武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2017年9月28日

母はたくましいのです

台風のあと、武蔵野公園の雑木林では、

木々の落し物が目立つようになりました。

 

コナラの木の根本では・・

s-コナラ

園路中に何かがおちています。

 

超大量のどんぐり!

s-大豊作

う~~ん、大豊作♪

 

コナラ以外にも、たくさんのどんぐりがあるのですが、

そのうちひとつを見てみると・・。

 

s-クヌギとシギゾウと

まんまるなクヌギのどんぐりにゾウムシがいました。

このゾウムシは「クヌギシギゾウムシ」

 

近くの園路の上では・・。

s-長い口でご~りごり

長い口をつかって、どんぐりに穴をあけていました。

 

実は、このゾウムシは産卵を控えたメスのゾウムシ。

硬いどんぐりの中に卵を産むため、

長い口をドリルのように使って、穴をあけていたのです。

 

身体をひねってご~~りごり。

s-身体をひねってご~りごり

 

ちょっと身体を浮かせて、深さ調整して、ご~~りごり。

s-深さを微調整~

 

人間も工作でどんぐりコマを作るときに穴をあけたりしますが、

千枚通しや爪楊枝をつかって、ひと苦労するもの。

 

それをこの小さな身体でやってのけてしまう。

母は強しですね!

 

風の強い日は、たくさんのどんぐりが地面に落ちてしまうことがあります。

その中には、母ゾウムシが一生懸命に産卵したものが混じっているかも?

 

公園をご利用の際は、足元のどんぐりを探してみてください。

もし、踏まれてしまいそうなものがあったら、そっと端によけてあげてくださいね。

季節の花、緑、生きもの| もやん

2017年9月24日

サクラ倒木!

こんにちは。

7月来ご無沙汰しておりました、じゃぶじゃぶ池のヤマザクラです。sakura2

 

先日の台風でみはらし坂沿いのサクラの木が倒れました。

さらに園内でもう1本サクラが倒れました。

私とほぼ同い年くらいのおじいちゃんザクラで、また私の同士が

いなくなってしまい悲しんでおります。(泣)

 

幸いにも道路に倒れず、皆様へご迷惑をかけなくてよかったです!

公園の管理人さんによると、根っこが腐ってほとんどなくなっていた

そうで、私と同じくいろいろ治療してもらう前に倒れてしまったそうです。

残念な限りです。。

CIMG5288CIMG5301CIMG5307

 

 

 

 

 

 

 

季節の花、緑、生きもの| 番長

2017年9月16日

秋晴れの武蔵野公園。木の下では…

9月に入り、徐々に季節が秋に移り変わり、過ごしやすい気温の今日この頃ですね。

そんな木の実が色づき始めた木々の下で、9月10日、武蔵野公園では「むさしのカレッジ」を開催しました!むさしのカレッジのコンセプトは、「暮らしの中で自然とのつながりを育む場」。

今回は「木の下で新しく見つける」をテーマに、公園の自然の中で、実行委員会のみなさんと企画した様々なプログラムを行いました!

1

 

こちらは、ヤマコヤ やまさき薫さんによる「○○むしをつくろう!」。

2 3

 

公園の自然素材をベースに、新発見の虫を作るワークショップです。

事前に、パークレンジャーのガイドウォークで間近で虫に触れることができたため、子どもたちはみんな、制作意欲いっぱい☆

4

 

公園にいて欲しくなるような素敵な○○虫を作ってくれました!

56

 

アヤキッチンさんの「葉っぱdeクッキング」では、ホオの葉を使ったお料理づくり♪

7

 

ホオの葉には独特の香りがあり、西日本では包焼き等で使われるそうです。

参加者の方々は皆初体験だそうで、子どもたちだけでなく大人も興味津々の様子でした!

8

美味しそうなご飯が出来ました☆

910

 

珈琲屋台 出茶屋さんによる「きき珈琲」では3種類のコーヒーを飲み比べ体験!さわやかな木々のふもとで飲む、香り豊かなコーヒーには自然と笑みがこぼれますね♪

11

 

時代が変わっても男の子たちに大人気なのはやはり「ベーゴマ遊び」。ヤマコヤのテラコヤさんが、初心者にもわかりやすく教えてくれました。

お子さんに紛れてお父さんの楽しむ姿もたくさんありました!

12

 

「OUTDOOR READING」では、絵本の読み聞かせ…

 

…ならぬ、“歌い聞かせ”!

YOURS BOOK STOREのみなさんが、ギターや打楽器を使って、みんなが知っている絵本を楽しく歌って聞かせました。小さなお子さんとお母さんに大人気で、会場の雰囲気をさらに盛り上げてくれました!

1314

 

秋の涼しげな公園の木の下で、地元の方々と来園者が触れ合い、楽しんだむさしのカレッジは、大成功で終わりました☆

参加された皆さん、運営にご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました!

15

 

※公園では、今後も様々なイベントを開催いたします。詳細は公園の掲示板やHPで是非ご確認ください。

 

イベント| たなけ

2017年9月10日

「夏の昆虫と草花に親しもう」開催!

8月5日に武蔵野公園にて、イベント「夏の昆虫と草花に親しもう」を開催しました!

野川ほたる村の皆さんとパークレンジャーと一緒に武蔵野公園を歩き、

昆虫や植物を観察しながら国分寺崖線の自然を楽しむイベントです。

26名の方にご参加いただきました!

武蔵野夏の昆虫1

観察会がはじまってさっそく草むらで虫探し!

さあどんな虫たちとの出会いが待っているでしょうか?

武蔵野夏の昆虫2

最初に捕まえたのはオンブバッタ。

パークレンジャーの解説に、子どもたちも聞き入っています。

武蔵野夏の昆虫3

こっちはひらけた原っぱ!ここにもたくさんの虫たちがいます。

みんな虫捕りに大忙し!

武蔵野夏の昆虫4

「みてみて!つかまえた!」

大きなショウリョウバッタを捕まえました!

さっきの草むらとは違った虫たちがいて、新しい発見がいっぱいです。

武蔵野夏の昆虫5

お次は雑木林の中に入っていきます。

みんな木の幹を見ています。何がいるのかな?

武蔵野夏の昆虫6

「ス、スズメバチだ!!」

樹液をなめるのに夢中のようです。

これはモンスズメバチ。スズメバチたちは樹液が出る場所をかじって、

もっと樹液が出るように穴を広げます。するとカブトムシやチョウなど、

樹液が好きな虫たちもたくさん集まります。

スズメバチたちも他の虫や生きものたちにとって大切な存在なんです。

 

武蔵野夏の昆虫7

 

歩いている途中に地面に何かを見つけました。

実はパークレンジャーがつついてるものは、タヌキのフン。中にビニール袋のかけらが入っていました。

おそらく人が捨てたごみを食べてしまったのでしょう。こうしたごみを食べてしまい、

体の中に詰まって死んでしまうものも中にはいます。

「このタヌキはおなかが痛かったかもしれないね。」というパークレンジャーの言葉に、

子どもたちも悲しそうな顔を浮かべていました。

武蔵野夏の昆虫8

そして雑木林の奥では、キツネノカミソリがちょうど見頃をむかえ、

見事に咲きほこっていました!

武蔵野夏の昆虫9

皆さんカメラを取り出し、キツネノカミソリ撮影会の始まりです♪

こんなにたくさんのキツネノカミソリの群生が見られるのも、

豊かな国分寺崖線の雑木林が守られているからこそですね!

武蔵野夏の昆虫10

最後はみんなで記念撮影♪

子どもから大人まで様々な方に楽しんでいただくことができ、大好評でした!

参加していただいた皆さんからは「自然を守ることの大切さを教えてもらえた!」「ぜひ定期的に開催してください!」などの嬉しいお声をいただきました♪ありがとうございました!

 

イベント| 豆ころがし

1 / 11