武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

六仙公園 オフィシャルブログ

2016年1月31日

早春の花々

最近は寒暖の差が大きいですね。

今、六仙公園では春の訪れを感じさせてくれる、早春の花々を見ることが出来ます。

その一部をここでご紹介!

 

まずは、オオイヌノフグリ

とても小さな青い花を咲かせます。

その花びらをよく見るとストライプの模様があり、その色合いがとても綺麗です。

 

次は、ホトケノザ

オオイヌノフグリと同様に小さい花ですが、紅紫色が目立ちます。

壺のような形をした花とその台座になっているような葉っぱが特徴的です。

 

最後はウメ

古くから日本で親しまれていて、奈良時代以前は花見といえばウメでした。

花とつぼみが共に観察できる今が見頃です。また、花だけでなく香りが楽しめることも魅力の1つです。

 

まだまだ寒さは続きそうですが、皆さんも春の訪れを感じさせてくれる花々を探してみてはいかがでしょうか。

季節の花、緑、生きもの| タスマン

1 / 11