武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵野公園 オフィシャルブログ

2017年7月11日

こもれびの中で

武蔵野公園の南西側に位置する、運転試験場北側の雑木林。

センボンヤリやフデリンドウが群生するなど、

公園内でも最も山野草が豊かな場所のひとつです。

 

ところがこの場所、シラカシやケヤキが大きくなり過ぎ、

森が暗くなってしまいました。

s-試験場北園地

そこで、山野草や雑木林らしい樹木を保全するため、

昨年の冬に、大きくなり過ぎた木を間伐。

だいぶ林床に光が届くようになりました。

 

ギンランが数を増やし、これまで記録のなかった絶滅危惧種が確認されるなど、

山野草にはいい効果が表れているようです。

 

この場所に光が入るようになったことで、

その近くにもうれしい変化が!!

 

s-くじら山裏

くじら山裏の樹林にも、こもれびが届くようになりました。

 

光が当たるようになった場所を見てみると・・・。

s-オトギリ群生

チヂミザサの隙間から、ツンツンと頭を出しているのはオトギリソウ。

光を浴びて、一気に芽を出したのか、小さな黄色いつぼみが一面に見られます。

満開までは、あと1週間程度かかりそうです。

 

オトギリ

ちょっと気の早い株が花をつけていました。

薄暗い林床にあって、一際映える鮮やかな黄色ですね!

 

ひとつひとつは小さな黄色い花ですが、これだけの数がまとまって開花すれば、

黄色いじゅうたんのような風景が見られることでしょう。

 

雑木林を吹き抜ける涼しい風を求めて、樹林の中を歩く際には、

こもれびを喜ぶように姿を現した、足元の小さな花にも注目してみてください。

季節の花、緑、生きもの| もやん

1 / 11