武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2017年9月28日

母はたくましいのです

台風のあと、武蔵野公園の雑木林では、

木々の落し物が目立つようになりました。

 

コナラの木の根本では・・

s-コナラ

園路中に何かがおちています。

 

超大量のどんぐり!

s-大豊作

う~~ん、大豊作♪

 

コナラ以外にも、たくさんのどんぐりがあるのですが、

そのうちひとつを見てみると・・。

 

s-クヌギとシギゾウと

まんまるなクヌギのどんぐりにゾウムシがいました。

このゾウムシは「クヌギシギゾウムシ」

 

近くの園路の上では・・。

s-長い口でご~りごり

長い口をつかって、どんぐりに穴をあけていました。

 

実は、このゾウムシは産卵を控えたメスのゾウムシ。

硬いどんぐりの中に卵を産むため、

長い口をドリルのように使って、穴をあけていたのです。

 

身体をひねってご~~りごり。

s-身体をひねってご~りごり

 

ちょっと身体を浮かせて、深さ調整して、ご~~りごり。

s-深さを微調整~

 

人間も工作でどんぐりコマを作るときに穴をあけたりしますが、

千枚通しや爪楊枝をつかって、ひと苦労するもの。

 

それをこの小さな身体でやってのけてしまう。

母は強しですね!

 

風の強い日は、たくさんのどんぐりが地面に落ちてしまうことがあります。

その中には、母ゾウムシが一生懸命に産卵したものが混じっているかも?

 

公園をご利用の際は、足元のどんぐりを探してみてください。

もし、踏まれてしまいそうなものがあったら、そっと端によけてあげてくださいね。

季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 11