武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2017年7月25日

秋の気配??

ほぼ雨の降らなかった梅雨があけ、

夏らしい暑い日が続いています。

 

夏の空とはけ

公園の北側にひろがる国分寺崖線(はけ)の雑木林には、

雨が少なかったからか、真夏過ぎの生きものたちが

早くも姿を現しています。

 

s-クロカナブン

カナブン?と思いきや、

まっ黒なエナメル質の輝きを持つのはクロカナブン。

カナブンはひと夏ずっと見られますが、

クロカナブンは夏も盛りを過ぎてから、見られるようになる種類です。

今年は少々登場が早いかな??

 

雑木林の林床を見てみると、木々によって強い日差しが和らいだ

木漏れ日の中で、輝くように咲いている色鮮やかな花がありました。

s-アキノタムラソウ

薄むらさき色の小さな花をたくさんつけているのは、アキノタムラソウ。

名前の通り、夏から秋にかけて咲く花で、今年は開花が少々早いようです。

 

s-キツネノカミソリ

一際鮮やかなオレンジ色に輝いているのは、キツネノカミソリ。

もう少しすると一面の群生が見られるようになります。

 

このキツネノカミソリも、普段は8月の上旬ごろに盛りを迎えるのですが、

10日ほど早そうです。

 

今年の夏は、駆け足で過ぎていきそうですので、

公園にいらしたときは、見逃さないよう、夏の昆虫や草花に目を向けてみてください。

 

はけの森は貴重な生きものを保全するため、普段は外から見るしかありません。

そんな貴重な場所を中に入ってみる機会が8月5日にあります!

s-0805観察会_ページ_1

市民団体「野川ほたる村」のみなさんと共催で観察会を実施します。

滅多にない機会ですので、ぜひ一緒にはけの森を探検しましょう!

 

 

季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 11