武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

見つけられるかな??

2020年5月31日(日)

見つけられるかな??

ようやく、緊急事態宣言が解除されました。

 

新しいウィルスの脅威により、身を守ることの大切さを改めて実感できますね。

今日は生きものの身の守り方のひとつを紹介します。

 

人間は活動を自粛していても、季節は変わらずに進み、

森の木々は青々と葉を広げています。

 

ムラサキシキブの葉の上に小さな昆虫を見つけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

茶色の身体と透明な縁取りの不思議な模様のこの昆虫は、イチモンジカメノコハムシ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

身体の後ろ側に黒い紋があり「一文字」に見えるのが名前の由来です。

(写真は左側が頭)

なぜ、一見プラスチックを被ったようにも見える

風変わりな模様をしているのでしょうか?

イチモンジカメノコ@虫食い

虫食いだらけの葉っぱの上にも、イチモンジカメノコハムシがいました。

こうしてみると、透明な縁取りから葉っぱが透けて、

茶色い部分はあたかも葉に開いた穴のようにも見えます。

 

ハムシは葉っぱを食べるため、穴だらけの葉にいることが多く、

こうして上手く葉の穴に化けて隠れている、という説が有力です。

 

自分たちの食べ物、すみかなどを踏まえ、

巧みに進化した姿がこの独特の模様なんですね。

 

 

この時期、雑木林の縁では、

このような隠れ上手な生きものたちがたくさん登場します。

静かな雑木林沿いをお散歩しながら、

見つけられるかどうかチャレンジしてみましょう!

single