武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

「はけの自然とくらしのオンラインフォーラム」開催!

2021年2月26日(金)

「はけの自然とくらしのオンラインフォーラム」開催!

こんにちは。武蔵国分寺公園パークコーディネーターの中倉です。

2月16日に、武蔵野の都立公園グループでははじめてのオンラインフォーラム

「はけの自然とくらしのオンラインフォーラム」を開催しました!スクリーンショット (2)

 

 

たくさんの方がリアルで集まることはできませんが、オンラインなら大丈夫!

国分寺公園崖線に関わる緑地の所有者や管理者など、産官学民合わせて20団体にご参加いただき、

崖線の保全と活用について話し合いました。

フォーラムでは、まず以下の4つの視点で崖線に関する話題提供を行いました。

・崖線トーク① 国分寺崖線の都としての位置づけ(東京都都市整備局、東京都環境局)

・崖線トーク② 国分寺崖線の歴史・文化(国際基督教大学 考古学研究室 講師 林徹氏)

・崖線トーク③ 国分寺崖線の生物多様性(西武・武蔵野パートナーズ パークレンジャーチーフ金本敦志)

・崖線トーク④ 崖線の活用―新次郎池のリニューアルと地域連携(東京経済大学 経済学部教授/地域連携センター運営委員長 尾崎寛直氏)

 

はけフォーラム崖線トーク③

 

 

崖線トークの後は、自己紹介を兼ねて参加者が関わる緑地の現状をシェアしました。

その後、3グループに分かれてのディスカッションタイム。

国分寺崖線の課題や今後の連携について和やかな雰囲気で情報交換しました。

 

21_0215ディスカッション前スライド

グループディスカッション内容共有

 

公園を中心に地域のネットワークがつながり、今後の国分寺崖線の保全と活用に向けた連携の大きな一歩を踏み出せたと感じています。

崖線は都内の貴重な水と緑の骨格!今後の連携に向けて、新しい企画を練りたいと思います!

 

single