武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

暑さに負けるな!!

2019年7月31日(水)

暑さに負けるな!!

7月とは思えない寒さが続いていましたが、
先日の台風が一気に夏を運んできたかのような暑さになりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人間にとっては、公園の湧き水や噴水での水あそびが楽しい季節になってきました。

子どもたちはいつも元気いっぱいです♪
これに対し、生きものたちは急激な気温の変化についていけず、少々バテ気味の様子。

 

浅間山公園を調査で歩いていると、樹上から力のない声が・・・。

「ゴアァ・・・ゴアァ・・」

何かと思って見上げると、ハシボソガラスの姿が。

ハシボソトリミング

ちょっと様子がいつもと違うようです。

 

ヨタヨタと地上に降りてきました。
暑がりカラス

いつもは「ガァ!ガァ!」とハッキリした声で鳴いているのに対し、

このハシボソガラスは、口を半開きにして、辛そうな様子。声にも覇気がありません。

この猛暑にこの羽の色では、少々辛いものがありそうです。

 

野川沿いではアゲハチョウの仲間の姿。

クロアゲハ

 

カラスに負けず、黒光りする翅がきれいなクロアゲハ

アゲハチョウ

普段は草原を飛び回るアゲハチョウも川沿いで一休み。

川で水分を吸収し、何とか暑さを凌ごうとしているようです。

 

ずっと観察していたいけれど、暑くてまいってしまいそう・・・

そんな時は暑さを凌ぐべく、武蔵国分寺公園のサクラ並木の木陰を歩いてみます。

実はここのサクラの洞には最近二ホンミツバチが営巣を始めたのです。

古くからこの地域に生息している、とてもおとなしいハチです。

 

いつもはこのように、数匹の見張り役がいるくらいですが・・・。

普段の様子

 

この日は大賑わい!

二ホンミツバチ巣

さすがに暑すぎて、みんなで外にでてきたのでしょうか?

ハチを驚かさないように近くで見てみると、

「ブブブブブブ・・・・」という音が絶え間なく鳴り響いているのが聞こえます。

よく見てみると、ほとんどの個体が巣の入り口に背を向けて、

一生懸命に翅をはばたかせているようです。

 

通常、翅をつかわずにとまっている個体は翅がしっかり見えますが、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この時の巣の周りの個体は、ほとんど翅が見えません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハチの身体の周りが白っぽく見えるのは、高速で翅をはばたかせているから。
実は、ハチはとても暑さに弱い種類です。

暑い日には多くの個体が巣の外に出て、全力ではばたいて、

少しでも巣に涼しい風を送り込んで、巣の温度を保つと言われています。

集団の力を利用した、見事な作戦ですね!

 

蒸し暑い日にゆっくり散歩してみると、
生きものたちがあの手この手で涼を得ようとがんばっている姿を見ることができます。

暑い時期だからこそ外に飛び出し、

厳しい季節を生き抜く生きものたちの作戦をじっくりと観察してみてください。

 

ただし、帽子をかぶる、水分を多くとるなど熱中症には

くれぐれもお気を付けくださいね!

single