武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :かなえもん

2013年3月20日

「はじめてのサバイバル デイ・キャンプ」を開催しました!

3月ももう半ば。

サクラの蕾も膨らんできて、春もいよいよ本番を迎えようとしていますね。

 

野川公園では、3月16日(土)に「はじめてのサバイバル デイ・キャンプ」を開催しました。災害時など“いざ”という時でもおいしいものを食べられるようにしよう!ということが目標です。

参加者は25名。キャンプが好きな方、アウトドアに興味がある方など、若いお父さん、お母さんがたくさん参加してくださいました!

講師はネイチャーワークスの長野修平さん。

昨年開催した「はじめてのアウトドア・クッキング」でも講師を務めてくださいました。

まずは枝や薪を使った火起しから。

どんな枝を使ったら良いか、枝や葉の置き方、火の付け方など、わかりやすく説明していただきました。

中にはメモをとるお父さんの姿も!

説明が終わったら、皆で燃やすための松ぼっくりや、乾いた落葉、枝などを集め、火を起します。

まずはご飯を炊きます。

使うのはフルーツの缶。中にお米と水、焦げ付きを防ぐためにごま油も少し入れて、かまどの火へ!

15分ほどでおいしく炊き上がりました。

続いてはツナやイワシの缶詰を使ったグラタン作り。缶詰の缶に入ったまま、チーズなどをトッピングしてかまどで焼き上げました。

なんと、包丁もまな板もお皿さえ使わないお手軽料理。

こちらもとってもおいしくできました。

ランチタイムには、バーベキュー串でソーセージやお肉を焼いたりしながら、空き缶で炊いたご飯や缶詰の具、野菜で作ったスープを食べました。ソーセージや肉の焼き方に会話が弾みとても楽しいお昼ご飯になりました。

おやつにはたき火であぶったマシュマロも。

子どもたちにも大人気でした!

今回は、“いざ!”という時にも役立つようなアウトドアスキルを身につけてもらおうというというイベントでした。

空き缶でもご飯が炊け、良く目にする缶詰でもちょっと工夫するだけで「簡単でおいしいおしゃれな料理」に変身する。

そんな驚きと楽しさを感じてもらうことができました。

今回は、災害時だけでなくキャンプや日常にも使うことができるスキルを身につけていただきました。

普段の生活の中では余暇を楽しむ手段として、いざという時には生き抜く力として、存分に活用していただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント| かなえもん

2013年2月16日

「冬越しの虫の観察会」が開催されました

温かいお天気に恵まれた、3連休最終日の2月11日(月)。

野川公園自然観察センターでは、ボランティア主催の「冬越しの虫の観察会」が開催されました。

小学生までの子供を対象とした昆虫教室で、冬越しをしている虫たちを観察するイベントです。

今回は、4歳から8歳までの5名が参加してくださいました。

最初に20分ほど、ボランティアの先生から虫についての話を聞いた後、自然観察園へ。

昨年の秋に、この日のためにとハンノキに巻いた「こも」の中を確認しました。

開けてみると、中にはたくさんのナミテントウが!

みんな興味津々。触ったり写真を撮ったり、楽しそうでした。

お父さんたちも初めて見る大量のナミテントウにビックリしていました。

エノキの幹の割れ目にはヨコヅナサシガメの幼虫がいっぱい!

こちらも我先にとのぞき込んでいました。

自然観察センターに戻った後は、事前に外しておいた「こも」とコブシの朽木の中を確認しました。

「こも」の中にいたのは小さなクモ。カメムシやヤニサシガメの幼虫もいました。

コブシの朽木は2つに割り、中の柔らかい所を掘って虫を探します。

子供たちのために、お父さんも大活躍でした!

中から現れたのは、カミキリムシと思われる幼虫やコカブトムシ、ムカデ、ダンゴムシなど。

子供たちは虫が見つかる度に大興奮。

とってもにぎやかな昆虫教室になりました。

(上:カミキリムシ(?)の幼虫、下:コカブトムシ)

たくさんの虫たちと出会うことができた、今回の昆虫教室。

子供たちにとっては、虫と直接触れ合う良い機会になったようです。

虫大好き!という子供が増えてくれると嬉しいですね。

 

何もいないように見える冬でも、木の割れ目、落葉の下などでたくさんの虫たちが暖かい春を待っています。

野川公園の雑木林や色々な場所にもきっといますよ。

そんな虫たちを探しに来てみてくださいね。

(*注意:公園内の枯れ木をむやみに割ったり壊したりするのはやめましょう。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボランティア| かなえもん

2013年2月8日

セツブンソウが見頃になってきました!

立春も過ぎ、暦の上では春。

とはいえ、まだまだ寒いですね。

 

さて、早春の花たちが咲き始めている自然観察園では、セツブンソウが見頃になってきました。

セツブンソウはキンポウゲ科の花で、高さは10cmほど。

その名のとおり、節分の頃に咲くので「節分草」と言います。

 

早春から春の終わりまでの短い期間に花を咲かせる「スプリング・エフェメラル(春の妖精)」と呼ばれる植物の1つで、木々が葉を広げ林床に日が当たらなくなる前に、たっぷり太陽の光を浴びて栄養分を蓄えます。

 

 

一見花びらに見える白い部分ですが、これは花びらではなく萼(がく)なんです。

それでは花びらはどこへ行ってしまったんでしょう。

花をよく見ると、青紫色の葯(やく:花粉が入っている所)の周りに黄色い点があります。

実は、これが花びらなんです。

退化して筒状になり、二又に分かれた先の方から蜜が出ています。

何とも不思議な花ですね!

 

観察園では自生地が3か所あり、現在はかたくり山でよく咲いています。

去年の最盛期にはこんなにたくさんの花が!(2012年2月15日撮影)

 

他に、きんらんの里とひょうたん池の近くでポツリポツリと咲き始めています。

こんなかわいい小さな春の妖精たちに、ぜひ会いに来てください!

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| かなえもん

2013年2月1日

ソシンロウバイが見頃になっています

朝晩は相変わらず冷えますが、日中は暖かくなってきましたね。

その暖かさに誘われて、ソシンロウバイが見頃になっています。

 

ソシンロウバイは、ロウバイという中国原産の花から作られました。

野川公園では、1年の中で最初に咲き始める花の1つです。

 

名前を漢字で書くと「素心蝋梅」となります。

「素心」とは変化がないという意味。

「ろうそくの蝋(ろう)でできているような、梅に似た花」で、中心が赤紫色のロウバイと違って花全体が黄色なので「素心蝋梅」と名付けられたそうです。

 

(上:ロウバイ、下:ソシンロウバイ)

 

早春に向けて、花もだんだんと咲き出しています。

自然観察園のソシンロウバイが見頃です!

鮮やかな黄色い花と甘い香りを、ぜひお楽しみください。

 

季節の花、緑、生きもの| かなえもん

2013年1月19日

アカゲラが来ています!!!

先日の大雪、すごかったですね。

園内にはまだまだ雪が残っていますが、昨年は少なかったシメなどの冬鳥たちが今

年はたくさん見られます。

 

そんな中、野川公園では数年に一度しか見られない、珍しい鳥を見つけました。

アカゲラです!!

北海道や本州の山にすむキツツキで、体長は25センチほど。

翼の黒と白の模様、お尻の赤が良く目立ちます。

 

(1月18日 自然観察園)

 

オスは後頭部も赤いですが、こちらのアカゲラは黒いのでメスですね。

自然観察園と西バードサンクチュアリとの境界フェンス付近や、ひょうたん池の側などで2、3羽が確認できました。

絶好の野鳥観察シーズン到来です!

双眼鏡片手に、野川公園にいらっしゃいませんか?

もしかしたら、アカゲラに出会えるかも!

 

季節の花、緑、生きもの| かなえもん

2012年12月27日

「シジュウカラの巣箱を作ろう」を開催しました。

2012年も残すところ、あと数日!

お正月の準備は順調に進んでいますか?

 

さて、12月24日は野川公園の今年最後のイベント開催日でした。

スギの板からパーツを切り、釘で組み立ててシジュウカラの巣箱を作る工作教室です。

11月23日に開催予定だったイベントですが、悪天候と寒さのため延期になっていました。

 

連休中日でクリスマス・イブという日程でしたが、下は4歳から上は87歳まで、8組9名の方に参加していただきました。

まず、スギ板をノコギリでカット!

そして、それぞれのパーツを釘で止め、巣箱の形に仕上げていきます。

ノコギリは初めてという男の子は、お手本を見せるボランティアさんを食い入るように見つめていました。

そして、お父さんと一緒に初ノコギリ体験!

ちょっと緊張していたようですが、とってもきれいな巣箱ができました。

 

なかなか触れる機会のないノコギリや金づちを使った工作。

その楽しさを知ってもらう場として、初めて工具を扱う場として、子供たちにとってはとても良い経験になったのではないでしょうか。

また、巣箱を作り家に設置することで、野鳥への興味をもつきっかけにもなると嬉しいです。

 

シジュウカラは巣を作ってくれるかな?

来年の春が楽しみですね。

 

 

 

イベント| かなえもん

2012年12月27日

「冬の公園ガイドウォーク」を開催しました!

冬とは思えない暖かさになった12月16日(日)。

野川公園で「冬の公園ガイドウォーク」を開催しました。

 

参加者は4人の子供たちを含む22人の皆さん。

よく公園に来ていただいている顔なじみの方や以前のガイドウォークにも

ご参加いただいた方・・たくさんの方が集まってくださいました。

 

いろいろなイベントに参加してくれている女の子の姿も。

 

クリスマスまであと8日ということで、担当の平山レンジャーはサンタの衣装で登場。

サポートにはトナカイもやってきました!

 

まずは所長が、野川公園について話しをしました。

牧場、ゴルフ場、公園といろいろな歴史を経ている場所なんですね。

 

最初に紹介したのは売店横のクスノキ。

とっても長生きする木で、野川公園のクスノキは100歳を超えています。

葉っぱを千切ると香ってくる、ツンとした匂いは「樟脳(しょうのう)」といって、虫が嫌う成分が含まれています。

 

昔はこれを利用して、防虫剤代わりにしていました。

 

 

ちょっと移動してトウカエデの林で、落葉の色探しをしました。

みんな色合いは違いますが、どれも素敵です。

 

 

続いて芝生の西側に広がる雑木林に移動。

野川公園やその周辺はかつて「武蔵野」と呼ばれた地域の1つで、雑木林がたくさんありました。

今は少なくなった雑木林ですが、電気やガスが普及する前は薪や炭、堆肥などに利用される、生活に欠かせない存在でした。

 

雑木林を抜けた芝生にはモグラ塚がいっぱい!

モグラがトンネルを掘る時に、邪魔になった土を押し出して出来たものです。

つまり、この下にはモグラのトンネルがあるのです。

 

人間も、モグラに挑戦!

スコップを使って穴を掘ってもらいましたが、1分間で20cmが限界。

でも、土の中で生きるために進化したモグラは1分間で30cmも掘るのだとか。

 

自分の手だけで楽々掘ってしまうなんて、すごいですね!

 

 

芝生を北に進みアオギリの種子を観察。

アオギリの種は、さやが割れてパラシュートのようになっています。

これで、風に乗って飛んでいきます。

 

 

野川公園には鳥もたくさんいます。

冬によく見られるのは、モズ、ツグミ、ヤマガラなど。

ガイドウォーク中、タイミングよくヤマガラが姿を現し、皆さんの目は釘づけでした。

 

落葉を踏む音や冬鳥など、今しか出会うことのできない自然と触れ合うことができました。

生き物がいなくて寂しいと思われがちな冬でも、楽しいことがたくさんあるんだということを、感じていただけたようです。

このガイドウォークをきっかけに、冬にしか味わえない生き物たちとの出会いを探しに野川公園に繰り出してもらえたら嬉しいです。

イベント| かなえもん

2012年12月26日

自然教室「お正月飾りを作ろう」が開催されました

2012年最後の3連休。

いよいよ近づいてきたお正月に向けて、12月23日にお正月飾りを作るイベントが開催されました。

 

材料は稲わら。このわらでしめ飾りを作ります。

参加者は13名。小学生の子供たちはお父さんやお母さんと一緒に協力して作ってもらいました。

ボランティアに指導を受けながら、まずはわらを3つの束に分けて、しめ飾りの本体を作る準備をします。

 

続いて、2本のわらをねじり合わせて縄を作ります。

これを「縄ない」といい、しめ飾りを作るための一番大切な作業です。

子供たちはもちろん、大人も経験するのは初めてというこの作業。

慣れない作業に四苦八苦しながらも、ボランティアに教えてもらいながら上手く細縄を作ることができました。

 

 

同じように、最初に分けた3つの束で本体となる縄をないます。

束が大きいだけに、さらに苦戦する皆さん。

協力し合いながらしっかり形を作って、崩れないように細縄で止めます。

ピョンピョン飛び出したわらは切って、きれいに整えます。

別のわらで作った、来年の干支「蛇」を模した渦巻きとわらの束を取り付ければ作業終了です。

しめ飾りは新年に神様を迎えるための、大切な目印です。

自分たちの手で苦労して作ったしめ飾りは、きっと良いことをたくさん運んできてくれるでしょう!

皆さん、どうぞ良い新年をお迎えください。

イベント| かなえもん

2012年12月22日

「親子でクリスマスリースを作ろう」を開催しました!

朝晩の寒さは日に日に厳しくなってきました。

真っ白な霜が、一層寒さを感じさせますね。

 

そんな寒い12月9日。自然観察センターでクリスマスリース作りのイベントを

開催しました。

 

 

参加者は約3倍の競争を勝ち抜いた11組の親子。

まず、担当ボランティアの説明を聞いて、リースの土台となる枝を組む

作業を始めました。

 

どんな形のリースにしたいのか、大人たちは子供の意見に耳を傾けながら「あーでもない、こーでもない」と話し合っていました。

 

土台ができたら、いよいよ飾り付けです。

何の実をどこに飾るか、こちらもデザイナーは子供たち。表情は、皆真剣そのもの!

 

最後の仕上げにも余念がありません。

 

一生懸命、楽しく、自由に作ったリースは、どれも素敵な作品になりました。

 

中には、葉っぱのブランコに乗るサンタも登場。

1つ1つ全く違う個性豊かなリースは、見ているだけでも楽しくなりますね。

 

早めに終わった子のために、松ぼっくりツリーも用意しました。

大きな松ぼっくりにビーズを飾っていきます。

こちらも大人気でした。

 

自然のものを使ったクリスマスリース作りは初めてという子も多く、大人たちにとっても自然素材のクラフト作りという良い体験になったようです。

 

何より、親子で一緒に作るというのが良いですね!

親御さんも、子供たちの発想力の豊かさ、物を作る真剣さに驚き、成長を感じることもできたのではないでしょうか。

 

クリスマスまでもう少し。

リースを飾って、楽しいクリスマスを過ごしてくださいね!

 

 

イベント| かなえもん

2012年10月26日

「どんぐり人形・どんぐり笛作り教室」を開催しました

10月も下旬になり、ますます秋が深まってきました。

涼しくなってきて、天気の良い日はお出かけに最適!

そんな中、秋晴れの10月21日に「どんぐり人形・どんぐり笛作り教室」が開催されました。

 

名前のとおり、ドングリを使って人形や笛を作る工作教室です。

2歳から10歳までの子供たち、17名が参加してくれました。

 

 

どんぐり人形コーナーで作るのは、巣で卵を抱く鳥のペア。

鳥はスダジイのドングリを2つ組み合わせたもの。

見本を参考にしながら、目とくちばしを描いていきます。

この作業が意外と難しい!慎重に、慎重にペンを入れていきます。

 

上手に描けた!とこの笑顔。

 

巣はクヌギのドングリのお椀。白い卵はナンキンハゼという木の種です。

くっつける作業には、ノリを熱で溶かして押し出すグルーガンという道具を使います。

とても熱くなるので、ノリを入れるのはお父さん、お母さんにやってもらいました。

 

完成した人形を持って記念撮影。

みんなとても上手にできました。

 

どんぐり笛には、細長い形をしたマテバシイのドングリを使いました。

空気を通すための穴は、最初にボランティアさんが開けてくれました。

 

傘の骨を加工した道具でドングリの中身をかき出して、空っぽにします。

 

 

完成した笛がこちら。

吹くための筒は、アズマネザサの茎を乾燥させたものです。

とても澄んでいて、きれいな音が鳴ります。

秋には、身の回りでたくさん見られるドングリ。

でも、それを使って工作をする・・という機会はあまりないかもしれません。

このイベントで、自然の物を使った工作の楽しさを知ってもらえたかと思います。

今回覚えた人形や笛だけではなく、色んな面白い工作を考えて、挑戦してみてね!

 

イベント| かなえもん