武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

ホーム > Webガイドウォークをお届けします。

2014年6月07日(土)

Webガイドウォークをお届けします。

東京はしっぽりと梅雨に入ったようですね。

6月7日、武蔵国分寺公園で予定されていた「大人のための樹木観察ガイドウォーク」は雨のため中止とさせていただきました。

楽しみにされていた皆様に、ここでwebガイドウォークをお楽しみいただきます。

 

 

初夏を彩るセンダンの花もそろそろ終わり。小さな薄紫の花も涼しげな木です。

高知市の繁華街にはセンダンの並木があります。「南国の街に合う木だなあ」と、思って見上げたことを思い出します。「センダンは双葉より芳し」は、香木の白檀(びゃくだん)であり、この木とは違うとされますが、姿形にはどこか気品があって、間違ってできた諺が、そのまま生きているのもうなずける気がします。

 

ゼフィルスの仲間が飛ぶ季節。

ゼフィルスとはギリシャ神話の西風の精ですが、樹上性のシジミチョウの総称として使われているものです。日本産は25種あるとされています。武蔵野でわりとよく見られるのは、このミズイロオナガシジミでしょうか、すすっと筆を走らせたような翅の模様が美しい。

 

スイカズラの花は最初白く、やがて黄色に変わります。弦植物ですから森の中では他に木にからんで成長する。最近はフェンスにからませて街の緑化にも一役買っているようです。

よく見れば、おしべを自由に遊ばせて、生まれたてのタコの赤ちゃんのようにも見えるのです。楽しげで可憐なスイカズラの花、そろそろ黄色ばかりになってきました。

 

エナガの兄弟が巣立ちました。まだ飛ぶのが上手でなく、曲芸のように枝にぶら下がり、ひっくり返ったりしながらも、一生懸命餌を探す。自分のことに精いっぱいだから、近くで見ていても逃げません。

 

シジュウカラの雛たちも、もう見た目は親と変わりません。ただ鳴き声が子猫のようにかわいくて、どちらかといえばヤマガラのように聞こえます。あまり離れずに集まって、楽しげに森で遊んでいる。首のネクタイが太いのが雄、細いのが雌。その特徴はもうはっきりと出ています。

 

ユリノキの花や実を間近で観察したいなら、武蔵国分寺公園の円形広場がいいでしょう。たくさん植わったユリノキが低い位置にも花をつけます。そろそろ花は終わりでも、まだまだ新芽が出てきます。何段階にもなって若い葉を出すことに、どんな利点があるのでしょう?遅い霜に備えてのことでしょうか?Tシャツのような形の葉は、最初は二つ折りで出てきます。北アメリカ南部原産の木です。

 

タイサンボクの花が見ごろです。大人の両手をまるめたほどの、とても大きな花からは、甘い香りがただよいます。たくさんのおしべがついていますが、その付け根が、はっとするほど美しい紫です。こんな目立たないところに、こんな美しい色を持ってくるなんて、なんておしゃれな花でしょう。

 

 

ガクアジサイが咲き始め。紫や青の淡い色が、日本の梅雨を彩ります。この花に出会えるから、梅雨空も悪くないと思うのです。大きな花を回りにだけ付けたのがガクアジサイで、これがアジサイの原種とされます。

 

 

WEBガイドウォークいかがだったでしょうか?

ぜひむさしのの都立公園へ梅雨時期の生きものに会いに来てくださいね。

 

 

2014年5月29日(木)

どんぐりのあかちゃん

パークレンジャーの山田陽子です。

ドングリといえば秋ですが、一体いつから実が出来はじめるのでしょうか。

 

今、マテバシイのドングリが実りはじめています。

そして更によく見ると、新芽の先には花のつぼみも見られます。

花と実が同時に見られるのは不思議ですね。

 

 

マテバシイの実は、受粉後、翌年の10月に成熟します。

ということは、今見られるドングリの赤ちゃんは昨年受粉したもの。

一年半かけて実を大きくするのですね!

 

 

ドングリのあかちゃんを割ってみると・・・

 

殻斗(ドングリの帽子になる部分)に包まれた小さな小さなドングリを発見。

はじめは、殻斗のほうが大きいのですね!

 

ぜひ、この後のドングリの成長も観察してみて下さい。

 

 

 

2014年4月30日(水)

シジュウカラを見つけよう

ツツピー!

ツツピー!

 

いま、武蔵野の都立公園なら、どこへ行っても聞こえる鳥の声。

青い空に元気いっぱいに響く、この声の主はシジュウカラです。

 

 

どうですか?きっと見たことありますよね?

武蔵野の雑木林なら、もっともよく見られるスズメほどの大きさの野鳥です。

胸に縦の一本線。おしゃれなネクタイが目印ですよ。

 

 

シジュウカラは、いままさに子育てシーズンの真っただ中!

お父さんとお母さんが一生懸命に虫を集めてきます。

じっと観察していたら、なんと3分間に1回、虫を運んできていました。

 

一日いったい何匹になるでしょうか?

虫もいっぱい住んでいる、緑いっぱいの環境がなければシジュウカラは暮らせません。

武蔵野の都立公園は、シジュウカラをはじめとする、身近な生き物たちに大切な生活の場所でもあるんです。

 

2014年3月30日(日)

コナラがすくすく成長中

イベントで使うために、公園の林から取って来た土。その中に、たまたまコナラのドングリが入っていたようです。

暖かい管理所の中に置かれているので、外のドングリよりも一足早く、すくすく育っています。

失礼して掘り出してみると・・。

左下にある、黒い豆のようなものがドングリ。

ゴボウのような立派な根っこも生えています。

土の中には色々な種が混じっています。

もしかしたら、何年も土の中で芽を出すのを待っている種があるかもしれません。

どんな植物が生えてくるか、観察してみるのも面白いですよ!

2014年2月26日(水)

一足先にお届け!

 

「こんにちは!私はだれでしょう!?」

知っている人もいますね!オニグルミの芽吹きです。

お猿さんの顔みたいに見えるのは、去年の葉がついていたあと。

その上から葉が出ます。

公園の中の、少し湿ったところでよく見られる木です。

 

でも芽吹きにはちょっと早い!?

そう、これは去年の冬、冬の樹木観察会のときに、レンジャーがみなさんにお見せして、すてるのがしのびないので、ビンにさしておいたのです。暖かい部屋の中にあったから、外より早く芽吹きました。

みなさんにお目にかかれるのは、4月ごろでしょうか?一足先の春のお届けです。

かわいいでしょ!?

 

 

こちらは同じように部屋の中で芽吹いたホオウノキです。

日本の樹木の中では最も大きな葉を付ける木。

新芽にはこんなふうに銀色の毛が生えているのですね!

ホウノキの芽吹きはとても美しいので、ぜひ見ていただきたい!

 

木々の芽吹きが見られるのはわずかな間です。

公園を散歩するときに、今のうちからチェックです!

 

*お見せしたのはイベントのためにレンジャーが特別に採集したものです。公園の樹木は折ったりしないようにお願いいたします。

2014年1月31日(金)

小さな春、みぃ~つけた!

まだまだ寒さが続きますね。

木々が葉を落とし、生きもの達は静かに眠りについているように見える冬。

でも、枯草に覆われた土手を、よ~く観察してみると・・・

よく日の当たる斜面には、オオイヌフグリが開花していました!

 

 

その他にも、ホトケノザやヒメオドリコソウが蕾をつけていたり、

初春の花々たちが徐々に目覚めはじめ、シジュウカラはさえずりを始めたものいます。

 

こんな寒い冬の中でも、着実に次の季節へ向かっているんだなぁと、生きもの達の力強さに励まされる気持ちになりました。

 

ぜひ皆さんも、公園で小さな春を見つけに来てください!

 

2013年12月13日(金)

匂いを楽しもう!

サザンカやロウバイ、サンシュユなど、虫の少ない冬~早春にかけて咲く花たち。

ピンクや黄色など、目立つ色をしている物が多くあります。

(写真 上:サザンカ(12月) 下:サンシュユ(3月))

 

 

鮮やかな姿も素敵ですが、意外とおすすめなのが「匂い」。

寒い時期に咲く花には、強い香りで鳥や虫を引きつけるタイプがあります。

 

そんな花の中で、今一番のおすすめはこちらのハマヒサカキ。

生垣や植え込みとしてよく用いられるツバキの仲間で、11月~2月にかけて開花します。

花の大きさは5㎜ほど。小さくて地味ですが、他の花に負けないインパクトのある匂いを漂わせています。

 

さあ、近づいて深呼吸してみましょう。どんな匂いに感じますか?

「良い香り」と認識する人はあまりいないようですが、この匂いもまた冬を告げる使者。

嗅ぎ慣れてくると、だんだんくせになってくるような気がします。

 

1月頃にはソシンロウバイやロウバイが咲き出します。

こちらは甘く良い香りが魅力的。蝋でできたような光沢のある花もかわいらしい!

(写真:ソシンロウバイ(1月))

 

 

 

 

 

他にも匂いを楽しむことができる花はたくさんあります。

この冬は、ぜひ匂いに注目してお出かけください!

 

 

 

 

2013年11月23日(土)

むさしのの都立公園でどんぐり&黄葉を楽しみませんか?

 

むさしのの都立公園では、どこも木々の色づきが最高潮になろうとしています!

う~ん、あと少しっていう木もありますね。

コレハイロハモミジ。緑のところが少し残っているのも美しいものです。

葉っぱをよく見てみましょう。

色づいた葉といっしょに小さな種がついています。

竹とんぼのような形をしたこの種はふたつに割れて、プロペラのようにくるくる回り、落ちていきます。それでお母さんの木から少し離れた、光のあたる場所へ行くのです。

 

どの公園でもたくさんあるのが、このコナラです。

夏にはカブトムシやクワガタがやってくる。

黄葉のピークは12月のはじめでしょうか?

足元にはどんぐりがいっぱい落ちています。

 

これはクヌギ。昔はコナラといっしょに育てられ、薪を作ったり、落ち葉で堆肥を作ったりしました。丸くて大きなどんぐりが人気ですね。

葉っぱは大きく、長く、細いとげのようなものが両脇から出ています。

さわっても痛くないから大丈夫!

こんなのもありますよ。

葉っぱの形は猫の顔みたい?さかさまにすればTシャツかな?

昔、冬に着たはんてんに似ているからハンテンボクともよばれます。

春に咲く大きな花の形から、ユリノキともよばれます。

野川公園、武蔵野公園、武蔵国分寺公園などにありますよ。

これは知っていますか?

大きな葉っぱに、栗のような黒っぽい実。それがトゲのない厚い皮につつまれています。

トチノキですね。野川公園、武蔵野公園、府中の森公園、東村山中央公園などにあります。

おいしそうに見える実ですが、とーーーーっても苦い!でも水にさらしてトチモチの原料にすることができます。

むさしのの都立公園のサービスセンターには、レンジャーが作っているミニ図鑑があります。ここで紹介したものは「レンジャーこどもミニ図鑑 どんぐり きのみ」に出ていますよ!(イロハモミジはここだけのサービス!)

 

サービスセンターに来てくれた方には差し上げています。

 

 

 

木々が美しく色づき、どんぐりひろいも楽しい季節。

 

ぜひむさしのの都立公園へ遊びにきてください。

 

 

 

2013年10月18日(金)

秋、みぃつけた♪

だいぶ朝夕も涼しくなりましたね。公園の木々も少しずつ色が変わり始め、秋が深まりつつあります。季節の移ろいとともに、生きもの達や景色も少しずつ変化しています。

 

こちらは、いち早く色付いたサクラの葉っぱ。ミドリ・アカ・キイロと3色グラデーションの葉っぱを発見。美しいものを見つけると、宝物を見つけたように嬉しいものです。


それから、空。見上げると突き抜けるような青空と夕焼け雲。秋の空は、とても澄んでいてなんだか吸い込まれそうになります。


そして、草むらを歩くとピョンピョンとあちこちから飛び出すバッタたち。秋はバッタのシーズンです。草むらでバッタ取りをしている子ども達に声をかけたら、「ホシササキリを捕まえたよ!」と見せてくれました。

 

身のまわりの自然に目を向けるだけでも、いろいろな秋を見つけることができます。秋を探しにふらっと公園をお散歩してみませんか?

2013年9月21日(土)

虫たちのかくれんぼ

足元、葉っぱの裏、木の割れ目・・・色んな所に虫たちが隠れています。

そんな虫たちの“かくれんぼ”をご紹介します。

まずはこちら。この影はだ~れだ。

 

そこにいたのはナミテントウでした。

色んな模様をもつ、一番良く見るテントウムシです。くわしくは

7月17日「実は個性派!ナミテントウ」のブログを見てね!

 

次はこちら。枝のような細い体の虫がいます。

 

下から見ると、こんな感じです。

 

枝に化けているのはナナフシモドキ。

 

よく見ると、顔の周りだけあしがくぼんでいますね。

 

おかげで、あしを伸ばした時に、ぴったりまっすぐに伸ばせるのです。

 

ほら、このとおり!

 

最後はこちら。どこにいるか、わかりますか?

 

 

見~つけた。

これはショウリョウバッタモドキ。敵に気づかれないようにするために、細い葉っぱの裏に隠れています。

でも、目とあしが少し見えてるぞ。何だかかわいいですね!

人が動くと、ショウリョウバッタモドキも急いで反対側に移動します。

 

よく見るショウリョウバッタの幼虫も、時々隠れていますが・・

こちらの幼虫は、隠れるのに失敗!あしが長すぎたかな??

 

ちょっと上を見上げたり、枝の間を見てみたりすると、すぐ側に色んな虫が隠れているかもしれません。

秋はたくさんの虫に出会うことができる季節です。

ちょっと変わった虫の面白さ。皆さんもぜひ、試してみてくださいね。

 

むさしのの都立公園共通情報

公園であそぼう!

公園で健康づくり!

自然を満喫!

公園づくり・地域づくりに参加しよう!

東京都スポーツ施設 予約管理システム

ボランティア募集!

...