武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園春の散歩コース

2019年3月31日(日)

パークコーディネーター:小野

野川公園春の散歩コース

こんにちは。パークコーディネーターの小野です。

暖かい日が多くなり、野川公園でもいろんな春に出会うことができる季節になりました。

 

今回は4月頭に、春を楽しむことのできるお散歩ルートのご紹介をしたいと思います。

 

野川公園正門から進んで行きましょう!

正門右手側のコヒガンが満開でお出迎え!

そばにある、オオシマザクラも開花し始めました。

 

1

 

正門を入り左手には、見頃は少し過ぎましたが、サンシュユの花を見ることができます。

小さな花が線香花火のように咲いているのが印象的なお花です。

 

2

 

正門から中へ進むと、すぐにサービスセンターが見えてきます。

サービスセンターでは、イベント情報や見頃情報などを確認できます。イベントの申し込みもこちらで行っています。

 

3

 

野川公園の地図が置いてあるので、ここでGETしていきましょう!

他にも、近くにある武蔵野公園や浅間山公園の地図もあります。行くご予定のある方はぜひお持ちください。

 

4

 

サービスセンターの北側に出ると大きく開けた大芝生が広がります!

 

右手側(東側)の園路を進んで行きましょう!

園路の両脇にはコヒガンとソメイヨシノが並び、現在見頃を迎えています。

 

56

 

そして、一の橋を通って北地区へと向かいます。

一の橋を渡りきると、右手側には生物多様性スポット「フデリンドウ群生地」があります。

フデリンドウの青い花がぽつぽつと咲いている様子を観察することができます。

 

7

 

そのまま、野川を渡り対岸に行くと、夏のいこいの場「湧き水ひろば」があります。

国分寺崖線から湧き出る「湧き水」スポットの一つです。

 

8

 

野川沿いはお散歩にもってこいの場所。

今は、シダレヤナギが新しい葉を出し始め、日に日に青みが強くなる風景が楽しめます。

土手には、タンポポが咲き始め、チョウや小さな昆虫も見ることができます。

 

9

 

さくら橋まで行きつくと橋の対岸に自然観察センターがあります。

ここでは、自然観察園の自然情報をメインに発信しており、

野川公園で活動する「野川公園緑の愛護ボランティアの会」も

ここで日々の活動や展示などを行っています。

 

10

自然観察園内の見頃情報や、レンジャーミニ図鑑、イベントのチラシも配布しています。

また、図書スペースや絵本スペース、季節ごとの展示も行っています!

 

11

 

「野川公園緑の愛護ボランティア」が発行する

「花だより」や「この木何の木」「今月の野鳥」も、

こちらで配布しています!(自然観察園入口でも配布しています。)

 

12

 

さくら橋の崖線側に四季折々の山野草や樹木を楽しむことができる「自然観察園」の入口があり、開園中はいつでも入ることができます。

 

13

 

現在園内では、シュンランやコスミレなどが見頃を迎えています。

 

14

 

自然観察園、自然観察センター共に、開館時間は9:30~16:30。

休館日は、月曜日(月曜日が祝日の場合、火曜日)なので、お越しの際はご注意ください。

 

ぜひ、野川公園で素敵な時間を過ごして下さい!