武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2017年11月21日

冬も楽しく!親子スポーツ教室

風が冷たいながらも澄んだ青空がきれい!な11月21日、
野川公園の親子スポーツ教室の様子をご紹介します。
親子スポーツ3

今日のクラスの最後は、フープを使った追いかけっこ。

子どもってお母さんと走るだけでこんなに幸せなんだ~、
と感動してしまう、すばらしい笑顔がいっぱいでした。

親子スポーツ1

親子スポーツ2

次回は12月19日(火曜日)に開催します!

詳しくはこちら。

お問合せは野川公園サービスセンターまで、お気軽にどうぞ。

 

イベント| 虫目ちゃん

2017年11月19日

シダーローズの季節

野川公園の冬の名物、シダーローズの季節がやってきました。

野川ヒマラヤスギのバラ291117

ヒマラヤスギの大きなマツボックリです。

バラの花のように見えることから、シダーローズと呼ばれています。

例年、本格的な落下シーズンは12月ですが、早いものがいくつか見かけられるようになりました。

 

実は、ヒマラヤスギの本物の花も今、開花中です。

それがこちら。

野川ヒマラヤスギ雄花291117

地面に落ちてきた雄花です。ちょっと毛虫っぽい姿ですね。

ヒマラヤスギの林になっているバーベキュー広場付近で、よく見ることが出来ます。

 

雌花は成熟した木にしかつかないらしく、バーベキュー広場では、

実をつけている木はほとんどありません。

大芝生や、自由広場、北門近くなど、大きなヒマラヤスギには、たくさん実が付いています。

運が良ければ、お散歩中にきれいな形のものが拾えます。

リース作りにいかがでしょうか?

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2017年11月17日

個性豊かな紅葉

園内の紅葉が進んできました!

広くて樹木の種類の多い野川公園、

いろんな木がそれぞれの色に染まって個性的です。

 

観察センター前のアカシデの木の、優しいオレンジ色。

野川アカシデ291113

 

大芝生の奥で、そこだけぱっと明るくなるような黄色に輝いているトチノキ。

野川トチノキ291116web

今年もどの木もきれいです!

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2017年11月9日

リンドウが見ごろです

自然観察園で、リンドウが見ごろを迎えています。

春に咲くフデリンドウが小さい小さい赤ちゃんサイズとすれば、

こちらは幼児くらいのサイズ感ですが、やはり小さくて可憐。

リンドウ

太陽があたると目いっぱい花を開き、曇ったり雨が降ったりすると、

ぴったりと花を閉じてしまいます。

 

今日は好天で、きらきらと青紫の花びらを輝かせていました。

青い星のよう。吸い込まれそうな色あいです。

 

自然観察園では、キク科の野草も見ごろを迎えています。

優しい風情の秋の野草の花をお楽しみください。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2017年11月3日

シジュウカラの巣箱を作ろう

秋の深まってきた公園、朝は小鳥のさえずりがにぎやかです。

毎年好評の野川公園の小学生向け秋の工作教室、

「シジュウカラの巣箱を作ろう」を、今年も開催します。

可愛い小鳥、シジュウカラの暮らしについて学んで、

巣箱を手作りしてみませんか?

大工仕事が初めての方にも、ボランティアが丁寧に指導します。

詳しくはイベント情報をごらんください。

シジュウカラ

イベント| 虫目ちゃん

2017年10月30日

紅葉が少しずつ

雨が多く、イベント中止が相次いだ残念な10月ですが、

公園の木々は徐々に秋の色を深めてきました。

日当たりのよい所から、ケヤキやユリノキ、イチョウが黄色に変ってきました。

大四阿横ケヤキの紅葉291130

野川ユリノキ291027

野川イチョウ291027

駐車場南のモミジバフウの紅葉も始まり、

サービスセンター前のニシキギも、

日に日に鮮やかな紅葉となってきました。

野川ニシキギ291030

しばらく良いお天気が続きそうです。

秋の公園でのんびりお過ごしください。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2017年10月26日

秋の日まつり 中止のお知らせ

10月28日(土)に開催を予定しておりました

秋の日まつりは、台風接近に伴う荒天が予想されるため、

中止となりました。

楽しみにしてくだっさていた皆様には、誠に申し訳ありません。

 

イベント| 虫目ちゃん

2017年10月19日

タコノアシ、色づいてきました。

自然観察園、タコノアシが色づいてきました。

変った名前は、見た目から。

花が咲いて種になった部分を、タコの吸盤に見立てています。

こちらは10月初めの様子。まだ緑色です。

DSCN0344 - コピー

寒さと共に茶色が深まってきた様子がこちらです。

タコノアシ1018

タコをひっくり返したような姿に見えますでしょうか?

季節が深まって赤茶色が濃くなるほどゆでダコっぽくなってきます。

湿地を好む植物で、水田や自然な姿の川辺の減少と共に、

自然では数を減らしています。

地味な花ですが、面白い名前のおかげで、覚えやすく見つけやすいです。

観察園で探してみてください。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2017年10月18日

◾むさしのカレッジ「東京の自然はこんなに豊か!身近な公園をもっと知ろう!」開催!

野川公園では10月9日に、むさしのカレッジ「東京の自然はこんなに豊か!身近な公園をもっと知ろう!」を開催しました!

今回は、『カラー版 東京 の森を歩く』(講談社現代新書)の出版を記念し、著者である東京農工大学福嶋司名誉教授を講師としてお招きし、東京の多様な自然について、公園という切り口からご紹介いただきました。

 

はじめに、室内で講義。

1

 

東京都の自然や森の概要では、地質や地形のお話しもあり、そのうえでどんな植生になってきたのか、とても興味深いお話がありました。東京湾に面した低地の埋め立て地から武蔵野台地の森、丘陵地、奥多摩と、東京には多様性に富んだ森があることを改めて知ることができました。東京の森林面積は794㎡、都全体の面積の内36.3%も占めているとのこと!この割合は、近隣県の千葉県、埼玉県よりも高いそうです!東京にも森林は多いんですね。

また、身近な自然である公園のお話では、浜離宮や新宿御苑、明治神宮など都心部の有名な公園から、武蔵野地域にある井の頭公園や野川公園、大国魂神社など、近くにある公園まで、その歴史と共に幅広くお話しいただきました。

どのような歴史があり、今の地形や植生環境があるのか、というところに焦点を当てた分かりやすいレクチャーで、小学生の参加者も真剣に聞いていました☆

2

 

後半は福嶋先生と共に野川公園内を歩く、野外レクチャー。実際に国分寺崖線(はけ)を見ながら、武蔵野地域の雑木林で代表的な樹種であるクヌギやコナラの見分け方や、サクラ類のお話などをうかがいました。

前半の講義と合わせ、さらに理解を深めることができました。

34

 

いつも見慣れている身近な公園も、歴史や植生など、少し違った視点から見てみると、また出かけるのが楽しくなりますね。

そんなエッセンスがたくさん詰まった、とても楽しい講座となりました。

福嶋先生、参加された皆さん、ありがとうございました!

イベント| たなけ

2017年10月15日

10月の折紙はハロウィン!

雨続き、すっかり寒くなった野川公園です。

散策して寒くなったらぜひサービスセンターで一休み!

10月の折紙は、毎年大人気のハロウィンです!

今年も、貼り出したとたんに、参加者が。

折紙ハロウィン

夕焼け空に、お化けや黒猫、カボチャのランタンなど、

楽しい折紙を飾ってください。

 

園内施設の紹介| 虫目ちゃん