武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

野川公園 オフィシャルブログ

2017年12月28日

年末年始のお知らせ

2017年も野川公園をご利用いただきありがとうございました。

 

野川公園サービスセンター、自然観察センターは、

12月29日(金)から1月3日(水)まで、年末年始の休館となります。

この期間内、自然観察園、テニスコート、バーベキュー広場の利用はできませんので予めご了承ください。

公園、公園内のトイレ、駐車場は通常通りご利用いただけます。

売店は1月2日(火)から営業しております。

 

なお、サービスセンター、自然観察センター、自然観察園、

スポーツ施設(テニスコート)、バーベキュー広場は

1月4日(木)から通常通り開館いたします。

 

新年もぜひ野川公園へお越しください。

 

その他| 虫目ちゃん

2017年12月28日

外来種にもこんな活用方法が…!?

世間で何かと話題になっている「外来種」。国外から人為的な理由で持ち込まれ、日本に定着してしまった生きものの事を差します。

中でも植物は繁茂してしまうことが多く、日本の生態系に影響を及ぼしてしまうため、公園ではできるだけ抜き取り、駆除しています。そんな抜き取った外来植物をどうにか有効に活用できないかということで、今回のむさしのカレッジでは「外来植物で染めてみよう!」をテーマに“ヒロイ染め※”を行いました!

 

※ヒロイ染めとは、公園や緑地で繁殖する野草などを拾い集めて染めるプロジェクトです。この地で出たものをただのゴミにするのではなく、新しいものを生み出すアップサイクルの仕組みです

 

 

講師は、「まんま暮らし」の鍵市千佳先生☆

1

今まで様々な植物で染め物を行い、培ってきた知識をもとに、丁寧に教えてくださいました☆

 

今回使う外来植物は、秋になると黄色い花で河川や耕地を覆い尽くしてしまうセイタカアワダチソウ。9月に野川公園で行ったボランティア体験イベント「ちょいボラ~外来種バスターズ!」で抜き取り、乾燥させたものを使います!

2

 

茎から取り除いた葉を煮込み、染色液を作る間、皆でハンカチの布に模様をつけるためのしぼりを入れます。鍵市先生に模様の付け方を教えて頂き、いざ実践!

ビー玉で丸い模様を付けたり、箸で挟むことで線状の模様を入れたり。皆さん、想像力と個性にあふれています♪

3

 

布を染色液に浸けている間に、レンジャーによるセイタカアワダチソウ クイズ~☆

4

とある記録では、セイタカアワダチソウは生育条件次第で4メートル以上にも成長するみたいです!セイタカアワダチソウも生きもの。知らなかったいろんな生態を知る事が出来ました♪

 

さてさて、染色液から布を取り出す時間になりました。色を固定するため媒染液に浸し、しぼりを解いてみると……

5

 

模様が出ました!

 

こちらはビー玉で丸い斑点模様を出したご家族。

6

素敵な模様のハンカチになりました☆

 

普段は駆除するだけの外来種にこんな使い方があることや、しぼりによってこんなに模様に違いが出ることなど、たくさんの驚きと発見があった今回のむさしのカレッジは、大成功で終わりました!

 

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

7

イベント| たなけ

1 / 11