武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2017年10月3日

秋の夜に耳をすませて

皆さんは、公園でそっと目を閉じ、耳をすませてみたことはありますか?

親子が楽しそうに笑っている声、鳥のさえずり、大合唱するセミ。

昼間にそっと耳をすませてみると、明るく賑やかな「音」が聞こえてくるはずです。

夕闇が迫り、薄暗くなってくると、公園の「音」は一変します。

そんな秋の夜の「音」に耳を澄ませてみるプログラム、「鳴く虫を聞く集い」を9月9日に開催しました。

本プログラムは、地域で昆虫など自然環境保全に長年取り組んでいる市民団体「野川ほたる村」が毎年秋に開催していたプログラムで、今年で24回目。

秋の夜には、どんな「音」が聞こえてくるでしょうか?

P9091291

秋の夜の「音」と言えば、コオロギなどの秋の鳴く虫。

こういう虫の観察は「目」ではなく、主に「耳」で行います。

しかし、木々や草が風でざわめいたりしている中、

小さな鳴く虫の声を聞き分けるのは至難の業。

まずは全員で目をつぶり、耳を傾け、聞こえる音に集中!

聞き分けの特訓です♪

P9091310

皆さんは何種類の音が聞こえたでしょうか??

「3種類聞こえた!」というつわものもいましたが、

「1種類?う~~~ん???」という方がほとんど。

今回のプログラムで、ぜひ聞く力を養ってみるとしましょう♪

まずは野川沿いをゆっくり歩き、虫の声に耳を傾けてみます。

音を頼りに虫を探すと・・・

いたいた!小さなツヅレサセコオロギ!

P9091329

こんなに小さいのに、あんなに大きな声を出すの!?

驚きの声があがります。

そこで、パークレンジャーが虫の鳴き方について解説

P9091295

~音を出すのは何のため?

~どこから音を出しているの?

暗くて写真には写りませんでしたが、

翅を震わせて実際に鳴いている姿も観察できました。

P9091332

実際に観察しながら学べると、納得できますね♪

だいぶ聞きなれてきたところで、今日の主役に会いに行きます。

「小金井市の虫」に指定されている「カンタン」

7

この虫は、公園内では野川沿いの一部と、

くじら山はらっぱにある保全地にしか生息していません。

長年ほたる村をはじめとする地域のみなさんが守り、育んできた場所です。

昼間に見ると、背の高い草がこんもりとまとまっている、

緑の島のような場所です。

8

「リュリュリュリュリュ・・・・・・」

小金井市のシンボルになったいきさつなど、野川ほたる村の上原村長の解説を聞きながら、

高い草の中から聞こえる優雅な音に、しばらく聞き惚れてしまいました。

観察会終了時にもう一度目をつぶり、音に耳を澄ませます。

P9091340

なんと、観察会初めにやった時より、多くの鳴き声を聞き分けられるようになったという人が大勢!

9割以上の方が同時に3種類以上を聞き分けることができるようになっていました。

鳴く虫の声を美しいと感じ、楽しむ風習は、

日本人をはじめ東アジア特有の文化だと言われています。

もしかしたら、みなさんの中に眠る鳴く虫を楽しむ能力が

呼びさまされたのかもしれませんね!

ご参加されたみなさま、ありがとうございました!

皆さんも、散歩の途中で少し立ち止まり、一度耳をすませてみてください。

公園の自然は、普段とはすこし違った世界を感じさせてくれるかもしれませんよ。

その他,イベント,園内施設の紹介| たなけ

1 / 11