武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

小さな土職人

2018年1月31日(水)

小さな土職人

先日の大雪の名残はあちこちに残り、厳しい寒さが続いています。

 

雪景色の中だと、一際目立つのが、この丸太の山。

s-エコスタック

ここは「エコスタック」といって、公園内の雑木林の手入れをした際に

発生した木材を、生きもののすみかとするために活用したものです。

でも、この寒い季節、果たしてどんな生きものがいるのでしょうか?

 

エコスタックに近寄ってみると…。

ん?雪がこびりついている??

s-かいがらたけ

これは、カイガラタケ類といって、キノコの仲間です。

キノコたちは、森の中で非常に重要な役割を果たしています。

キノコが生えると、枯れ木は次第にやわらかくなっていきます。

そうすると、多くの昆虫たちがすめるようになるのです。

 

次に、だいぶやわらかくなった「朽木」を動かしてみました。

s-朽木

なにやら、朽木や土のところにボロボロにかじられたようなトンネルが・・。

s-かみ砕かれた・・

その下を見ると…。

出ました!!

裏返すと

丸々としたカブトムシの幼虫がワラワラと!

s-幼虫

野球ボールくらいはありそう??

 

カブトムシのいた辺りを見てみると・・。

かみ砕かれた木屑と、1cmくらいの四角い塊。

s-カブフン

一つをつまんでみました。

s-フン

これは、カブトムシの幼虫のフンです。

 

試しに崩してみました。

s-くだいてみた

まるで土のよう。

実はこれ、本当に土の材料となるのです。

 

カブトムシは朽木や落ち葉などを細かく砕き、土にかえす役割を果たす生きもののひとつ。

 

その流れは、こんな感じです。

①まずはキノコが生えて、柔らかくなる。

②次に硬い枯木を好む昆虫が食べ進む。(キクイムシなど)

③その次に、比較的やわらかい朽木を好む昆虫が食べる。

(クワガタムシ、カミキリムシ、シロアリなど)

④やわらかく腐ったものを好む生きものが食べる。

(カブトムシ、コガネムシ、ミミズなど)

⑤その他目に見えないカビやバクテリアなどが分解する

 

こうして、硬かった木は、多くの生きもののつながりの中で、

土に還っていくのです。

s-成虫

成虫になれば、木々から食べものをもらっているカブトムシも、

幼虫の頃は土をつくって、木々に返している。

そんな「土職人」とも言える役割を果たしているのです。

 

公園では、来園者の皆さんに危険がない場所であれば、

あえてこういった枯れ木や朽木は除去していません。

その下では、土職人たちがせっせと働いているかもしれないからです。

 

皆さんも、何かの機会に朽木の中の生きものを見かけた際には、

そっと埋め戻してあげてください。

そうすれば、森の土が豊かになり、

次の夏には、立派な成虫のカブトムシに出会えるかもしれません。

single