武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :もやん

2017年7月25日

秋の気配??

ほぼ雨の降らなかった梅雨があけ、

夏らしい暑い日が続いています。

 

夏の空とはけ

公園の北側にひろがる国分寺崖線(はけ)の雑木林には、

雨が少なかったからか、真夏過ぎの生きものたちが

早くも姿を現しています。

 

s-クロカナブン

カナブン?と思いきや、

まっ黒なエナメル質の輝きを持つのはクロカナブン。

カナブンはひと夏ずっと見られますが、

クロカナブンは夏も盛りを過ぎてから、見られるようになる種類です。

今年は少々登場が早いかな??

 

雑木林の林床を見てみると、木々によって強い日差しが和らいだ

木漏れ日の中で、輝くように咲いている色鮮やかな花がありました。

s-アキノタムラソウ

薄むらさき色の小さな花をたくさんつけているのは、アキノタムラソウ。

名前の通り、夏から秋にかけて咲く花で、今年は開花が少々早いようです。

 

s-キツネノカミソリ

一際鮮やかなオレンジ色に輝いているのは、キツネノカミソリ。

もう少しすると一面の群生が見られるようになります。

 

このキツネノカミソリも、普段は8月の上旬ごろに盛りを迎えるのですが、

10日ほど早そうです。

 

今年の夏は、駆け足で過ぎていきそうですので、

公園にいらしたときは、見逃さないよう、夏の昆虫や草花に目を向けてみてください。

 

はけの森は貴重な生きものを保全するため、普段は外から見るしかありません。

そんな貴重な場所を中に入ってみる機会が8月5日にあります!

s-0805観察会_ページ_1

市民団体「野川ほたる村」のみなさんと共催で観察会を実施します。

滅多にない機会ですので、ぜひ一緒にはけの森を探検しましょう!

 

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2017年7月11日

こもれびの中で

武蔵野公園の南西側に位置する、運転試験場北側の雑木林。

センボンヤリやフデリンドウが群生するなど、

公園内でも最も山野草が豊かな場所のひとつです。

 

ところがこの場所、シラカシやケヤキが大きくなり過ぎ、

森が暗くなってしまいました。

s-試験場北園地

そこで、山野草や雑木林らしい樹木を保全するため、

昨年の冬に、大きくなり過ぎた木を間伐。

だいぶ林床に光が届くようになりました。

 

ギンランが数を増やし、これまで記録のなかった絶滅危惧種が確認されるなど、

山野草にはいい効果が表れているようです。

 

この場所に光が入るようになったことで、

その近くにもうれしい変化が!!

 

s-くじら山裏

くじら山裏の樹林にも、こもれびが届くようになりました。

 

光が当たるようになった場所を見てみると・・・。

s-オトギリ群生

チヂミザサの隙間から、ツンツンと頭を出しているのはオトギリソウ。

光を浴びて、一気に芽を出したのか、小さな黄色いつぼみが一面に見られます。

満開までは、あと1週間程度かかりそうです。

 

オトギリ

ちょっと気の早い株が花をつけていました。

薄暗い林床にあって、一際映える鮮やかな黄色ですね!

 

ひとつひとつは小さな黄色い花ですが、これだけの数がまとまって開花すれば、

黄色いじゅうたんのような風景が見られることでしょう。

 

雑木林を吹き抜ける涼しい風を求めて、樹林の中を歩く際には、

こもれびを喜ぶように姿を現した、足元の小さな花にも注目してみてください。

季節の花、緑、生きもの| もやん

2017年4月7日

見てみて!足元のお花見

ソメイヨシノも間もなく満開。

都心よりはやや遅いですが、今週末には楽しむことができそうです。

 

さて、3/28にブログで「つぼみがつきました」と紹介したニリンソウですが、

サクラと同様次々と開花し始めました。

とはいえ、まだまだ2~3分咲きといったところ。

4月中旬頃に見頃を迎えそうです。

 

ニリンソウ群生地からさらに西側へ進むと、

木々を間伐して、明るくなった林が目に入ってきます。

切られた木が痛々しく見えるかもしれませんが、

木々は切られたからといって、死んでしまうわけではありません。

特にカシなどのどんぐりの木は、

根さえ生きていれば、下の図のように「萌芽更新」という方法で、

若く元気な状態で再生してくるのです。

萌芽更新をしないと、どんどん木が大きくなり、森の中は真っ暗に。

色々な草が生えられなくなり、虫は減り、鳥はエサを取りにくくなります。

 

これが昨年夏の様子。

夏の日差しが強い状況でも、真っ暗・・。

サクラは弱り、ギンランなどの植物は数を減らし、

野鳥がエサをとる姿を見ることは少なくなりました。

ここまで大きくなってしまうと、ちょっと手入れをした程度では効果がなく、

思い切った手入れが必要で、雑木林の管理における全国的な課題になっています。

 

そこで、今回の手入れとなったのです。

 

春を迎え、すっかり明るい日差しが入るようになった雑木林を歩いてみました。

さっそく春の山野草が花をつけています。

タチツボスミレや、

センボンヤリ、

シュンランなど。

季節が進めば、キンランやキツネノカミソリなどの再生も期待されています。

 

また、冬鳥たちがせっせとエサをとる姿も!

 

日が入り、明るく暖かくなった林内には、昆虫たちが飛び回っているのでしょう。

落ち葉をひっくり返しながら、ツグミがエサ探し。

林床を埋め尽くすようにエサをついばんでいるのはイカルとシメ。

(黄色いくちばしがイカル。グレーのくちばしはシメ)

 

冬鳥たちは旅立つ体力をつけるため、エサさがしに忙しそうです。

 

武蔵野公園にお花見にいらした際は、

ちょっと足をのばして、雑木林の足元の生きものたちの姿も

ぜひ楽しんでみてください。

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2017年3月28日

ふわふわ舞うけだま?

見ごろとなるサクラもちらほらと増えてきました。

木の下を見ると、サクラに負けじと、早春の草花も次々と顔をだしています。

早くも花を咲かせているのはタチツボスミレ。

もうすぐ青紫色のじゅうたんが広がっているかのような

光景が見られることでしょう。

 

こちらは巨大なムサシアブミの花。

ちょっと葉っぱは寒そうです・・。

 

続いてニリンソウ群生地。

次第に青々としてきました。

そろそろかな?と見てみると、

出ました、つぼみ第一号!こちらは、4月中旬頃には見ごろを迎えそうです。

 

ゆっくり花を眺めていると、小さな虫が落ち葉にとまりました。

この虫の名前はビロウドツリアブ。

名前の通りビロウド状の毛がびっしりと生えていて、

ふわふわした印象を受けます。なんだか暖かそうです♪

 

しばらく見ていると、ホトケノザの花にとまりました。

気温以上の暖かさを感じられる光景ですね。

 

このビロウドツリアブが観察できるのは、1年のうちでも春のうちのみ。

サクラなど春の花々が姿を消すのと時を同じくして、見られなくなります。

このふわふわした毛玉のような昆虫に会えるチャンスは今しかありません!

 

春のおさんぽを楽しむ際には、

ぜひこの時期ならではのかわいい昆虫にも目を向けてみてください。

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2017年2月21日

Stand by OK!

木々の芽吹きはまだまだこれから。

雑木林は見通しのいい状態が続いています。

 

しかし落ち葉の下では、着々と準備が進んでいるようです。

落ち葉のすきまから小さな芽をのぞかせているのはフデリンドウ。

すっかり「開花準備OK!」という状態です。

よく見ると、そこかしこから頭を出しています。

 

サクラの咲くころには、

淡い青紫色のじゅうたんが広がっているかのような光景が見られるようになります。

 

お花見の際には、見上げるだけでなく、ぜひ足元にも目を向けてみてくださいね。

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2016年12月20日

今冬がチャンス!~アトリの木の葉隠れ~~

公園内の紅葉シーズンも終盤戦。

雑木林が一面茶色で染まっています。

 

そんな林の中に目立つようになったのが、北国からやってきた冬鳥たち。

はらっぱに降り立つツグミ、カエデの実をついばむシメなどはそのいい例です。

 

特にこの冬、数が非常に多く目立つのが、この鳥たちです。

淡いオレンジ色が目立つこの鳥はアトリ。

少々色が薄いので、メスでしょうか。

 

こちらは頭などが黒っぽいのでオスのようです。

 

今年はかなりの数の群れが入っており、武蔵野公園以外にも野川公園や

多磨霊園などでもたくさん見られています。

 

それにしても、このハデなオレンジ色、林の中で目立たないのか心配になります。

木の実を食べに地面に降りたので見てみましょう。

 

どこにいるかわかるでしょうか?全部で何羽いるでしょう?

正解は・・・

3羽でした。

落ち葉の中に降りると、こうも目立たなくなるのですね。

一見派手に見える模様も、実は生き残るために計算された色だったのです。

 

普段はこのように目立たない鳥ですが、

この冬は気軽に観察できるチャンスです!

 

公園をおさんぽされる際には、木陰や落ち葉の集まった場所を、

そっとのぞいてみてください。

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2016年11月22日

野球場の冬のヌシ??

秋が深まり、公園の木々が赤や黄色に染まってきています。

この時期になると、北の国から、冬鳥たちがわたってきます。

 

最近見ることが多くなってきたのが、このツグミ。

長旅でつかれたのか、木の上で休んでいるところをよく見かけます。

 

ところで、武蔵野公園には大小2つの野球場があり、

土日は子どもたちをはじめ、たくさんの人でにぎわっています。

しかし、平日の日中は静かなもの。

 

ツグミをしばらく観察していると、サッと野球場の中に舞い降りていきました。

そっと見ていると、サッ、サッ、サッ、と次から次へと舞い降りていきます。

次から次へと増えていき、まるで守備位置についているかのよう。

最終的には13羽にも!野球をやるには、ちょっと数が多いですよ・・。

 

実は、ツグミははらっぱの草の隙間から、エサとなる昆虫を見つけるのが得意なので

冬の間、広場に集まっている姿がよく見られます。

 

はらっぱの普段の常連、ハクセキレイはちょっと肩身が狭そう・・?

「ちぇっ・・」と言ってそうな雰囲気です。

 

晴れた暖かい日は特にねらい目です。

 

子どもたちが使っていない日には、

冬の野球場のヌシたちが守備位置についている姿を、ぜひのぞいてみてください。

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2016年9月12日

帰ってきたよ!

台風が過ぎ去り、なんとなく秋の気配が色濃くなってきました。

セミよりもコオロギの声がよく聞こえるようになってきています。

 

涼しげなコオロギの声に聴き入っていると・・・

「ケレケレケレケレケレ~~~~~~!!」

コオロギの声をかき消すような大声が響き渡ります。

いました!モズです。

夏の間、涼しい山の上にいたモズが帰ってきたようです。

 

ん?ぼくのこと見てる?

 

こちらはメス。

かわいげな様子を見ていると・・・。

 

「ケレケレケレケレケレ~~~~~~~!!」

「なによ!私のなわばりよ!」と言わんばかり。

 

どうやら、ちょっとおこられてしまったようです・・・。

 

この声は高鳴きといって、冬越しをするためのなわばりを確保するために、

オスもメスもせいいっぱい鳴き声を張り上げます。

今年はちょっと早く始まっているように感じます。

 

モズの高鳴き七十五日

(モズの高鳴きを聞いてから、およそ75日後に初霜がおりるという目安)、

と言いますが、今年の冬は少し早めにやってくるかもしれませんね。

季節の花、緑、生きもの| もやん

2016年8月19日

物思いにふける・・

野川沿いを歩いていると、日差しの強さは夏真っ盛り!!

 

暑い最中ですが、川岸に吹いてくる風は気持ちがいいもの。

ざわざわとゆれるオギの草むらには思わず見入ってしまいます。

ちょっと休憩・・とオギの根本に腰掛けると、

根本になにやら薄桃色の塊が。

 

小さいので、よく見ないとわからないかも??

 

ちょっと拡大・・

ピンク色のなかなかかわいい花です。

この花の名前はナンバンギセル。

ススキやオギなどから栄養をもらって生きているため、

これらの根本でこの時期に見ることが出来ます。

 

ちょっと頭が重そう・・?

万葉集の時代には、この姿を見て、

「物思いにふける秋。この花もそうしているのだろう」と

「オモイグサ」と呼ばれていたそうです。

 

川面をぬける秋風に吹かれながら、物思いにふけっていると、

この小さな花も一緒に考えてくれているように、感じられるかもしれません。

 

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

2016年8月6日

ちょっきりはじめました

夏本番!暑い日が続きますね。

 

この時期にどんぐりの木の陰で休んでいると、

ぽとり、ぽとりと、枝が落ちてくることがあります。

う~~ん、ちょっと多すぎ・・。

 

そんなに風も強くないのに・・?

前の日のゲリラ豪雨の影響でしょうか?

 

よく見ると、すべての枝にどんぐりがついています。

 

さらによく見ると、枝の根本は、

ハサミでやられたかのように「切られて」います。

 

そして、どんぐりを調べると、不自然な黒い点・・。

 

誰のシワザ・・?と思い、木を見上げると、

いました!!

口の長いこの虫の名前は、「ハイイロチョッキリ」。

 

しばらく見ていると、長い口をどんぐりに挿し込みはじめました。

ご~~りごり。

まるでドリルのようです。

 

この穴を開けたあと、どんぐりの中に卵を産み付け、

最後に名前の通り「ちょっきり」と切り落とします。

 

ハイイロチョッキリは、大きさ1cmほどの小さな種類です。

どんぐりを拾って持って帰ったら、中から白い虫がでてきた!

な~~んて経験のある方がいたら、それはこの虫や近い仲間のオトシブミの幼虫。

 

どんぐりが生長すると硬くなってしまい、幼虫が出てこられなくなってしまうため、

親チョッキリが柔らかいうちに卵を産み、

硬くさせないために切り落とすと言われています。

 

落ちている枝を見つけたら、そっとどんぐりを見てみてください。

小さな黒い穴が開いていたら、

それはチョッキリが愛情込めてつくったゆりかごかもしれません。

 

ゆりかごは、観察したら、そっとやわらかい土の上に戻してあげてくださいね!

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 3123