武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

浅間山公園 オフィシャルブログ

2018年6月7日

ふわふわのハンターあらわる!

キスゲの季節も終わり、ますます緑が濃くなってきた浅間山

伐採地今

平成28年度の冬に、森を若返らせるために伐採した、

北西側斜面もだいぶ青々としてきました。

 

伐採後斜面上

比べてみると、一目瞭然!

やはり若い芽の方が成長が早いのか、

2年もたたないのに、すでに4m近く育っているものも。

 

最近では、こんな虫たちもよく見かけるようになりました。

アカシジミ

「どの葉っぱにとまろうか~~」

若い葉が好きなアカシジミが飛び回っています。

ゴマダラチョウ (2)

こちらゴマダラチョウ。

「若い木の方が樹液が出やすいんだよね♪」

最近、特によく見られるようになりました。

 

・・とそこに「ブ・ブ・ブ・ブ・ブ」と大きな羽音が。

オオイシアブ

黄色と黒?ん?ハチ?

よ~~く見ると、スズメバチよりなんだか毛深い・・。

オオイシアブ2

顔の正面には、とがった口が見えました。

これはハチではなく、「オオイシアブ」というアブの仲間。

 

毛むくじゃらでもこもこした、かわいい姿をしていますが、

実はこの細長い口で、他の昆虫をつかまえて体液を吸う、

雑木林のハンターなのです。

 

近年、たくさんの昆虫たちが暮らす雑木林が少なくなり、

オオイシアブも、もしかしたら絶滅危惧種になってしまうかも?

と心配されています。

 

このオオイシアブが確認できたことは、

浅間山が昆虫たちにとって暮らしやすい場所になってきた、

ということなのかもしれません。

 

これから夏に向けて、

浅間山はもっとも昆虫たちでにぎわう時期になります。

 

梅雨の晴れ間には、若返った雑木林にお散歩に出かけ、

小さな昆虫たちに目を向けてみませんか。

季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 11