武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2012年11月12日

【都立武蔵野公園】野球場(大・小)の使用休止について

日頃より都立武蔵野公園をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

 

当公園の野球場(大・小)におきまして、内野フェンス等の部分塗装及び内野不陸調整補修工事を実施することが決定しました。

 

つきましては、平成25年1月から下記日程で野球場の使用を一部休止させていただくことになりましたので、お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

公園名  武蔵野公園

施設名  野球場・小野球場

施設数

①小野球場 1面中 1面

②野球場  1面中 1面

 

休止期間

①平成25年1月15日(火)から平成25年2月20日(水)まで

②平成25年2月21日(木)から平成25年3月29日(金)まで

 

休止理由  内野フェンス等の部分塗装及び内野不陸調整補修工事実施のため

 

【お問い合わせ先】

東京都西部公園緑地事務所管理課管理係 0422-47-1210

武蔵野公園管理事務所 042-361-6861

工事・維持管理のお知らせ | とん

2012年11月11日

紅葉情報(11月10日)

こんにちは。

そろそろ秋も深まってきましたので、武蔵野公園サービスセンター前にて、紅葉情報の提供を始めました。

園内散策の前にぜひ、お立ち寄り下さい。

 

紅葉マップも配布中です。

 

本格的なモミジの紅葉はまだですが、他の樹種は、既に色づいており、なかなか渋い感じになっています。落葉ファンにはぴったりの季節です。

 

↓ラクウショウ(22番苗圃)

 

↓左:トウカエデ(バーベキュー広場)

↓右:トチノキ・ハクウンボク(6番苗圃)

 

 

なお、箭真舳(やまべ)橋あたりのモミジ並木の様子は、

↓このような状況です(昨年も11月10日ごろから色づき始めていました)。

これからどんどん色づいていくと思いますので、ぜひお楽しみに!

季節の花、緑、生きもの | とん

2012年11月2日

紅葉情報(11月2日)

秋の行楽といえば、やっぱり紅葉狩り!

武蔵野公園でも、樹木によっては色づき始めています。

(写真は、ユリノキとモミジバスズカケノキ)

 

園内の紅葉の名所は、野川の箭真舳(やまべ)橋あたりの川沿いのモミジ並木。

川沿いの道を覆うように垂れ下がっているモミジが真っ赤に紅葉した様は見事です。

なお、昨年の見ごろは11月中旬以降でした(下の写真は去年の11月26日)。

 

ちなみに、現在の様子は下の通りです(2012年11月2日)。

ぜひ、ご来園ください。多磨多摩見頃

季節の花、緑、生きもの | とん

2012年10月18日

『秋の生きものガイドウォーク』開催しました(10/7)

「秋のヒンヤリ感ファン」の皆様こんにちは。

10/7(日)に『秋の生きものガイドウォーク!』を開催いたしました。

公園内を散策し、秋の生きものや植物の観察を行いました。

担当は、前回もちびっ子に人気の平山レンジャー です。

 

まずは、集合場所でいきなり発見された「ハラビロカマキリ」です。

子ども達が観察していると、お尻から何かが、、、、。

ハリガネムシが出てきました!なんだか気持ち悪いです。

昆虫類の寄生虫だそうです、、、。

 

次は、クヌギです。

落葉樹ですが、ドングリになるまで2年かかります。

子どもが喜ぶ形です。

落ちているドングリについても、みんなで調べてみました。

ハイイロチョッキリについても学びました。

 

次は、エンジュです。

中国では尊重されていて、学問と権威のシンボルだったそうです。

 

 

次は、エンマコオロギ、オンブバッタなどなど。

子どもたちは、昆虫が大好きです。

秋の虫たちの美しい声もたくさん聞こえていました。

 

その他、ホオノキを見たり、トンボを観察したりと、園内の秋を学びました。

子どもたちは、見たこと聞いたことを一生懸命に記録しています!

 

 

最後は、ツバキの実です。

種を剥いて、細かく砕くと。ほんのり液体が出てきました。

シャンプーや整髪料などで有名な椿油は種からとれるのですね。

 

今回は、開催間際まで雨が降っていましたが、

ガイドウォーク開始時には青空も見え、天候に恵まれました。

ご参加の方々、ありがとうございました。

動植物に親しんでいただき、

「深まっていく秋」も実感していただけたのではないでしょうか。

 

なお、武蔵野公園は、11月から本格的な紅葉シーズンです。

ぜひ、また秋を感じに来て下さい(写真は、2011年11月下旬)。

イベント,季節の花、緑、生きもの | とん

2012年10月4日

実りの秋

10 月に入りだんだんと気温が下がり、秋らしさがグッと増してきました。

武蔵野公園でも、秋らしさがグッグッと増しています!

 

写真は、台風の影響などで、大量に地上に降りた木の実たちです。

秋らしいです。

シラカシ、コナラ、クヌギ、マテバシイ、クリ、ムクノキ、トチノキ、サクラ、カヤ、エンジュ、、、、などなど。

どれがどれだか分りますか?

 

実りの秋は、公園散策に最適な季節です。

ぜひ、お立ち寄りください。

 

(※:動植物は、観察が終わったらもとの場所に戻してあげましょう。)

季節の花、緑、生きもの | とん

2012年9月16日

【お知らせ】じゃぶじゃぶ池の終了日

夏の間、大盛況だった、「じゃぶじゃぶ池」も、9/23(日)にて本年度の稼動を終了することになりました。

ご利用ありがとうございました!来年もまた「じゃぶじゃぶ池」をよろしくお願いします。

今後は、「深まりゆく秋」をぜひお楽しみ下さい!

<今後の稼動予定>

・土日祝日のみ稼動(9時頃~16時頃)。ただし、天候等の状況によっては平日も稼働します。

※:天候、気温や清掃、点検により休止になる場合があります。

工事・維持管理のお知らせ | とん

2012年8月23日

サルスベリが見頃です。

夏を代表する花木の一つがサルスベリです。

武蔵野公園には何箇所かに分け、数本ずつ植わっています。

 

強い日差しが照りつける厳しい残暑のさなか、ピンクや白の花を咲かせ、訪れる人を和ませています。

 

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

季節の花、緑、生きもの | とん

2012年8月2日

カブトムシの季節になりました。

暑中お見舞い申し上げます。

梅雨明け以降、本格的な暑さが続いております。いかがお過ごしでしょうか。

 

8月に入り、武蔵野公園では、昆虫たちが大活躍しています。

昨晩は、多くのカブトムシたちが集まっていました!

 

餌場争奪戦を行う者。恋人争奪戦を行う者。穴場を発見して一匹で優雅に樹液を吸う者。

さまざまでした。

夜のカブトムシは非常に活発です。

 

 

 

しかし、カブトムシも、都市化や雑木林の減少などで、かなりの数が減ってきていると聞きます。

残された自然の中でのカブトムシ観察を通して、自然とのふれあいや自然の大切さが伝われば良いなと思います。

(観察が終わったら元の場所に戻してあげましょう!)

 

暑さはこれからが本番です。どうかくれぐれもご自愛ください。

季節の花、緑、生きもの | とん

2012年7月22日

職場体験

先日、中学生の職場体験が行われました。

「公園や自然が好き!」という体育会系の子供たちでしたが、

猛暑の日もありなかなか大変だったようです。

 

緊張の1日目

・じゃぶじゃぶ池の点検、樹木点検

 

 

 

仕事を覚える2日目

・除草、プランターへの潅水

 

 

慣れる3日目

・低木剪定、竹林伐採

 

 

考える4日目

・遊具点検、落枝回収

 

 

感動の5日目

・垂枝剪定、枯枝処理

 

 

公園の管理運営に関するさまざまな業務を体験してもらいました。

仕事の「厳しさ」、「楽しさ」を体験してもらえたのではないかと思います。

 

最後は集合写真を撮り、元気に都会へ帰って行きました。

いつの日か、公園での体験を思い出し、また遊びに来てくれれば嬉しいです。

その他 | とん

2012年6月27日

「夏の生きものガイドウォーク」開催しました(6/17)。

「夏の生きものガイドウォーク」を開催しました。

公園内を散策し、夏の生きものや花の観察を行いました。

担当は、ちびっ子にも大人気だった平山レンジャー です。

————————————————–

まずは、ホタルブクロの観察。

↓咲き初めは袋が閉じています。

↓開花すると釣鐘型の花を穂状につけます。中の花粉が風雨をしのげる構造です。

 

↓花の中は、蜜を求めてやって来たハチが滑り落ちにくい構造のようです。花が白いものもあります。

  

風情がありかわいらしい花なのでファンが多いようです。

————————————————–

次は、河野レンジャーがオカダンゴムシを発見!

ちびっ子たちは「おっかなびっくり興味津々!」。

「ダンゴムシの足は14本だよ!」と、なかなか詳しいちびっ子たち。

————————————————–

花が終了したフデリンドウ探しを行いました。(↓開花時はこのような花です。4/23撮影)

↓ちびっ子たちも一生懸命探してくれました(写真右:花後)

  

フデリンドウは、花が終わると垂直に立った紡錘形のてっぺんに果実ができ、その果実は降ってきた雨の衝撃ではじき出されたり、溜まった水とともに流れ出すことによって周辺に種子が散布されると考えられているそうです。

————————————————–

ハクウンボクの実で実験を行いました。

↓ペットボトルに実と水を入れて、、、

↓シェイク!シェイク!

↓まだまだシェイク!

↓出来た~。白くなったー!石鹸だー!

果実の果皮に泡立ち殺菌作用がある成分が含まれており、昔は石鹸の代わりに使われたこともあるようです。

ちびっ子たちは、「家に持ち帰ってハクウンボク石鹸で靴を洗いたい!」と、お家でのお手伝い推進に一役買うことが出来ました。

————————————————–

この時期に咲く花は、やっぱりアジサイですね。

 

上の写真左は、ガクアジサイです。周辺の花びらが開いたように見える部分は萼ですが、それが額縁のようだからこの名前なのです。 球状に開花するアジサイ(写真右)は、ガクアジサイの改良品種だそうです。

————————————————–

最後に、はらっぱのドーナツでバッタ探しです。

あらかじめ、ドーナツ型に草刈をしておいた場所で、外周から中心に向かってみんなで一斉に歩き出 し、中心にバッタを追い込もうという最新装置です。

  

結果は、、、残念ながら大きな収穫は得られませんでした、、、。

早朝までの雨の影響か、、、バッタがまだあまり大きく育っていな いのか、、、また今度、チャレンジしてみたいと思います。

————————————————–

今回は、梅雨中の開催でしたが天候にも恵まれ、ご参加の方々には「夏の公園への期待感」を高めていただくことが出来たと思います。

なお、今回は、大人コーナーとして、「武蔵野と関わりのある文人」の紹介も行いました。

————————————————–

追伸

ガイドウォークでは一部しか見られなかったのですが、これからの時期、公園にはたくさんの生きものが住んでいます。ぜひご来園ください!

↓維持管理スタッフ撮影(野川のカワセミ)

 

           

イベント,季節の花、緑、生きもの | とん