武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2018年2月27日

可憐なミスミソウ

妖精を思わせるセツブンソウに続いて、

ミスミソウの小さな花が、自然観察園を彩りはじめました。

ミスミソウ(白)
ミスミソウ(紫)

別名ユキワリソウ。

写真でははっきり見えませんが、三角形の三つ葉型の小さい常緑の葉がついています。

葉が三角だから三角草でミスミソウです。

白や紫の萼片に、紫と黄色のしべの配色がとてもきれいです。

株数は少ないのですが、これから3月にかけて観察園をいろどる可憐な野草です。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年2月16日

満開のセツブンソウ

野川公園自然観察園では、セツブンソウが満開です。

セツブンソウ満開

草丈も花のサイズも小さく、華やかというよりはひっそり可憐な花ですが、

これだけ咲きそろうと見応えがあります!

今週末が見ごろピークかと思われます。

 

園内では、白梅の花も咲きそろってきました。

ロウバイの花もまだ見ごろが続いており、甘い香りがしています。

梅林白梅

早春の花をお楽しみください。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年2月9日

むさしのカレッジ「野鳥観察&肩チュンbirdをつくろう!」

1月27日(土)にむさしのカレッジ「野鳥観察&肩チュンbirdをつくろう!」を開催しました!

写真1

今回の講師は、株式会社「鳥」の杉浦裕志先生です!

鳥の小物「肩チュンbird」の生みの親で、各地でワークショップもしている先生から、

鳥の色彩や肩チュンbirdの作り方を教わります!

 

まずは屋内で初心者向けに野鳥観察の簡単なレクチャー!

写真2

双眼鏡の使い方から野鳥観察のポイントまで、パークレンジャーが丁寧に教えます。

写真3

観察の準備ができたら外に出て、雪が降り積もった自然観察園で野鳥を観察しながら、パークレンジャーと杉浦先生による鳥解説!見られた鳥の生態や、名前の由来などを解説しました。

モズやジョウビタキなどの冬鳥や、オオタカも登場!美しい鳥たちが野川公園の雪景色に映えて、とっても盛り上がる楽しい観察会となりました♪

 

野鳥観察が終わって一息ついたら、午後はいよいよクラフトタイム☆

写真4

杉浦先生の塗り方ガイドシートに沿って、肩チュンbirdの原型に色を塗っていきます。写真の鳥は、野鳥観察で見られたジョウビタキ。実際に見られたこともあり、色塗りにも気合が入ります。

写真5

見本用の写真やガイドシートだけでは分からない細かい羽根の質感の出し方などは、杉浦先生が丁寧にレクチャー。羽根の構造や重なり方を、スズメの剥製「スズメ先生」を見せながら教えてくれるので、とっても分かりやすい!皆さん、色塗りに夢中になっていました。そして…

写真6

肩チュンbird完成!中には磁石が入っているので、服に安全ピンを着けてピンに止まらせることができます♪他にも画鋲を木に刺してそこに止まらせたり、いろいろなところに飾ったりすることができます。

写真7

参加者全員が作った肩チュンbirdを集めて記念撮影!今回はモズ、ジョウビタキ、オオタカ、シメ、カワセミを作りました。色とりどりの鳥さんが集まった記念写真は圧巻です!

写真8

そして最後は参加者全員で記念撮影☆

 

今回のイベントは大好評で、参加者の方からは、

「バードウォッチング初心者でも楽しめた!」

「バードウォッチングと肩チュンbird作り、この組み合わせは最強です!」

「想像以上に楽しかった。また機会があればぜひ参加したい!」

などの嬉しい声をたくさんいただきました♪

参加していただいた皆様、ありがとうございました!

 

野川公園で今年度開催される「むさしのカレッジ」は、これにて終了となります。

来年度もまたたくさんの楽しい講座をご用意いたしますので、皆様ぜひご参加ください!!

イベント| 豆ころがし

1 / 11