武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

ホーム > 自然を満喫!

自然を満喫!

写真

雑木林を散策する

写真

野鳥を観察する

写真

山野草を観察する

写真

イベントに参加する

写真

自然を守る

  • 様々な市民団体が公園で自然を守る活動を行っています。

レンジャーミニ図鑑

むさしのの都立公園でみられる生きものの情報が満載のセルフガイドシート。
レンジャーミニ図鑑を持ってむさしのの都立公園へ自然観察にでかけよう。

パークレンジャーからのメッセージ

パークレンジャーが季節のオススメ情報や自然の見方をガイドします。

  • 2015年6月25日(木)
    万華鏡のような花

梅雨に入りましたが、雨の中でも生き物はたくましく生きていますね。

 

今林内を歩いていると、ホタルブクロの花が咲いています。

名前の由来には諸説ありますが、一説には、ホタルを花の中に入れて遊んだことにあるようです。昔の自然がどれだけ豊かだったかが想像できますね。

(※写真のホタルブクロは白色ですが、花の色には個体差があり、赤紫色の方が一般的かもしれません)

 

花の中にはこんなものが混じっていました。

これは咲くのを失敗したわけではなく、開花前のつぼみの状態です。

 

開花した花をひっくり返して下から見てみると…

 

外側からみる模様とは違い、紫赤色の斑点が目立ちます。

これは蜜標(みつひょう)といって、虫に蜜があることを伝えるサインです。

のぞきこむとまるで万華鏡のようで、虫だけでなく、私たちも引き込まれてしまいそうな魅力がありますね。

 

そんなホタルブクロは、今見頃を迎えています。

ぜひ皆さんも観察してみてくださいね。


  • 2015年5月31日(日)
    忍者!ニホンカナヘビ

こんにちは。パークレンジャーの山田です。

最近、巡回をしているとよく「ニホンカナヘビ」に出会います。

 

ニホンカナヘビは、体の2/3をしめる非常に長い尾が特徴。

日本の固有種で、小さな昆虫やクモなどを食べて暮らしています。

 

彼らは神出鬼没!いつもひょんなところで見かけます。

例えば、木道の隙間から突然ヒョコッ!「あら、こんにちは。」

そして、フェンスの細い格子にも。

どうしてこんなところに丸まって!?と思ったら

そこだけ日があたり、どうも日向ぼっこをしていたようです。

自分で体温調整できない彼らは、体温をあげるために時々こうした行動をとります。

この場所は、彼にとっての特等席だったんですね。気持ち良さそう~

ひっそりと藪に身を隠すようすや、危険を察知して素早く逃げるようすなどまるで忍者みたい。彼らと出会うと思わず「みっけ!」と嬉しくなります。

 

公園ではよく見かけますが、彼らが好む日当たりの良い草地や身を隠せる藪は年々少なくなり、東京都北多摩地域の絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。彼らがいつまでものびのびと暮らせるように、公園の緑を大切に守っていきたいと思います。

 

みなさんもぜひ、彼らを探してみてください!


  • 2015年4月05日(日)
    レンジャー自然情報「木々の芽吹きを観察しよう!」

公園にはたくさんの木があります。

春になって、木々がいっせいに芽吹き出しました!

それぞれに個性あふれる芽吹きの様子を見てみましょう。

 

まずはコナラ

武蔵野の雑木林を代表する木といえばこれですね。

芽吹きの時期には葉に銀色の毛があり、輝くような美しさです。

この時期の雑木林が淡い銀色に包まれて見えるのは、コナラの木が多いからです。

 

こちらはコナラと並ぶ雑木林の代表樹種クヌギです。

コナラよりやや早く芽吹き、すでに花穂を垂らしています。

煮出した後の茶葉のような、黄褐色の新芽が特徴です。

 

鮮やかな艶のある緑色の葉を並べるのはエゴノキ。かわいらしいですね!

こちらも雑木林に普通に見られる木です。

この色も遠目によく目立ちます。

 

元気いっぱいなのはゴンズイ。

枝の左右に対に並ぶ赤い冬芽がほぐれると、一気に緑の葉が出てきます。

あまり大きくならない木ですが、存在感はありますね。

 

花が終わるころに葉がたくさん出てくるコブシ。

 

花もくしゃっとしたかんじですが、葉っぱも最初はそんなかんじ。

 

いかにも葉っぱの赤ちゃんというかんじでかわいい!

 

よい香りがただよってきそうなサンショウ

 

赤い毛におおわれたアカメガシワ

 

どうですか?

みんなそれぞれ個性いっぱいでしょう?

二十四節季ではこの時期を清明(せいめい)と呼びますが、それは「様々な木があることが明らかになる季節」という意味。いろいろ木々の個性が際立つ季節という意味です。

 

美しい、楽しい、かわいらしい木々の芽吹きの姿。

現代の言葉でいえば、「生物多様性」。

今だから見られる、武蔵野の美しい「生物多様性」の姿を、お近くの都立公園で!

 


  • 2015年3月27日(金)
    「小さな手のひら、空いっぱい!」

春のお日さまが顔をだしたら、

眠っていた木々たちが起きだして、小さな伸びをした。

んぐぐぐ!「春がきた!」

 

ぱっ!小さな手のひらをひろげた。

生まれたての柔らかなみどり

 

「春のお日さまって、ほっこりとあたたかいんだなぁ。」

手のひらをいっぱいに広げて、春がきた喜びを全身であらわしているみたい。

 

小さな手のひら、空いっぱい!

「みんなも両手を広げて、春のやわらかな光を感じてみてね!」

 

*写真の植物は、紅葉の代表種でもある「イロハモミジ」です。

葉の先が、手のひらのように5~9つに分かれるのが特徴です。

野川公園では、中之橋南側や自然観察園内など各場所で見られます。


  • 2015年2月27日(金)
    春を告げる黄金色

まだ寒い毎日ですが、暖かい日も増えてきました。もうすぐ春ですね。

 

そんな春の足音を伝えてくれる花の一つがサンシュユ。

元々は薬とするために中国からもたらされた木ですが、今では花や実が人気の木になりました。

葉よりも先に黄色の花がたくさん咲き、とっても鮮やか!

木が黄金色になる様子から「ハルコガネバナ」とも呼ばれます。

 

少し前から咲き出しています。

公園にお越しの際には、ぜひ春を告げるサンシュユをお楽しみください。


  • 2015年1月30日(金)
    香りで見つける冬の花

一年で一番寒いと言われるこの時期ですが、あちこちで、スイセンやロウバイが咲いてきています。

近づいてみると、それぞれに良い香りを嗅ぐことができます。

 

スイセンは、別名「雪中花」とも呼ばれます。

雪の中でも咲き、春の訪れを告げるため、日本では古くから、お正月のおめでたい花として扱われてきました。

欧米では、春の訪れと共に咲くスイセンは、希望の象徴ともされています。

 

原産地は、地中海沿岸からアフリカ北部、西アジアなどにかけて。そこから、シルクロードを通って東アジアに渡来したといいます。

日本に伝わったのはいつの頃か、確かなことは分からないようですが、平安後期から室町時代、中国を経由して持ち込まれ、比較的暖かい関東から九州の海岸などで野生化したと考えられています。

現在では、8,000種以上もの品種があると言われ、世界中で愛されている花です。

 

一方で、ロウバイも、花の少ないこの時期に、その鮮やかな黄色と良い香りで、私たちを楽しませてくれる花です。

花が蝋でできたような光沢を持ち、また、12月(臘月)頃から咲き始めることから、この名がついたと言われています。

 

公園などでよく見られるのは、花の中心まで黄色の「ソシンロウバイ」。

本来の「ロウバイ」は、花の中心がえんじ色をしています。

見かけたら、ちょっと花の中をのぞいて見てくださいね。


  • 2014年12月17日(水)
    愛情マーク

姿は見えなくても、そこに生きものがすんでいることが分かるものを、「フィールドサイン」と呼びます。

木々の葉が落ち、見通しが良くなった林内で、こんなフィールドサインを見つけました。

 

○の中に点が一つ。まるで目玉模様のようです。 

これがなんだか分かるでしょうか。

 

 

これはコクワガタが卵を産む時につけるマーク。

コクワガタのメスは卵を産んだ後、そのまわりを囲むように溝を掘ります。

すると、その溝から雨水や夜露が染み込んで、乾燥から卵が守られるのです。

 

目玉のように見えたのは、母クワガタの愛情がたっぷり詰まったマークだったのです。

 

みなさんも、冬の公園で生きものの「サインさがし」を楽しんでみませんか。


  • 2014年11月20日(木)
    これ、な~んだ??

寒い日が増えてきました。冬がだんだん近づいてきていますね。

さて、木の幹を見ると、こんな物がついていることがあります。何だかわかりますか?

実はこれ、ジョロウグモの卵なのです。ジョロウグモは夏から秋にかけて公園で一番よく見る、大型のクモ。冬の間は卵の状態で過ごします。

卵はピンク色で、寒さから守るように白い綿のようなもので覆われています。

よ~く見ると、けっこうきれいですよ!

 

冬の間、卵で過ごす生きものはけっこうたくさんいます。

公園に来たら、木の幹や草の茎、細い枝などを探してみてね。

 


  • 2014年10月22日(水)
    「ばったランド」へ行こう!

こんにちは。パークレンジャーの山田です。

だんだん木の葉が色づき始め、秋が深くなりつつあります。

原っぱでは、鳴く虫の合唱が心地よく聞こえてきます。

 

みなさんは、公園に「ばったランド」と呼ばれる場所があるのをご存知ですか?

ただの原っぱ?

いえいえ、バッタたちには草のレストランでもあり、

安心して眠ることができるベッドでもあるのです。

「ばったランド」とは、広場の一角の草を刈り残して、

バッタやコオロギたちのすみ場所を守っている場所です。

 

 

この看板が目印!

 

「ばったランド」には、10種類前後のバッタやコオロギがたくさんすんでいます。

こちらは、目の下の模様に特徴のある「ツチイナゴ」。

冬は、成虫で過ごします。

 

体より長いハネが特徴的な「ツユムシ」。

ピチッ…ピチッ…と小さな声で鳴きます。 

 

バッタやコオロギだけでなく、それらを食べにナガコガネグモや

カマキリやトンボ、トカゲ、鳥などもやってきます。

「あっ!コバネイナゴが、ナガコガネグモに捕まっちゃった!」

こうして、命がつながっていくのですね。

 

バッタがすめる環境を整えると、さまざまな生きものが集まる豊かな環境となります。

私たちパークレンジャーは、「ばったランド」をつくることで

どんな生き物が集まるのか、定期的に調査も行っています。 

「ばったランド」は、野川公園・武蔵国分寺公園・府中の森公園にあります。

今は、バッタのハイシーズン!

皆さんも、ぜひ「ばったランド」に遊びに来てください!

そして、パークレンジャーを見つけたら、どんな生きものがいたか教えてくださいね。


  • 2014年9月18日(木)
    秋の花ご紹介

暑かった夏が嘘のように、すっかり過ごしやすくなり、外歩きの気持ち

よい季節となりました。

咲き始めた秋の花を見ながら、近くの公園でピクニックなんてどうですか!?

 

 森陰にミズヒキが咲いています。

爽やかな森の風に、赤い花穂が揺れています。

のし袋などに付ける水引に似ているのが名の由来。

 

小さな花もよく見るときれいです。

上半分が赤く、下半分が白いのです。

こんな花、あまりありません。

どこでも見られる花ですが、東村山中央公園の東樹林にはたくさんあります。

少ないですが白花もあるかもしれません。探してみてはいかがでしょう?

 

色鮮やかなヒガンバナ。これも森陰の好きな花。

野川公園の自然観察園には見事な群生がありますよ。

 

 

ナガサキアゲハがやってきました。

花から花へと飛んでまわり、いつまでも蜜を吸っています。

アゲハなのに後ろ翅に長い突起がない、ずんぐりとした姿です。

 

明るい草地にツリガネニンジン。

うす水色の小ぶりな花が、とてもかわいらしいのです。

狭山・境緑道の「馬の背」は、草地の花の天国です。

 

ワレモコウもたくさんある。

深い赤の美しい、なんとも趣のある花です。

これでもバラの仲間です。小さな花が集まって上から順に咲いていく。

昔、神様が「紅い花集まれ」と言ったとき、「我も紅なり」とやってきたのが、

名の由来とされています。

 

ハギの花をよく見たことがありますか?

一番上の花びらが目立つ、マメ科独特の形です。

それではどんな実がなるでしょう?豆がなっているでしょうか?

探してみればわかりますよ。

「ああ、こんな豆もあるんだ!」と、きっと嬉しくなりますよ。

 

楽しい秋の「野の花散歩」

爽やかな風の中、どこまでも歩いていきましょう。

 

 


むさしのの都立公園共通情報

公園であそぼう!

公園で健康づくり!

自然を満喫!

公園づくり・地域づくりに参加しよう!

東京都スポーツ施設 予約管理システム

ボランティア募集!

むさしのの都立公園フェイスブックページ