武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :虫目ちゃん

2018年6月20日

5号トイレ ベビーベッド修理しました

いつも武蔵野公園をご利用いただきありがとうございます。

破損のため使用中止としていたはけの道ぞいの5号トイレの
ベビーベッド、ベビーチェアの修理が終わりました。

ながらくご不便をおかけしました。

CIMG6399

 

注意書き・仕様をご確認いただき、

きれいに使っていただきますようお願いいたします。

 

工事・維持管理のお知らせ| 虫目ちゃん

2018年6月18日

イベント中止のお知らせ:6/18はらっぱスポーツ教室

6月18日(月) 午後3時から予定されておりました

はらっぱスポーツ教室は、雨天予報のため中止となりました。

お申込みいただいた皆様、申し訳ございません。

次回は7月23日(月)の開催を予定しております。

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年6月12日

アカメガシワの香り

武蔵野公園、じゃぶじゃぶ池から野球場に向かうあたりに

アカメガシワの大きな木があり、花のよい香りがしています。

武蔵野アカメガシワ雄花300612

ちょっと香水を思わせる、甘い香り。

目立たない花ですが、この季節には香りで存在に気付きます。

武蔵野0607アカメガシワ

園内には雄株と雌株があり、両方を見比べることができますが、

雄花の方が地味な中にも雄しべが目立って華やかです。

雌株は夏の終わりに艶のある真っ黒な実をつけて鳥を誘います。

甘い香りをお楽しみください♪

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年6月7日

ホタルブクロが咲いています

園内各所で、ホタルブクロの花が咲いています。

釣鐘型の花は野草にしては大きく、見栄えのする植物です。

武蔵野公園ホタルブクロ

園路沿い見られる花は、淡い赤紫色。

飛地公園の坂道ぞいでは白花のホタルブクロが見られます。

6月はちょうどホタルの発生する頃。

ホタルの成虫は食事をしないので、ハチのように花を訪れることはありません。

が、白や赤紫の花の提灯からホタルの灯が漏れる様子は想像すると実にすてき。

良い名のついた植物だと思います。

しばらく見ごろが続きますので、お楽しみください。

 

 

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年6月1日

ボダイジュが見ごろです

武蔵野公園 苗圃のボダイジュが見ごろになりました。

クリーム色の花がたくさん下がっています。

武蔵野公園ボダイジュ

強い匂いではないのですが、顔を寄せると甘い香り!

ハチが香りに惹かれて飛んできています。

意外にもこの花から採れるハチミツは、花の香りというより、

ハーブティーに近い独得の香りになるそうです。

爽やかな初夏の花をお楽しみください。

ボダイジュの花

 

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年5月24日

BBQ広場予約状況のお知らせ

武蔵野公園BBQ広場をご利用いただきありがとうございます。

5月27日(日)のBBQ広場は、定員に達しましたので、予約受付を終了しました。

また、6月3日(日)が、7割ほど埋まってきています。

他の日はまだ余裕があります。

武蔵野公園のBBQ広場は事前予約制です。

利用日の1ヵ月前から予約を受け付けます。詳しくはバーベキューのページをご覧ください。

マナーを守ってバーベキューをお楽しみください。

 

 

園内施設の紹介| 虫目ちゃん

2018年5月23日

ハナビシソウのとんがり帽子

今日は静かな雨の公園、

花壇には恵みの雨です。

初夏の武蔵野公園の花壇で長く咲いているのは、ハナビシソウ。

カリフォルニアポピーとも呼ばれます。

オレンジがかった明るい黄色や白、ピンクが可憐です。

武蔵野ハナビシソウ300523

このお花、蕾がちょっと面白いのです。

咲き終わって種になるところかな?と思うほどしっかり硬く花を覆っている萼が、

帽子を脱ぐように取れて花開きます。

ハナビシソウつぼみ

こちらは半分脱げかけ。

帽子が脱げそうなハナビシソウ

ポピーの仲間は、みな薄い花びらに対してつぼみがごつく、

厚手コートの下からドレープたっぷりの繊細なドレスが出てくるような意外性があるのですが、

この花もとんがり帽子をすぽっと脱ぐような花開きかたがチャーミング!

じゃぶじゃぶ池横の花壇でご覧いただけます。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年5月20日

ボダイジュの葉陰に

武蔵野公園の苗圃で、ボダイジュの花が咲きだしました。

他の花と同じく、今年は例年より咲きはじめが早いようです。

武蔵野公園ボダイジュ300520

花の上には、特徴的な淡い緑色のへら型の葉がついています。

クリーム色の花は、派手ではありませんがとてもよい香り。

園路に近いたくさんつぼみが付いている木はまだつぼみです。

ボダイジュつぼみ

甘い香りを近くで楽しめるのは苗圃の若木ならではです。

来週末あたりが見ごろになりそうです。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年5月8日

ヤマザクラのサクランボ

武蔵野公園のじゃぶじゃぶ池回り、
ヤマザクラの実が赤や紫に熟してきれいなのですが…

地面に実をつけた小枝が、点々と落ちています。

犯人は、カラス!
カラスとヤマザクラ

大きな体で枝につかまって、真剣にサクランボを選び、よく熟した黒い実をぱくり!

カラスと完熟サクランボ

がつがつ食べているうちに、枝先をぽきりと折ってしまうようです。

おいしそうに食べる姿を見て味見をしてみたスタッフもいましたが、
熟した黒い実でも、渋くて苦く、おいしくないそうです!

皆さんマネしないでくださいね♪

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年5月4日

初夏の花、エゴノキ満開です

爽やかな陽気の武蔵野公園、

ハクウンボクに代わって、
エゴノキの白い花が見ごろになりました。

シャンデリアのように下向きにたくさんの小花をつけるエゴノキ。

300504武蔵野公園エゴノキ

5月の陽射しに真っ白な花がまぶしいです。

武蔵野公園で最も高台にある飛び地公園には、

園芸種のベニバナエゴノキもあります。

300504武蔵野公園ベニバナエゴノキ

こちらは淡いピンク色がとても可憐です。

どちらも上品な香りがあり、それも魅力の一つです。

ぜひご覧ください。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

1 / 41234