武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

浅間山公園 オフィシャルブログ

2017年11月25日

ダイヤモンド富士が見られました!!

コナラの木々もだいぶ色づいてきました。

浅間山の紅葉もピークに差し掛かりつつあります。

 

冬の気配が感じられつつありますが、

この時期には、空気が澄んできて絶景が見られることも。

 

浅間山には、国土交通省関東地方整備局選定の

「関東の富士見百景」に指定されているポイントがあります。

そこからの風景がこちら。

s-富士見百景からの眺望

府中の中心地の奥に威風堂々と富士山がそびえています。

 

普段も美しいですが、年に2回だけ見られる絶景があるのです。

それが「ダイヤモンド富士」。

ちょうど富士山山頂に夕陽が沈み、富士山頂が輝いて見える現象です。

 

浅間山公園では、例年11月21日と1月21日の2回のみ、

見ることができ、地元の方々が非常に楽しみにしているイベントのひとつとなっています。

透き通るような秋晴れの中、今年度の第一回目。

11月21日を迎えました。

 

s-100名超えの観察者

今年も100名を超える方々がカメラなどを片手にポイントに集まりました。

 

s-16時過ぎ

16時過ぎ、まだまだまぶしく、直視は難しい状態。

 

s-ダイヤモンド富士

それから20分ほど。いよいよ!

 

s-一瞬の輝き

一瞬の輝きです。

 

山頂がまばゆい光に照らされたかと思うと、

次第に光は小さくなっていき、

最後の一瞬にまさにダイヤモンドのような輝きを放ちながら、沈んでいきました。

 

みなさん、夕陽に笑顔を輝かせながら、一瞬の絶景に見とれていたようです。

 

この日はちょっと面白いものが見られました。

s-富士山のシルエット?

この日の富士山は、手前に薄いもやがかかっていたのですが、

日が沈んだ後、富士山の手前にうっすらともう一つの大きな富士山が現れました。

もしかすると、もやに映し出された富士山の影でしょうか。

 

自然の風景ですので、日によってまったく違う様子を見せてくれますが、

時には、このように不思議な風景を見せてくれることも。

 

次回の1月21日は真冬。真っ白に雪化粧をした富士山での

ダイヤモンド富士が見られるチャンスです!

日が沈んだ後には、状態によっては富士山頂の雪煙が見えることも。

 

個人的オススメは、実はダイヤモンド富士が終わって、

日がとっぷりと暮れた後。

s-夜景

府中の夜景が輝いたその背後に、黒い富士山のシルエットが浮かび上がります。

こちらも非常に幻想的でオススメです。

 

次回1月21日は、寒さの厳しい真冬です。

しっかりと暖かい服装で、みなさん自分なりのお気に入りの富士山を観察してみてください♪

 

 

園内施設の紹介,季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 11