武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2018年8月5日

一致団結!猛暑に負けない!

s-酷暑

暑い・・・

本日も11時の時点で35℃を超えています。

みなさま、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

 

s-じゃぶ池

人気施設「じゃぶじゃぶ池」は今日も大盛況!

(9:00~16:00までお楽しみいただけます)

 

涼を求めるのは人間だけではないようです。

s-暑がりカラス

「あっつい・・・」

普段は機敏な動きのハシボソガラスも、木陰で涼んでいます。

口を半開きにして、暑苦しそう・・。

 

s-モンスズメの巣

園内のサクラの木のウロで、モンスズメバチの巣が見つかりました。

※公園内では、来園者のみなさまに影響があると思われる場所で

巣が見つかった場合には、早急に対策をします。

見つけても不用意に近寄らず、公園管理所にお知らせください。

(武蔵野公園サービスセンター:042-361-6861)

※ただし、スズメバチも生態系の重要な一員ですので、

人に被害が及ばない場所で見つかった場合には駆除は行いません。

その際は離れてそっと見守ってあげてください。

 

その巣を少し観察していると・・

s-巣の入口に・・

巣の入り口に、数匹のモンスズメバチが陣取っています。

あれ?怒らせてしまったかな・・?

よく見ると、どうやら違うようです。

 

s-ひたすら扇ぐ!

実は、猛烈な勢いで、翅を動かしていたのです。

中央の個体の周りで、写真がブレているのが、

翅を高速で動かしている様子です。

 

2~3匹のハチが入れ替わり立ちかわり、

巣の中に向かって羽ばたいています。

実は、ハチの仲間は暑さに弱く、あまりの高温にさらされると

幼虫も成虫も、みんな死んでしまいます。

 

そこで、暑さが厳しい時期には、順番で巣の入り口に陣取り、

巣の中に風を送る。こうしてみんなで暑さをしのぐ習性があるのです。

 

s-おかえりなさい

仲間が帰ってくると、一旦扇ぐのをやめます。

触角を合わせてなにやらコミュニケーションをしているようです。

「暑い中外回りごくろうさま」

「そちらこそ、涼しくしてくれてありがとう」

そんな言葉が聞こえてきそうな様子です。

 

人間も生きものも、今年の酷い暑さをどうにかして

やり過ごそうとしているのはみな同じ。

 

生きものたちの様子をじっくり観察すれば、

涼しく過ごせる方法が見つかるのかもしれませんね!

季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 11