武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

狭山・境緑道 オフィシャルブログ

11 / 12« 先頭...89101112

2012年3月14日

多摩湖緑道花壇友の会西東京 冬仕事第二弾!「花壇の園路づくり」

2月9日。風が穏やかで、日差しが暖かく感じられる今日。

2月第1回の「多摩湖緑道花壇友の会」の活動が行われました。本日は冬仕事第二弾!花壇境界部の土留補強と、花壇の園路づくりを行いました。アドバイザーの三浦先生にもご助言頂き、いろいろな資材を準備して、いざスタート!

まずは花壇境界部の土留補強から。

花壇に傾斜があるため、雨水等による表土の流出が以前より問題となっていました。それを解決すべく、土留用のブロックを埋め込みました。

この程度は、お手の物。仕上げもバッチリ。

続いて三角地帯の花壇。

こちらも表土の流出を防ぐため、プラスチックの板を設置しました。

板の上面を地上部に揃えるには、土を相当深く掘って、埋め込む必要があります。土を掘る作業が意外と重労働。

でも、そんな時こそ、ダジャレを交わしながら、和気あいあいと作業を進めるのが皆さんのイイところ。その結果。。。こんなに綺麗に設置することができました。

さて、お次は。。。

おおっと。肩に担いで何かを運びはじめました。どうやら本日のメイン作業『花壇の園路づくり』に使う枕木のようです。

今回の園路づくりは、一年草花壇の作業動線の確保と、土が流れてしまうのを防ぐ目的で行われました。枕木8本で園路をつくるようですが・・・

枕木の据え付け、順調に進むのでしょうか?

そこは不安を払拭すべく、東村山中央公園・維持管理スタッフYさんがマニュアルをご用意くださいました。それがこちら。

図解入りで、作業工程を解りやすくまとめていただきました。使用道具も書かれており、大変助かりました。Yさん、ありがとうございました。

マニュアルを読み合わせ後、作業開始です。まずは枕木の位置決め。

続いて穴掘り。

ここまでは難なくクリア。お次は据え付けです。

これが意外と大変でした。

重量のある枕木を少しずつ動かしては、水平器をあて。傾斜のある方へ土を補充して、高さ調整・・・の繰り返し。

しっかり・かつ水平に据え付けることはなかなか難しいのです。

そんな中、黙々と作業を進めるHさん。実は、ゼネコン出身者。どうりで水平器の扱いも手慣れていますね。口数は多くないHさんですが、作業は繊細かつ丁寧です。

皆さん作業をフォローしあいながら、事故もなく、無事据え付けを終えることができました。

仕上がりは、いかがでしょうか。

花壇が引き締まって見えませんか?

今日は皆さんのチームワークの良さを改めて感じました。事故もなく、園路づくりを終えることができ、本当に良かったと思います。皆様お疲れさまでした。腰をいたわってあげてくださいね~~~。

最後に、今日は天気が良かったせいか、緑道を通行する数人の方から、声をかけて頂きました。「何してるの?」から始まり、数分会話が続いた後、別れ際の「頑張ってくださいね。」の一言。きっと皆さんの励みになっていることと思います。まだ狭山・境緑道に来たことがない方、素敵な花壇を見に是非いらしてください。お待ちしています。

ボランティア | カメ丸

2012年3月7日

多摩湖緑道花壇友の会西東京 冬時間

1月26日。二日前の冠雪により、花壇は真っ白!

園路もカチカチの様子・・・。

よって、本日のメイン作業は雪かきに決まり!

各自がスコップを持ち、花壇脇の園路に凍りついた雪をはがします。

ガッツ。ガッツ。ガッツ。スコップの音が静かな緑道に響きます。

皆さんいつも以上に真剣。意外と力がいるこの作業。後々腰を痛めないといいのですが・・・。

雪かきは30~40分で目処がつき、お菓子を食べながら一休憩。その流れで、春にむけた花壇について話し合いが始まりました。

「一年草花壇は元気ないけど大丈夫かな?」「花壇の目玉づくりがしたいねぇ」「アカンサスなんてどうかな」「春はどんな花が咲くのか楽しみだね」「植物マップつくんなきゃ」などなど。

スタッフも加わり、花壇の将来像を膨らませながら自由に意見が交わされました。作業が少ない冬だからこその充実した時間でした。そして今年もやる気十分の皆さん。今後の活動に期待大です。

ボランティア | カメ丸

2012年2月3日

多摩湖緑道花壇友の会西東京 今年も元気にお手入れ!

1月12日。

「多摩湖緑道花壇友の会西東京」による、年明け第1回目の定例活動が行われました。寒さ厳しい上に、ここ何日も雨が降っておらず空気はカラカラ~。

花壇の土も乾燥気味です。

冬の宿根草ガーデンは花や緑が無く、ちょっと寂しげ。

でも、今だからできることって以外とあるんです!

まずはみなさんで落ち葉掃き。

花壇の奥や根本にたまった落ち葉を丁寧に掃き出します。

フゴに“ぎゅう・ぎゅう”っと詰めたら・・・

あっという間にいっぱい!やっぱり全員でやるとはかどりますね。

ずっしりと重いフゴを抱え、緑道を往復します。お二人の後ろ姿がなんともステキで、カメラのシャッターをきらずにはいられませんでした。

さあ、落ち葉掃きが一段落したら、次は各自がやることを見つけて動き出しました。

Tさんは、カラカラになった一年草花壇への水遣り。

Sさんは、クリスマスローズへの肥料まき。

もう一人のSさんは、ハギの切戻し。

さらにもう一人のSさんは・・・。

あれれ、何してるの?

ジャジャーン。花の名札をつけていたようです。

細やかな部分にまで手が届く。オフシーズンだからこそできる作業かもしれませんね。

最後は、団体名を記した新しい看板を設置しました。

この看板を見て、今年は一人でも活動に参加してくれる人が増えてくれればと願う皆さんでした。

~番外編~

今回も、もちろん作業前にラジオ体操しました。

春が待ち遠しいですが、もう少しの辛抱。今年も一年よろしくお願いいたします!

ボランティア | カメ丸

2012年1月7日

多摩湖緑道花壇友の会西東京 寒空の中、元気に花壇のお手入れ!

12月22日。お日様も出ていない寒さの中でしたが、「多摩湖緑道花壇友の会西東京」のみなさんは元気に集合!12月2回目の定例活動が行われました。

今日は、馬の背前の花壇を中心にお手入れを行いました。

まずはラジオ体操で身体を温めます。

身体もほぐれたところで、作業スタート!馬の背前の花壇で“茶色いもの”(枯れた植物や落葉)を取り除きます。寒くなって枯れた植物たちは、来年若芽を出してくれるように根元から切ります。

木が多い緑道では、落葉もたくさん!花壇の中に入った落葉を外に出すと、とてもすっきりしました。

次は一年草花壇のお手入れ。まずは今どんな状況かみんなで確認します。

雨が少なかったせいか、寒いせいか、花たちは少し元気がない様子・・・。

元気を取り戻してもらうように、咲き終わった花の花殻つみを行いました。やり方をお互い確認しながらの丁寧な作業です。

活動日ごとにすっきりしてきた花壇。今年は学習会を行ったり、新たな取り組みに挑戦してきたみなさん。最後に撮った集合写真では、その充実ぶりが笑顔に表れています!来年もどうぞよろしくお願いいたします!!

ボランティア | カメ丸

2012年1月1日

2012年本年もよろしくお願い致します

今年もスタッフ一同、「人、自然、まちが元気になる公園づくり」に一層取り組んでまいります。

皆様への年賀状です!

その他 | ハイジ

2011年12月28日

多摩湖緑道花壇友の会西東京 チューリップの球根を植えました

12月8日。手がかじかむような寒さの中、「多摩湖緑道花壇友の会西東京」の定例活動が行われました。今日は、前回植替えを行った“一年草花壇”に、チューリップの球根の植付けを行いました。

球根は、昨年花を咲かせた後保管しておいたものと、新たに買い足したもの2種類を使いました。丸々と太った球根。今年も花を咲かせてくれるでしょうか。

 

まずは、図面を見ながら、球根の植える位置について確認。

 パンジーの間から、チューリップが咲くイメージで球根を配置します。

配置を終えたら、球根の植付け。男性5人が一心不乱に作業にあたります。

 

お気づきの通り、ここのボランティアの方は男性が多いですが、作業は繊細。花を愛する心も強いです。

どんな色のチューリップが咲くのか、待ち遠しいですね!

早々に球根の植付けが終わったので、残り時間で花壇のお手入れをしました。

じっとしているとゾクゾクくるような寒さの中でも皆さんの動きは機敏です。春に備えて、茶色くなった枯れ枝や落ち葉を片付けました。

「多摩湖緑道花壇友の会西東京」は第2,4木曜日、狭山・境緑道馬の背付近で活動しています。緑道にお立ち寄りの際は、ボランティアの皆さんが手入れしている花壇を是非見にいらしてください。

ボランティア | カメ丸

2011年12月11日

秋を満喫!ウォーキングイベント開催!

11月23日、ちょっぴり肌寒い秋晴れのもと「晩秋の小平グリーンロードウォークと収穫祭」が開催されました(主催:西武鉄道と小平市グリーンロード推進協議会、協力:西武・武蔵野パートナーズ)。

グリーンロードとは、小平市内の狭山・境緑道、野火止用水、玉川上水を結んだ緑あふれる散歩道です。パートナーズからは3名が参加し、ほかの参加者と一緒に小平駅近くの公園から出発しました。さあ、ここから11.5キロのウォーキングが始まります。

緑道の木々は今、色鮮やかな紅葉の季節。レンジャーとしては自然の様子が気になるところ。真っ赤に染まったニシキギの葉、バックには青空が広がり、思わず立ち止まって見惚れてしまいました。

野火止用水に入ると、カルガモたちがのんびり水面を泳いでいます。のぞいてみると、水が澄んでいてとってもきれいです!鯉や小魚の姿も見られ、ホタルの保護をしている場所もありました。

  

玉川上水に入ってすぐ、「こもれびの足湯」を発見!ウォーキング参加者でいっぱいです。私たちも足をつけて・・気持ちいい~。

さあ、いよいよゴールの小平市中央公園が近づいてきました。ん?音楽が聴こえてきた・・と思ったら、なんと林の中でライブが開催されていました!南佳孝さんをメインゲストに迎えた「鷹の台Bossa」というボサノバの野外ライブです。

こんもりした丘の上から、ときどき行きかう西武線の電車の音をBGMに、きらきら輝く木漏れ陽をバックに、ボサノバの生ライブが聴けるなんて・・・とっても贅沢な気分です。

公園内では、収穫祭が開催され、小平産の野菜や模擬店がいっぱい出店していました。

小平市産業振興課の方によると、今回のウォーキングには2,400人以上が参加したそうです。秋の自然を満喫し、ゴールでは秋の味覚、ボサノバの音楽を楽しめる、ちょっと珍しいウォーキングイベント。今年行けなかったという方は、ぜひ来年チャレンジしてみてください!

イベント | 杉蔵

2011年12月9日

多摩湖緑道花壇友の会西東京 花壇の植替えを行いました

11月24日、晴天。

多摩湖緑道花壇友の会西東京の皆さんにより、花壇の植替えが行われました。

先日、三浦先生(NPO法人Green Works理事)との苗選びを終え、今日の植替えを待ち望んでいたかのように、いつもより早めに集合し、身支度を整える皆さん。

作業確認を早々に終え、三浦先生によるレクチャーがスタートしました。

まずは苗選びのおさらいから。ポイントを押さえた解りやすい講義に、メモを取りながら熱心に聞き入っています。

土作りについても学習した後、さあ作業開始です!

初めは、草花の引き抜きから。

花壇の手前部分を意識的に綺麗にすると、それだけで花壇が美しく見えるんですって!

続いて整地。

こうした力のいる作業は、男性陣のパワーが頼りになります。

三浦先生もうれしそう~。

整地を終えたら、花壇の園路づくり。

中央の草花にも手が届くように、作業動線となる園路を設けます。

美しい花壇を維持するための重要なポイントですね。

花壇の形状を整えたら、次は土作り。

腐葉土、肥料をまいて、丹念に混ぜあわせます。

土作りを終えたところで、花苗の配置について先生からのお話。

千鳥状に配置することで、風通しが良くなり生育も均一になるそうです。

また、3や5など奇数で苗を購入し、配置を組み合わせるとバランス良く見えるとのこと。

ボランティアの皆さんも配色を考えながら、苗を配置しました。

すべての苗を置いたら、後ろに下がって全体を確認します。

続いて苗の植え付け。

先生より植え付け方法を実演頂いた後、一つ一つ丁寧に植えていきます。苗をそっと持ち上げるボランティアさんの手。やさしさが伝わってきます。

 

植え付け後、水をたっぷり与えたら花壇の完成!

それでは早速、植替え前・後を比較してみましょう。

植替え前

植替え後

どうですか?雰囲気が随分変わりましたね。黄色と紫色のコントラストが美しい、“冬でも明るい花壇”が出来上がりました(拍手!)。

続いて、別の花壇の植替えも行いました。手慣れた手つきで、あっという間に完成。お見事です!

 

今回植替えした2つの花壇。どちらも面積は大きくないですが、先生のレクチャーの元、皆さんが丹精込めて仕上げてくれました。今回の経験を活かし、今後も緑道の憩いの場でもある「花壇づくり」を支えて頂ければとスタッフ一同願っています。

皆さんお疲れさまでした。三浦先生ありがとうございました。

ボランティア | カメ丸

2011年11月26日

多摩湖緑道花壇友の会西東京 花壇植替えにむけて準備進行中!

11月21日、穏やかな晴れ。

本日はボランティアの皆さんと園芸店に赴き、花壇植替え用の苗選びを行いました。

講師である三浦先生(NPO法人Green Works理事)をお招きし、実際に販売されている花苗を手に取りながら、苗選びについてご指導いただきました。

先生とは園芸店で待ち合わせ。

店に入ると、色とりどりの花苗がいっぱい!

でも種類や色が多すぎて、どれを選んで良いのか正直迷ってしまいますね。

そこで、三浦先生アドバイスの元、実際の苗を組み合わせ、生育の特徴やカラーバランスなどを考慮しながら、苗を決めていきました。

黄色をベースに。赤をあわせますか?それとも紫?

ピンク・赤で揃えたら、こんな素敵な組み合わせになりました。

先生も苗選びに真剣です!

最終的には、ストック、ビオラ、白妙菊など十数種・約70ポットを選びました。

購入した苗はこちら!

これらの苗を用いて、次回はいよいよ花壇の植替えです。

皆様どうぞご期待ください。

ボランティア | カメ丸

2011年11月21日

多摩湖緑道花壇友の会西東京 冬春花壇のテーマが決まりました!

11月10日、朝の冷え込みが一段と厳しく感じられたこの日。

多摩湖緑道花壇友の会西東京の11月第1回の定例活動が行われました。

本日の活動内容は、花壇の手入れと冬春花壇のテーマ決めです。

まずは花壇の手入れから。ボランティアの皆さん、慣れた手つきで作業をテキパキと進めます。

どれを切って、どれを残すのか。迷う箇所は相談しながら進めます。

剪定ばさみで作業する姿が、大変かっこよく決まっています!

前回の定例活動日から3週間が経過し、宿根草ガーデンの様子が変わってきました。以前は、葉っぱだけだっ『キク』が今日は主役。あちらこちらで色とりどりのキクが咲いています。

リンドウも可憐に白い花を咲かせていました。

 

地表からは、スイセンが!

季節の変化を敏感に感じ取り、次から次へとリレーのごとく花を咲かせてくれる植物達。

宿根草ガーデンの大きな特徴ですね。

後半は、冬春花壇の植替えにむけた花壇のテーマ決めです。

 

ひとやすみの後、それぞれが思い描く花壇のイメージを挙げてもらいました。

1時間話し合った結果、冬春花壇のテーマは・・・

『冬でも花があって明るい花壇』に決定!

このテーマをもとに、次回活動日11月24日(木)に花壇の植替えを行います。

さて、どんな花壇が完成するのか。お楽しみに~!

ボランティア | カメ丸

11 / 12« 先頭...89101112