武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :たなけ

2017年10月18日

◾むさしのカレッジ「東京の自然はこんなに豊か!身近な公園をもっと知ろう!」開催!

野川公園では10月9日に、むさしのカレッジ「東京の自然はこんなに豊か!身近な公園をもっと知ろう!」を開催しました!

今回は、『カラー版 東京 の森を歩く』(講談社現代新書)の出版を記念し、著者である東京農工大学福嶋司名誉教授を講師としてお招きし、東京の多様な自然について、公園という切り口からご紹介いただきました。

 

はじめに、室内で講義。

1

 

東京都の自然や森の概要では、地質や地形のお話しもあり、そのうえでどんな植生になってきたのか、とても興味深いお話がありました。東京湾に面した低地の埋め立て地から武蔵野台地の森、丘陵地、奥多摩と、東京には多様性に富んだ森があることを改めて知ることができました。東京の森林面積は794㎡、都全体の面積の内36.3%も占めているとのこと!この割合は、近隣県の千葉県、埼玉県よりも高いそうです!東京にも森林は多いんですね。

また、身近な自然である公園のお話では、浜離宮や新宿御苑、明治神宮など都心部の有名な公園から、武蔵野地域にある井の頭公園や野川公園、大国魂神社など、近くにある公園まで、その歴史と共に幅広くお話しいただきました。

どのような歴史があり、今の地形や植生環境があるのか、というところに焦点を当てた分かりやすいレクチャーで、小学生の参加者も真剣に聞いていました☆

2

 

後半は福嶋先生と共に野川公園内を歩く、野外レクチャー。実際に国分寺崖線(はけ)を見ながら、武蔵野地域の雑木林で代表的な樹種であるクヌギやコナラの見分け方や、サクラ類のお話などをうかがいました。

前半の講義と合わせ、さらに理解を深めることができました。

34

 

いつも見慣れている身近な公園も、歴史や植生など、少し違った視点から見てみると、また出かけるのが楽しくなりますね。

そんなエッセンスがたくさん詰まった、とても楽しい講座となりました。

福嶋先生、参加された皆さん、ありがとうございました!

イベント| たなけ

2017年10月4日

野川公園ちょいボラを開催!

公園でボランティア活動をしてみたい!

でも、ボランティア登録してしまうと、毎週行かなくちゃ…

気軽に、好きなタイミングでちょっとだけ活動してみたい!

 

そんな方々のために、都立野川公園でボランティア体験イベント「ちょいボラ」を行いました♪

内容は「外来種バスターズ!~セイタカアワダチソウを退治しよう~」ということで、これから花をつけ、爆発的に増えてしまうことが懸念されるセイタカアワダチソウやオオブタクサなどの外来種を引き抜きます!

 

晴天の下、大人も子供も「外来種」について学びながら、気持ちのいい汗を流せました♪

3

 

特に参加したお子さんは大活躍☆

5

 

半日の作業で、こんなにも外来種を退治することができました!

9

 

引き抜いたセイタカアワダチソウは12月17日の「むさしのカレッジ」で草木染めを行うため、葉を乾燥させています!

8

 

嫌われ者の外来種が、素敵な草木染めとして生まれ変わるところを体験してみませんか?☆

ご興味のある方は公園ホームページ内「むさしのカレッジ特設ページ」をご覧ください!

 

◆むさしのカレッジ特設ページ◆→http://musashinoparks.com/college/

ボランティア| たなけ

2017年9月6日

8月27日「アイタデ生葉染め」を実施しました!

野川公園で「アイタデ生葉染め」イベントを開催しました!

今年は全国的に雨が少なく、公園の畑で育つアイタデもどこか元気がないように見えましたが、公園ボランティアの皆さんが4月から丁寧に水を与えてくれたおかげで、イベント当日までに、みずみずしいアイタデを用意することができました!

このアイタデを使って、シルクのストールを染めます!

 

アイタデの葉を一枚ずつ丁寧に摘み取り、ミキサーで撹拌して作った染液に、シルクのストールを浸けます。

写真1

 

浸けたばかりの布は深い緑色をしていますが、ここから空気に触れさせることで、アイタデの葉の中に含まれる「インディカン」とういう物質が酸化し、青く変色する仕組みで布が染まるそうです!

写真2

 

参加者も、濃い緑色のストールをパタパタと仰いでいくと、徐々に青く変色していく様子に興味津々☆

写真3

 

乾かしたらさらに色が薄くなり、まるで澄み渡る夏空のような青色ストールが完成!

浸ける回数や時間によって一人一人色が違うのも素敵ですね♪

みなさん、とても楽しそう☆

写真4

 

公園では、自然と触れ合うさまざまなイベントを開催しています。

是非HPや掲示板でチェックしてくださいね!

イベント,ボランティア| たなけ

2017年7月13日

七夕イベント~星に願いを~

さて、今年も1年に一度、織姫と彦星がめぐり合う日が訪れました。

七夕をはさんで、7月1日から7月9日までの期間、むさしのの都立公園では、七夕イベント「星に願いを」を行いました!

 

野川公園自然観察センター、サービスセンターでは、入口にササを立てかけ、

来館のみなさんに短冊を飾ってもらいました!

DSCN8619

P7020324

 

願い事の中には、

「虫が上手にとれますように」

「お菓子屋さんになれますように」

といった子供たちの願いごとの他に、

「いつまでも元気で野川公園に来れますように」

といった素敵なものも☆

P7090001

 

今年は、

全部で420個もの願いごとが、ササの葉と一緒に風に揺れました♪

 

どの願いも、かないますようにと、スタッフ一同心より祈っています☆

P7090003

イベント| たなけ

2017年6月21日

サバイバルなピクニックを開催しました

近年中に、関東を直撃する予想のある大震災。

皆様は、いざという時の準備はできていますか?

 

6月10日、野川公園で、身近な素材を利用したサンシェード作りや、缶詰などの非常食にちょっと一工夫を施したサバイバルクッキングなど、防災を意識したイベント「はじめてのサバイバルピクニック」を開催しました。講師はネイチャークラフト作家として有名な長野修平さん!

1   2

まずは、サンシェード作りのためには欠かせないロープワークをみんなで実践。その後、班ごとに基本のサンシェードを作ります。様々な建築のノウハウを持つ「東京建築士会」のみなさんからの心強い指導もあり、うまく覚えられました☆

3

4

お昼は缶詰でグラタン!

誰もが食べたことのあるイワシやツナなどの缶詰に、ホワイトソースやチーズなどの具材をちょっと加えることで、見違えるほど上品な一品に大変身!!

5

午後からは2班に分かれ、みんなで協力して大きなサンシェードを作ります。

1つの高いサンシェードをシンボルに和気あいあいと作った1班と、

6

試行錯誤しながらシートを結び合わせ、“ねじれ”を加えおしゃれに作った2班。

 

8

それぞれ素敵な表札をつけて完成♪

 

近年、一段と注目されてきている「防災」。

皆さんの近隣の避難場所や備えの確認はもちろんのこと、

避難生活では、今回学んだサバイバルの知識や、

周りとの助け合いが大切になってきますね!

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました☆

9

イベント| たなけ

1 / 11