。ケータイをそっとバックにしまって、公園ならではの時間を楽しんでみませんか?

 

リラックスタイム

 

あなたに合った公園の過ごし方は見つかりましたか?

やってみたいと思ったら、すぐに公園へGO!

秋はイベントも多数開催されますので、そちらもお楽しみに♪

2018年8月31日(金)

パークコーディネーター:小野

8月26日「アイタデ生葉染め」を実施しました!

野川公園自然観察センターにて、「アイタデ生葉染め」イベントを開催しました!

アイタデは、野川公園緑の愛護ボランティアの会が4月に種まきをし、約5か月間愛情をこめて育てました。

P8260026-min

 

このアイタデの生葉を使い、シルクのストールを染めます。

きれいに洗ったアイタデの葉を一枚一枚摘み取り、染液をつくる準備をします。

摘み取った葉を手でもんだり、ミキサーで撹拌したりしながら染液完成!

P8260032-min

P8260027-min

染める際に、結び目を作ることでオリジナルの模様をつけることもできます。

はじめは深い緑色だった染液からは想像もつかない、爽やかな青い色に大変身!

P8260051-mi-min

P8260074-min

アイタデの葉の中に含まれる「インディカン」とういう物質が酸化し、緑色から青色へと変色するそうです。

出来上がったストールは、世界にたった一枚のオリジナルストール☆

P8260079-min

最後に参加者のみなさんと、記念撮影!

公園では、さまざまな形で自然と触れ合う事のできるイベントを開催しています。

ぜひ、HPや掲示板でチェックしてください!

2018年7月26日(木)

パークコーディネーター:成瀬

夏の玉川上水緑道

こんにちは!パークコーディネーターの成瀬です。
今日は私の大好きな、玉川上水緑道の魅力についてお伝えしたいと思います!

江戸時代に開削された玉川上水。その両岸を整備して作られた玉川上水緑道。現在は、福生市の平和橋から杉並区の浅間橋までが開園されていますが、特におすすめなのが、西武線 鷹の台駅周辺のエリアです。
DSC_3032_00002

暑い日が続いていますが、比較的涼しさを感じられるのがこのあたりの緑道です。
樹木のつくる日陰はもちろん、玉川上水と新堀用水、二つの水路に流れる水も、散策路を涼しく保つ要因になっています。
橋から玉川上水を覗いてみると、こんな光景が。このあたりでは素掘りの壁面も見られます。
DSC_3030_00003

この時期に緑道を散策していると、聞こえてくるのが夏の風物詩、セミの声。
騒がしいセミたちの声を聞くと、余計に暑さを感じる気もしますが、唯一、涼しさを感じると思うのが、このヒグラシの鳴き声です。
日暮れ時に聞こえてくる「カナカナカナ・・」という声には、どこか物悲しさを感じませんか。
DSC_3096_00006

東へ進み、久右衛門橋を越えると、津田塾大学が隣接するエリアに到着します。津田塾大学内の林と合わせて、広く大きな緑地となっているこのあたりは、生き物たちの生息環境としても重要なスポットです。そして、人間にとっても涼しく過ごしやすい場所。熱中症に気をつけつつ、散策をお楽しみください!
DSC_3147_00010

さて、西武・武蔵野パートナーズでは玉川上水緑道の公園マップを配布しています。
玉川上水に架かっている橋の名前もしっかり記されているこのマップ、使いやすいとあちこちからご好評いただいております。
野川公園、武蔵野公園、武蔵国分寺公園のサービスセンターなどで入手できますので、ぜひご活用ください!
DSC_3700_00001

1 / 712345...最後 »