武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

1 / 812345...最後 »

2018年10月15日

秋の走り方教室開催報告

9月24日(月・祝)、武蔵野公園で走り方教室を開催しました。

人気の教室で、今回も満員御礼となりました。

 

この教室では、幼児対象のキッズクラス、小学生対象のジュニアクラスで、

それぞれの年代に応じて、走り方のコツをお伝えしています。

キッズクラスは、まずは走ることに集中すること。

普通に歩いてみると、お隣やお父さん・お母さんを気にして、

きょろきょろしてしまう子どももたくさん。

走り方キッズ300924(練習中)

まっすぐ前に向かって走る意識づけのための練習をメインに行いました。

キッズ練習中

ジュニアクラスは、フォームを意識してより速く走るための練習を行いました。

ジュニア走り方300909その2

インストラクターの楽しい指導に、子どもたちは笑顔いっぱい。

でも、練習を繰り返すにつれて、走っている表情は真剣に、

フォームはきれいになって、スピードが増していきます。

この日に練習した結果を運動会で活かせた子どもたちもいたと思います。

ご参加ありがとうございました。

 

武蔵野公園では、10月21日(日) のびのび☆チャレンジキャラバン

を実施します。

走り方教室やバランスボール教室など、

親子で参加する一回30分のミニスポーツ教室や、ボッチャ体験教室など、

いろんなスポーツを試していただけるスペシャルプログラムです。

ぜひご参加ください。

イベント| 虫目ちゃん

2018年10月11日

ノルディックウォーキング教室を開催しました

9月24日(月・祝) 武蔵野公園でノルディックウォーキング教室を開催しました。

ノルディックウォーキングは、専用ポールを使うことで足腰の負担を軽くし、

同時に上半身も使った効果的な全身運動ができる、

これから運動を始めてみたい方にもぴったりのスポーツです。

この日は12名の方にご参加いただきました。

まずは準備運動。ポールを使ってバランスを取りながら、
足や上体のストレッチを行います。

武蔵野ノルディックポール使い方指導中 

続いてポールを使って歩く姿勢をレクチャー。

ポールを意識しすぎて不自然な動きにならないよう、

肩の力を抜いて練習していきます。

ポールを持つことで、自然に姿勢がよくなり歩幅も大きくなります。
武蔵野公園ノルディック300924

緑濃い園内を歩く姿をカメラに収めると、まるで森の中みたい!
木々の間を歩きます

皆さんもだんだんリラックスして笑顔で歩くことができるようになりました。

 

武蔵野公園での年度内のノルディックウォーキング教室は終了しましたが、
お隣の野川公園では、10月15日、1月21日に開催されます。

お問合せは野川公園サービスセンターまでお気軽にどうぞ。

イベント| 虫目ちゃん

2018年9月27日

秋の音に、耳を傾かせ

猛暑が過ぎ、公園では様々な「秋」を感じられるようになりました。

 

夜、耳を澄ますと、この時期に鳴く虫たちの美しい声を聞く事が出来ます。そんな、「鳴く虫」の観察会を9月15日、武蔵野公園で行いました。

P9150201

 

案内いただくのは、この地域の歴史や環境に詳しく、公園でも活動されている「野川ほたる村」の上原村長と、公園の自然や生きものに精通したパークレンジャー。

まずは目をつむり、「音」に耳を傾け、どんな鳴き声が聞こえるかを全員で確認します。

P9150211

P9150209

 

「♪リリッ、リリッ、リリッ♪」

「♪ジー、ジー、ジー♪」

「♪リン、リン、リン♪」

 

鳴く虫は、なかなか鳴いている姿が見れないため、このように耳で鳴き声を聞き分けながら、観察するんですね!

 

観察を進めると、石垣の近くで

「♪リィ~、リィ~、リィ~、リィ~、リィ~♪」

とゆったりと鳴くコオロギを発見!

ツヅレサセコオロギ

 

秋が深まる頃まで鳴いていることが名前の由来のツヅレサセコオロギです。

その由来を野川ほたる村の上原村長がじっくりと解説。

 

「【肩刺せ、裾刺せ、綴れ刺せ】と鳴いているように聞こえ、厳しい冬に備えて着物の手入れをしておこう、と呼び掛けているようだと、昔の人が感じたことから、この名前がつきました。」

秋の訪れを感じられる虫の登場に、参加者のみなさんはしばらく聞き入っていました。

 

また、

野川ほたる村と一緒に保全管理しているカンタンの保全地近くでは、

「♪リリリリリリ♪」

と「鳴く虫の女王」と呼ばれるカンタンの鳴き声を確認することができました♪

カンタン

(写真はメス)

わずか1cmほどの小さな昆虫ですが、

約30人の参加者のみなさん全員に聞こえる声で鳴いてくれました。

 

草丈の高い川沿いの草原に多く見られ、古くから野川の周りではたくさん鳴き声を楽しめていたことから、「小金井市の虫」に指定されています。

地元らしい虫の登場に、みなさんうっとりされています♪

 

この日はほかにも10種類近くの鳴く虫を、目で見て耳で聞けて、大満足の様子でした!

 

1時間半にわたるレクチャーの最後に、全員でもう一度目をつむり、耳を傾けると、観察会を始める前は、1種類の鳴き声しか聞こえなかったという人も、終わりには2~3種類の鳴き声が聞き分けられるようになっていました♪

P9150233

P9150236

 

公園内では草地や樹上など、様々な環境によって様々な虫の鳴き声を聞くことができます。

是非公園に足を運び、日頃よく使う「目」を閉じて、「耳」を澄ませ、虫たちの綺麗な鳴き声に癒されてみませんか?

イベント| たなけ

2018年9月15日

むさしのカレッジ「木の下で新しく見つける」開催しました

青空の広がる9月9日日曜日、武蔵野公園くじら山はらっぱで、

むさしのカレッジ「木の下で新しくみつける」を開催しました。

木の下で見つける

むさしのカレッジ実行委員会のみなさんと一緒に話し合いながら進めてきた、

「木の下で」シリーズ。

今回は7つのプログラムをご用意しました。

 

まずはラマパコス 関田さんの「アルミのお皿を作ろう」。

お皿づくりレクチャー中

アルミの金属板を木槌で叩いて、お皿やボウルを作りました。

作業板のカーブを利用しながら、好みの形に整えていく作業に、

大人も子どもも夢中!

真剣なアルミ打ち出し作業

完成品とにっこり

ワークショップの周りはアルミを叩くリズミカルな音で楽しい雰囲気になりました。

 

音と言えば、「自分の好きな音色を探そう!カランコロン作り」。

ミュージシャンのシーナアキコさんのワークショップです。
カランコロン作り

いろんな素材や長さの木片を使って小さな楽器を作りました。

木片の音色を確かめながら、好きな板を選んで土台に貼りつけていきます。

カランコロン材料ずらり

カランコロン作成中

完成品に木のボールを入れて中を転がすと…

なんとも柔らかく魅力的なカラコロという音を奏でます!

 

ヤマコヤ やまさき薫さんのワークショップ、

「ハンカチに”○○むし”を描こう!」では、白いハンカチに自由な発想で絵付けをして

オリジナルハンカチを作りました。

パークレンジャーによる昆虫ガイドウォークも実施。

ガイドウォーク

この時期に公園で見られるトンボやバッタなどの解説に、子どもたちの目がキラキラ!

レンジャーと見つけた虫のイメージで描く子もいれば、はらっぱの風景を優しい色で描く子も。

ハンカチ作成中

親子でハンカチ作成中

すてきなハンカチがたくさんできました。

 

その隣では、ベーゴマ対決に盛り上がる子どもたち。

時にお父さんも参戦してました!

ベーゴマ

 

たくさん遊んでお腹がすいたら、

アヤキッチンさんの「焚き火DEフレンチトースト」や、

PARITALYさんの「焚き火で温めるピザ」を。

フレンチトーストは仕上げのフルーツトッピングで豪華に。

フレンチトースト焚き火仕上げ中

フレンチトースト完成品

ピザはこんがりあつあつ。

ピザ温め中

焚き火エリア

木の下に置いた焚き火台で、自分で仕上げるご飯は格別でした。

 

さんちょうコーヒーさんの「好きなコーヒーを見つける」では、

大人のゆったり時間が流れていました。

奥が深いコーヒー飲み比べ

自分でコーヒーを入れる体験と、用意されたコーヒーを飲み比べる体験の二種類。

コーヒーを入れるドリッパーの種類、素材も豊富です。

挽く前の豆の形や色、香りの違いを確かめ、淹れてみた味や香りと比べました。

甘い香り、ナッツの香り、すっきりした酸味....。奥深い味わいです。

 

木漏れ日の下、

むさしのカレッジのコンセプト、「暮らしの中で自然とのつながりを育む場」を

楽しんでいただけたでしょうか。

秋冬も、むさしのカレッジならではのプログラムをご用意いたします。

次回は10月27日(日)野川公園「秋の日まつり」内で開催予定です。お楽しみに!

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年9月6日

9月9日むさしのカレッジ「木の下で新しく見つける」開催します!

9月9日(日) 10時~15時、くじら山付近で、
むさしのカレッジ「木の下で新しく見つける」を開催します。

【チラシ】300909むさしのカレッジ_表

 

アルミのお皿つくり、オリジナル楽器作り、新種の〇〇虫を考えてハンカチに描くなどのワークショップ、焚き火で仕上げるお料理、コーヒーの飲み比べ、ベーゴマなど、楽しいプログラムを考えました。

秋の始まりを、公園の木の下で過ごしてみませんか。

詳しくはイベント情報をごらんください。

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年7月27日

甘い香りが漂う中、キツネノカミソリ開花!

連日の猛暑の中、木陰を求めてはけの道近くの園路を歩いていると、

ほんのりと甘い香りが漂ってくることがあります。

匂いにつられて、はけの雑木林の方に近づいて見ると・・

s-クサギ

白い花を無数につけ、緑の中に白いカーテンをひいたかのように

見えるのが「クサギ」。

濃い緑の多い夏に彩を添えてくれる植物のひとつです。

 

この花が咲くころに、林の下では、オレンジ色のじゅうたんを

敷いたかのような風景が広がります。

s-キツネノカミソリ

今年もキツネノカミソリが開花しました!

まだ、2~3分咲きといったところ。

 

8月上旬頃には、一面に咲く、こんな様子が見られるはず!

s-キツネノカミソリ1

 

ちょうどその頃、公園では、

長年自然を守る活動をされている市民団体「野川ほたる村」のみなさんと

一緒に、キツネノカミソリと昆虫の観察会を開催します。

●日時:2018年8月4日(土)10:00~12:00

※熱中症の危険のため、あまりに暑い場合には、

時間を短縮する可能性があります。

●集合:都立武蔵野公園おおあずまや

●持ち物:歩きやすい服装、長そで長ズボン(蚊が多いです)、

帽子、飲み物、虫よけ、メモ

 

普段は動植物の保全のために閉鎖している国分寺崖線の森を

特別に公開する予定です!

夏らしい生きものたちにみんなで会いに行きましょう!

イベント,季節の花、緑、生きもの| もやん

2018年7月23日

7月23日はらっぱスポーツ教室 中止のお知らせ

本日予定していた「はらっぱスポーツ教室」ですが、
本日の最高気温予報が35度を超え、熱中症の危険が高いため、
中止させていただきます。

楽しみにしていただいた皆様には大変申し訳ございません。

イベント| ハイジ

2018年7月11日

七夕イベント「星に願いを・・・」

こんにちは!
ここ数日の雨が収まり、猛烈な暑さが戻ってきましたね。
7月7日は七夕でした。
武蔵野公園では7月1日~8日まで事務所前に竹を設置し、
来園者の方に願い事を書いていただきました。
写真1
お母さんに見てもらいながら短冊に自分で願い事を書いていたお子さんもいました。

なんて書いたのかな?

CIMG1271
三世代そろって来園してくださった方や、

写真5

他にもたくさんの方が書いてくださいました。

おかげで竹がとってもカラフルに!

CIMG1281
最終的になんと200人近くの方にご参加いただきました!
ありがとうございました!
写真2

七夕は終日曇り空でしたが、その雲の上で彦星と織姫が会えていたらいいですね。

これから武蔵野公園は真夏になり、昆虫や植物が活気づきます!

ぜひご来園ください。

お待ちしております。

イベント| ちまき

2018年6月18日

イベント中止のお知らせ:6/18はらっぱスポーツ教室

6月18日(月) 午後3時から予定されておりました

はらっぱスポーツ教室は、雨天予報のため中止となりました。

お申込みいただいた皆様、申し訳ございません。

次回は7月23日(月)の開催を予定しております。

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年4月28日

「はけのおいしい朝市vol.99」を開催しました!

4月7日、武蔵野公園で、第99回目となる「はけのおいしい朝市」を開催しました☆

例年2日開催していた内容を、1日に凝縮したため、過去最多の37店舗が出展し、会場は大賑わい!

1b

 

おいしい食べ物、自然の素材を使った手づくりアクセサリーなどの販売や、コックさんになって、おもちゃのお料理作り体験、ハンモックでのマッサージ体験などワークショップも数多くあり、多世代が楽しめるイベントになりました♪

2

3

4

5

 

公園のプログラムでは、レンジャーによる「さくらガイドウォーク」を実施。目で、鼻で、味でさくらの奥ゆかしさを感じてもらいました!

6

 

また、「森の地図スタンプラリー」のスペシャルDAYとして、スペシャルスタンプも設置し、こちらも多くの方に楽しんでいただけました。

7

 

春の陽気な天気の中で、はけ (崖線)を眺めながら、楽しみ、くつろげるイベントとなりました。来場者は、なんと1日当たりでは過去最高の約4,600人でした!

ご参加いただいた皆さま、そして出店してくださった皆さま、ありがとうございました!

8

イベント| たなけ

1 / 812345...最後 »