武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :虫目ちゃん

2018年7月21日

【イベント中止のお知らせ】キッズレンジャースクール

7月22日(日)に開催を予定していたキッズレンジャースクールは、

高温が続き、熱中症の危険が高いため、中止となりました。

お申込みいただいた皆様には申し訳ございません。

 

20180722キッズレンジャースクールチラシ(表)中止告知

イベント| 虫目ちゃん

2018年7月15日

【イベント告知】ちょいボラ「外来種バスターズ~オオブタクサを引き抜こう~」

もうすぐ夏休み!

夏休みと言えば自由研究!

野川公園 自然観察センターでは自由研究のテーマにもぴったりのイベント、

ちょいボラ「外来種バスターズ~オオブタクサを引き抜こう~」を開催します!

今、全国で話題の外来種について学んで、ボランティア体験をしてみませんか?

5

ちょいボラ 外来種バスターズでは、昨年は、セイタカアワダチソウの引抜きを実施。

今年は、セイタカアワダチソウと並んで厄介な大型外来植物、オオブタクサの引抜きを行います。

日時:7月29日(日) 10時~12時 当日受付

参加費:無料

対象:小学生以上

こちらのイベントは、

8月8日(水) 10時~14時半開催の

むさしのカレッジ「外来植物で染めてみよう!」との連動企画となっています。

ボランティア体験で引き抜いた植物で、草木染の体験ができます。

外来種で草木染(2017年の様子)

両日参加の方大歓迎!

詳しくは、自然観察センターまたはサービスセンターへお問合せください。

 

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年7月14日

カリガネソウの不思議な形

夏の自然観察園、

美しい青紫色と変わった形が目を引く背の高い野草、

カリガネソウが咲きだしています。

自然観察園カリガネソウ300703

本来8月~9月の花なので、今年はかなり早めです。

丸いつぼみは可愛らしく、

開いた花は、しべが長く飛び出した不思議な形。

花に来た蜂の背中に花粉をくっつけるための形です。

そして、この植物、美しい姿に似ず、独得の臭気があります。

お試しあれ。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年7月9日

【イベント告知】キッズレンジャースクール開催します!

もうすぐ夏休み!

野川公園では、夏休みの自由研究にもぴったりなイベント、

キッズレンジャースクールを7月22日(日) 10:00~15:00に開催します。

20180722キッズレンジャースクールチラシ(表)
玉上中サイズ

野川公園には、公園の動植物の保護や情報発信を行う自然のプロフェッショナルである

パークレンジャーが常駐しています。

キッズレンジャースクールは、自然観察とパークレンジャーの仕事体験ができる、

小中学生向けプログラムです。

詳しいイベント情報はこちら

皆様のご参加お待ちしております!!

 

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年6月18日

嫌われ者ですが…きれいなカメムシ

初夏の野川公園、昆虫をたくさん見かけます。

あまり人気はないのですが、実はきれいな種類が多いのがカメムシ。

艶のある黒い体にオレンジ色の斑紋がきれいなモンキクロカスミカメや、

野川カスミカメムシ

赤と黒の派手な縞模様がおしゃれなアカスジカメムシ、

野川アカスジカメムシ300613

肩先と尾の鮮やかな赤が目を引くハサミツノカメムシなど。

ハサミツノカメムシ

虫好きの私には、目に留まるとちょっと嬉しくなる美麗さ。

樹木にとって害虫では?と心配される方もいますが、

健全な樹木にダメージを与えるほどの害はなく、

中には樹木に害になる昆虫(毛虫など)を食べるカメムシもいます。

毒はありませんが、強い匂いの体液は皮膚についてかぶれることもありますので、

触らず、静かに観察するのがおススメです!

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年6月11日

紫色の星

自然観察園で、コバノカモメヅルが見ごろを迎えています。

赤紫色の星形の小花。

野川コバノカモメヅル0610

色といい形といい花のサイズといい、

何とも言えない渋さが魅力。

ん?と立ち止まって二度見してしまう不思議な形です。

 

小さい葉のカモメに似たつる植物、という意味でこの名が付いています。

向き合ってついている葉を横から見ると、

カモメの飛ぶ姿に見えなくもないでしょうか?

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年5月27日

ウツボグサの紫色

自然観察園のウツボグサが見頃になってきました。

鮮やかな紫色が目を引きます。
ウツボグサ

 

ウツボというと、怖い顔の魚を思い出しますが、

この草の名前は、空穂草、または靫草と書きます。

花の形を、弓矢を入れる筒=靫(うつぼ)に例えたものでしょうか。

今年は、夏の花が咲くのが早いようです。

お見逃しなく。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年5月22日

コミスジの滑空

夏の陽射しとなってきた野川公園。

すぅーっと滑るように目の前をよぎっていく小さいチョウがいます。

コミスジでした。

コミスジ300520

黒地に三本の横縞模様。

小ぶりですがきれいなチョウです。

コミスジ腹部の緑色

日を浴びて腹部の緑色がきれいに見えていたのですが、

ピンボケになってしまって残念。

自然観察園を中心に、夏の昆虫の種類が増えてきています。

自然観察をお楽しみください♪

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年5月18日

カルミアの不思議な花

野川公園、サービスセンター横、
バーベキュー広場に面した園路沿いの白いカルミアが見ごろです。

コンペイトウのようなつぼみ、
パラソルのような小花。
とても可愛らしい花なのですが、
よくよく見ると、とても変わった作りなのです。
野川カルミア300517

10本の雄しべが、折りたたみ傘のような花のくぼみに
ぴったり収まっているのがわかるでしょうか?

中央のつぼみに、
コンペイトウのトゲトゲ部分のように飛び出している角、
これが、雄しべの格納ポケットになるのです。

昆虫が花に止まった時にポケットから雄しべが飛び出して、
花粉を別の花に運んでもらうための仕組みのようです。

面白い!
ぜひその瞬間を見てみたいと思うお花です。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年4月21日

ミズキが開花中です

どんどん春から初夏へ移り変わっている今年の園内、

早くもミズキの花が見ごろになっています。

小花ですが、近くで見ると繊細で美しい花。

野川ミズキ300419

北地区のみずき橋付近や、

東八道路にかかる一之橋の南側などでは、

手に取れるほど近くで花が見れますので、

じっくり観察して上品な香りを嗅いでみてください。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん