武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

2018年8月21日

センニチコウの花はどこ?

武蔵国分寺公園の花壇では、センニチコウの花が見頃です!
DSC_4180DSC_0733

ヒユ科の一年草であるセンニチコウは暑さに強く、夏の花壇の定番種。次々に新しい花を咲かせる、元気な植物です。
また、ドライフラワーにしても色があせにくいため、人気があります。
DSC_4123

さて、このセンニチコウ、花のように見える紫色の部分は、実は「苞(ほう)」もしくは「苞葉(ほうよう)」と呼ばれる、葉が変化したものです。では、本当の花はどこにあるのでしょうか?
その答えは、虫たちが教えてくれます。
花を訪れたのはヤマトシジミとイチモンジセセリ。
DSC_4002_00009bDSC_4047_00004

彼らをよく観察していると、ストローのような細長い口、口吻(こうふん)をあちこちにつんつんと当てて、蜜を探しています。
そして、探し当てたその場所は、「苞」の隙間にある、小さな小さな明るい黄色の部分。これがセンニチコウの、本当の花なんですね!
DSC_4056_00007b

花壇では、ジニアの花なども見頃となっています!
こちらは、6月に行ったイベント「ちょいボラDAY」で植えた、たねダンゴから育ったものです。たねダンゴを植えた花壇では、夏から秋にかけていろいろな花が咲いていきますので、お楽しみに!
DSC_3707bDSC_4133b

季節の花、緑、生きもの| ゴマちゃん

2018年8月10日

キツネノカミソリ開花しました!

今年も野鳥の森ゾーンに、キツネノカミソリが開花しました!

ヒガンバナの仲間で、オレンジの花を咲かせます。

IMGP8015

なんとも興味深い名前ですが

細長い葉の形がカミソリに似ていることが名前の由来だそうです。

 

そして特徴なのが、開花時期には葉がないことです。

葉は花が咲く前に枯れてしまうので同時に見られないのが残念ですが

葉が伸びる春頃に観察するのも楽しいかもしれませんね。

 

※キツネノカミソリは生育環境の減少から現在では少なくなっている植物です。

くれぐれも採って持ち帰ったりしないようにお願いします。

また、野鳥の森のロープ柵内への立ち入りはご遠慮ください。

季節の花、緑、生きもの| カラミ―

2018年6月14日

ノウゼンカズラの回廊

鮮やかなオレンジ色の花。
ノウゼンカズラが開花しました!

DSC_9716
公園内にある「ノウゼンカズラの回廊」。
花を楽しめるだけでなく、
日をよけられる涼しい散策路になっています。

DSC_9697
つる性の植物であるノウゼンカズラは、
しっかりと支柱にからみつき、
その葉で緑のカーテンをつくっています。

DSC_9704
まだまだ開花が続き、花が増えていく見込みですので、
しばらくの間、たっぷりとノウゼンカズラをお楽しみください♪

DSC_9666
現在、公園のあちこちで、アジサイの花も見頃となっています。
こちらもあわせてお楽しみください。

DSC_9764
ご来園お待ちしております!

季節の花、緑、生きもの| ゴマちゃん

2017年8月22日

ほろ酔いのスイフヨウ

武蔵国分寺公園南東口を彩るムクゲがきれいです。

国分寺ムクゲ

 

ムクゲは園内にたくさんあるのですが、

よく似たフヨウの木は1本だけしかありません。

サービスセンター口の近くのスイフヨウで、こちらも見ごろです。

スイフヨウは、酔芙蓉と書きます。

朝の花は上向きで真っ白。

朝のスイフヨウ

夕方になるとだんだん薄紅色になり、前日のしおれた花は濃いピンクになります。

この色の変化を、酔っ払って赤くなる様子に例えた名前です。

朝の純白の花もいいですが、昼過ぎ、

すこしずつ淡いピンクに変わってきた花も美しいです。

午後のスイフヨウ

 

ほろ酔い加減のスイフヨウ、お楽しみください。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2016年8月6日

夏の花 ノウゼンカズラ

毎日暑いですね。

 

武蔵国分寺公園では、夏にピッタリな花

 

ノウゼンカズラが見ごろです。

 

 

真っ青な夏空に、まぶしいくらいのオレンジ色が映えます。

 

花のカタチもラッパのようで、目を楽しませてくれ

 

太陽に向かい力強く咲いているノウゼンカズラを見ていると

 

とても元気が出てきます。

 

 

 

広い芝生で遊んだあとは、ノウゼンカズラの木陰で、

 

自然の風を感じながら休まれるのも気持ちよいですよ。

 

 

皆さまのお越しをお待ちしております♪

季節の花、緑、生きもの| カラミ―

1 / 11