武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

ホーム > マナーアップキャンペーンが始まります!

2016年9月30日(金)

#むさしのの都立公園, #マナーアップキャンペーン / 

マナーアップキャンペーンが始まります!

お彼岸も過ぎて、いよいよ秋本番!

気温も涼しくなってきて、散策するには良い時期です♪

 

10月1日(土)~10月31日(月)の1ヶ月間、武蔵野の都立公園と多摩部の都立公園合同企画として、マナーアップキャンペーンが始まります。

 

キャンペーン期間中は、オリジナルのうんち袋を各公園のサービスセンター前や掲示板で無料配布します。

ワンちゃんとお散歩の際は、お立ち寄りいただき、ぜひご活用ください!

下のマークが目印です

 

また、愛犬しつけ教室やワンワンフェスタ等、ワンちゃんと一緒に楽しめるイベントも開催予定です。今後、公園のホームページ等で詳細を掲載しますので、ぜひチェックしてくださいね!

2016年8月31日(水)

パークコーディネーター:石浦

公園の防災設備

9月1日は防災の日、ですね。

学校、職場、家庭で、防災グッズを見直すご家庭も多いのではないでしょうか。都立武蔵国分寺公園も、「広域避難場所」として指定されていますが、今日は公園の“防災設備”について、ご紹介します。

 

まずは「井戸」です! 武蔵国分寺公園には、こもれび広場「武蔵国分寺井戸」があります。これは平成13年に、災害用の給水施設として国分寺市が設置したものです。飲料水としては使えませんが、普段も水を汲むことができます!

 

 

次は「防災トイレ」です。円形広場の横に2か所あります。一見、草っ原で、何もないように見えますが、よく見るとマンホールが並んでいます。

この地下には貯水槽があり、非常時には地上にテントを組み立てることでトイレとして利用できる設備です。

 

最後は「自動販売機」!

武蔵国分寺公園では、サービスセンター横と、木漏れ日広場のトイレ付近に自動販売機を設置していますが、災害時等には中の商品を出して救援活動にも利用できるものがあります。

 

武蔵国分寺公園の例でご紹介しましたが、

他の公園でも防災設備の設置や、防災への取り組みが行われています。

有事がないに越したことはないですが、防災の日をきっかけに、

ご自宅近くの広域避難場所になる公園を確認し、

災害への備えを見直しておきたいですね!

 

2016年7月31日(日)

#むさしのの都立公園, #武蔵国分寺公園, 暑い日にぴったりのスポット, 武蔵野公園, 野川公園 / パークコーディネーター:矢島

暑い日にぴったりの公園スポット

梅雨も明け、毎日暑い日が続いていますね。

そんな暑い日にぴったりの公園スポットをご紹介します!

 

まずは野川公園、国分寺崖線(はけ)から流れるわき水を楽しめる「わき水広場」。自然の水の冷たさは、やはり「はけ」があるから!ここだからこそ楽しめる水辺は、子どもだけでなく、大人もゆったり涼むことができますよ。

そして、武蔵野公園には「じゃぶじゃぶ池」、武蔵国分寺公園には「霧の噴水」と、小さな子どもたちも安心して楽しめる場所もあります。この暑さで、毎日のように多くの子どもたちに大人気!

公園で思いっきり遊びながら、少しでも涼を感じてもらえればと思います。

熱中症にならないように、水分をしっかり取りながら夏を楽しんでくださいね!

2016年6月28日(火)

パークコーディネーター:矢口

雨の日のきらっきら☆

晴れた日はとても賑わう公園も、雨の日はしっとり静かです。

人の気配がない公園を一人占めしつつ歩いていると、

いつもは見られないものに出会えます。

花に。

葉に。

クモの巣に…。

あちこちで光る、きらっきらの雫。

雨の日は、これが楽しみ♪

 

いつもとちょっと違う公園を、きらきらを探しながら、ゆっくり歩いてみませんか。

2016年5月09日(月)

パークコーディネーター:中倉

5月はイベント盛りだくさん!初夏の公園に遊びに来てね!

武蔵国分寺公園のパークコディネーター、中倉です。

5月に入って気温がぐんぐん上がり、公園では半袖や麦わら帽子など夏を感じる服装の方を多く見かけるようになりました。

サービスセンターの隣にある霧の噴水とハトの水遊び場は子ども達に大人気です。

そんな初夏の武蔵国分寺公園では、5月半ばから毎週末イベントを開催!

5/15(日)と5/29(日)は「みんなで公園ピクニック」を行います。

パンやコーヒーを提供する移動販売車「パンピク号」が公園にやってくる他、

ファーマーズマーケットやワークショップも楽しめます♪

無料でラグの貸し出しも行いますので、手ぶらで来ても芝生でピクニックができちゃいます!

公園でゆったりとカフェ空間をお楽しみください。

5/21(土)は「日々の暮らしが冒険になるフェスタ!」を行います。

日常の生活動作を遊びにして楽しめる「ぷっぷなせかいのパスポート絵本」の他、

マルシェ&カフェやプレイコーナーもお楽しみに!!

絵本やバランスボールも無料で楽しめちゃいます♪

イベントの詳細は武蔵国分寺公園のページをご覧ください。

毎週末わくわくがいっぱいの武蔵国分寺公園にぜひ遊びに来て下さい♪

お待ちしております!

2016年4月29日(金)

#むさしのの都立公園, シロツメクサ, タンポポ, ピクニック, 木陰 / パークコーディネーター:矢口

本日は、ピクニック日和!

公園もすっかり緑に覆われ、陽射しは既に初夏の強さです。

桜の後を引き継ぐように、足もとにはタンポポやシロツメクサが次々と咲いてきています。

 

風も冷たくなくなったこの季節、公園でピクニックなんていかがでしょうか。

 

ベンチで。木陰で。

お弁当を持って。お茶をいれて。

おしゃべりをして。本を読んで。

広い公園の中で、居心地が良い場所を探すのも、また楽しいもの。

 

そんな時間の楽しみ方ができるのも、公園の魅力の一つです。

 

2016年2月29日(月)

パークコーディネーター:山田

もっとディープに公園を楽しんでみよう!

いま公園ではウメが見ごろとなり、春の花々を楽しむ時期になりつつあります。

公園というと花やレジャー、スポーツを楽しんだりする場所というイメージが強いですが、さらに一歩進んだ公園の楽しみ方もあります!

 

それが、「ボランティア活動」!

公園ごとに、さまざまなタイプのボランティア活動がありますが、野川公園では、園内にある自然観察園で武蔵野の自然回復を目的として、雑木林や野草の手入れなど、生きものが棲みやすい環境づくりなどの活動を行っています。

 

先日も自然観察園で、湿地の再生を行うための池の掘削作業を、ボランティアのみなさんといっしょに行いました!

 

池は6m角と広く、水を含んだ泥を深さ90cmまで掘る作業は、本当に本当に大変な作業でしたが、作業を終えられたあと、みなさんの爽やかな笑顔が印象的でした☆

 

こちらが作業をする前の池。

こちらは作業後の池。

さっそく近くでは、ニホンアカガエルが見つかりました。

これから水辺にどんな生きものが集まってくるのか、みんなで楽しみにしています♪

こうして公園に深くかかわることで、さらに公園にくる楽しみも倍増!みなさんもぜひ、一歩進んだ公園の楽しみ方を味わってみてませんか。

2016年1月21日(木)

パークコーディネーター:中倉

正月飾りの門松が素敵な鉢植えに大変身♪

武蔵国分寺公園のパークコディネーター、中倉です。

2016年が始まり、あっという間に半月が経ってしまいました。

お正月ならではの飾りつけは楽しんでいただけましたか?

私たちの管理している公園の門松、実は維持管理スタッフの手作りなんです♪

毎年新たなデザインを考えて、園内の竹を伐り出して、飾りをつけて、愛情たっぷりに仕上げています。

お正月が終わり、武蔵国分寺公園では門松を鉢植えに大変身させました!

今もサービスセンター前を彩っています♪

お正月の飾りも、少しの工夫で長く楽しむことができますね。

武蔵国分寺公園では、季節ごとに様々な飾りつけを行っています。

公園に来られた際には、ぜひサービスセンターの飾りつけも楽しんでいってくださいね♪

2015年12月17日(木)

パークコーディネーター:中澤

クリスマス目前!★公園から始めるクリスマス準備★

武蔵野中央公園のパークコディネーター、中澤です。12月も中旬に入り、風が冷たくなってきましたね。さて今回は、公園ならではのクリスマス準備について、ご紹介します!

 

武蔵野中央公園では、先日、イベント『はじめてのクリスマスリース』を行いました!

この講座は、毎年好評をいただいておりまして、今年も講師に三浦香澄さん(NPO法人 Green Works)をお迎えしました。

 

講座で作ったリースをご紹介♪

ヒムロスギの青みがかかった葉が魅力的な、香りのよいリースです♪

好きなリボンと公園で拾った木の実を飾りました。

今回は、クリスマス準備に大活躍する、公園内で比較的に拾いやすい木の実たちをご紹介します。

 

まずは、定番の「マツボックリ」。

マツボックリは、乾燥するとカサが開くので、拾うなら晴れた日がおススメです。

 

そして、 ギザギザとした形が特徴的な「モミジバフウ」の実。こちらも園内で拾って、リースに飾る際にはスプレーで金色に塗りました♪

イベントで使ったのは2種類ですが、公園では、他にもこんな木の実が拾えます。

これは、「ヒマラヤスギ」の実。バラの花のような形をしているので、「シダ―ローズ」と呼ばれています。

 

ヒマラヤスギは、マツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹。地上に落ちてくる前の実は、こんな感じ。

乾燥して、実の下の方が崩れていくと、上の写真のようにバラの形の部分だけ残るのです。

崩れやすいので、シダ―ローズを拾えると、なんだか得した気分♪

 

また、ドングリを飾っても素敵ですね。こちらは、「マテバシイ」の枝付きの実です。

枝がついていると、リースにも飾りやすく、見た目もかわいいですね。

公園で拾った木の実を飾るだけで、自然の恵みがいっぱい詰まったリースの出来上がり!

グッと華やかになりますね。

木の実をたくさん使えば、木の実だけのリースも作れます。また、ローズマリーをご自宅に植えている方は、ミニリースもかわいいですよ♪ ローズマリーにワイヤーを巻き付けて形作るだけなので、とっても簡単!! お子様にもおススメです♪

皆さんも、クリスマスの準備に自然の恵みを取り入れてみてくださいね♪

※都立公園内は、木の実など自然に落ちている物は拾って頂けますが、枝を折ったり花を取ったりする行為は禁止です。マナーを守ってお楽しみください。

2015年11月27日(金)

#パークコーディネーター, #マナーアップキャンペーン, #ワンちゃん, #公園で散歩 / パークコーディネーター:明瀬

公園にワンちゃんとお散歩!公園オリジナルワンちゃんのうんち袋をお供に。

公園にワンちゃんを連れてお散歩♪身近な自然の中を歩きながら、ワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても、のびのびできる素敵な時間ですよね。

 

 

 

現在、武蔵野エリアの都立公園では、5月に続き11月の一ヶ月間「犬のマナーアップキャンペーン」を実施しています。

 

 

 

公園内の苦情の上位に上がるワンちゃんの問題に対して、「グッドマナー宣言」を掲げています。「コンニチハ マナーの良い飼い主さん」というメッセージを伝えることで、マナーの良い飼い主さんの輪をさらに広げたい!と思いからはじめたキャンペーンも、今年で4年目!少しずつ、このメッセージが伝わってきたことを感じています。

 

 

 

各公園ごとに様々な取組みをしていますが、共通して行っているのが「公園オリジナル ワンちゃんのうんち袋」の配布です。

この袋、とてもポップなデザインでかわいいですよね。このワンちゃんのデザイン、実はパークコーディネーター作なんです!

 

 

 

よくうんち袋にするにはもったいない、と言われますが、拾った木の実を入れるもよし、パンフレットなどを入れるもよし。各公園サービスセンターに置いてありますので、ワンちゃん連れでない方も、ぜひご活用下さい♪

 

 

むさしのの都立公園共通情報

公園であそぼう!

公園で健康づくり!

自然を満喫!

公園づくり・地域づくりに参加しよう!

東京都スポーツ施設 予約管理システム

ボランティア募集!

...