武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

公園プロフィール

■名称
武蔵国分寺公園(むさしこくぶんじこうえん)
■所在地
国分寺市泉町二丁目・西元町一丁目
■詳しい公園情報はこちら

武蔵国分寺公園オフィシャルページ

< 2月 2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

むさしのの都立公園

東京都スポーツ施設 予約管理システム

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ
季節の花、緑、生きもの

2017年3月24日
早咲きの桜

春の国分寺公園、

ソメイヨシノに先駆けて、トウカイザクラが見ごろです。

園内東側に何本かありますが、特にきれいなのは

泉地区北東口の1本。

園内他には、泉地区南東口のハナノキが満開です。

とても小さい花で気が付かない方も多いのですが、

線香花火を思わせる小花で枝先が赤く染まった様子は、

なかなか風情があります。

春の空気を感じながら、公園でピクニック、いかがでしょうか?

 

 

 

季節の花、緑、生きもの虫目ちゃん

2017年3月11日
芽吹きの季節

日中の日差しはすっかり春。

園内の樹木も次々と芽吹きだしました。

 

ハクモクレンは、陽気に誘われて次々花が咲きだしました。

みな同じ向きに開くのは、日当たりのよい南側からふくらんでくるから。

自然のコンパスです!

 

新芽の芽吹きも次々と始まりました。

こちらは、ナツツバキの新芽。

美しい銀色です。

こちらはカリンの芽吹き。

うっすら紅色。

葉が大きく開いて葉緑素が増えてくると、

新芽の独得の美しい色あいは消えていきます。

今だけの楽しみを探しに早春の公園に来てみませんか?

 

季節の花、緑、生きもの虫目ちゃん

2017年2月13日
カワヅザクラ咲く

立春が過ぎ、まだまだ寒さ厳しい毎日ですが

園内はウメが咲き、サービスセンター裏のカワヅザクラも咲きました。

 

昨年より、早い開花となっています。

 

 

花の少ないこの時期に、濃い桃色が鮮やかさを放ってくれます。

開花時期も一か月と長く、目を楽しませてくれるでしょう。

 

ぜひ、公園へ遊びにいらしてください

お待ちしてま~~~す!!

季節の花、緑、生きものカラミ―

2017年1月20日
梅咲きました!

寒さ厳しい中ですが

公園のウメが咲きだしました。

 

サービスセンター横の白梅

 

 

円形広場北西側付近の紅梅も華やかに咲いています。

 

 

私の大好きなギンヨウアカシアのつぼみも黄色くなってきました。

 

 

可愛い!!!!!

近くでよく見ると、つぼみはこんなカタチをしています。

 

 

そして、日陰でもこんな可憐にまぶしい色を放っている

サザンカを見つけました!

 

 

少しずつですが、春の足音が聞こえてきそうです♪

季節の花、緑、生きものカラミ―

2016年11月17日
ハナノキの紅葉

武蔵国分寺公園 南東口の秋のシンボルツリー、

ハナノキの紅葉が見ごろになりました。

紅葉する樹木はたくさんありますが、

この木の紅葉のピークは本当に見事です。

燃えるような赤が見られる期間は短く、今週末がピークと思われます。

ぜひ、19日~20日のぶんぶんウォークとあわせてお楽しみください。

 

 

季節の花、緑、生きもの虫目ちゃん

2016年10月29日
不思議なペンダント

爽やかに秋風が吹く国分寺公園内、

ムクゲの枝からぶら下がって揺れているものがありました。

 

クモの卵かな?と手に取ってみると、白地に黒の幾何学的な模様。

5ミリほどの長さの俵型で、不思議な模様のビーズのようです。

調べてみると、ホウネンタワラチビアメバチの繭のようです。

ホウネンタワラ=豊年俵。

チビアメバチの仲間はイネの害虫になるイモムシに寄生するので、

このハチが多いと豊作になるから豊年俵と言う説があるそうです。

 

この繭は20㎝以上もある長い糸でぶら下がっていました。

長く糸を出してぶら下がってから繭を作るのでしょうが、

さぞかし不安定な状態のはず。不思議な習性です。

ぶらぶら揺れるので天敵に襲われにくいのでしょうか?

 

公園には、不思議な昆虫がいっぱいいます。

皆さんも虫目になって見つけてください♪

 

 

 

 

季節の花、緑、生きもの虫目ちゃん

2016年8月15日
園内情報mini更新しました

園内情報miniを更新しました。

今回のテーマは、「武蔵の池のトンボさがし」です。

 

 

 

トンボの特徴や、武蔵の池のココでトンボにあえるよ!

を、ご紹介しています。

武蔵の池まわりで、本物のトンボを探してみてね♪

 

また、サービスセンターでは、トンボをはじめ、

季節ごとのレンジャーミニ図鑑を配布しております。

どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。

季節の花、緑、生きものカラミ―

2016年8月6日
夏の花 ノウゼンカズラ

毎日暑いですね。

 

武蔵国分寺公園では、夏にピッタリな花

 

ノウゼンカズラが見ごろです。

 

 

真っ青な夏空に、まぶしいくらいのオレンジ色が映えます。

 

花のカタチもラッパのようで、目を楽しませてくれ

 

太陽に向かい力強く咲いているノウゼンカズラを見ていると

 

とても元気が出てきます。

 

 

 

広い芝生で遊んだあとは、ノウゼンカズラの木陰で、

 

自然の風を感じながら休まれるのも気持ちよいですよ。

 

 

皆さまのお越しをお待ちしております♪

季節の花、緑、生きものカラミ―

2016年7月30日
武蔵の池にカイツブリあらわる!!

昨年度に大掃除をして、とってもきれいになった武蔵の池。

 

島が石組みになり、のぼりやすくなったためか、

カルガモの親子が例年以上によく見られます。

 

 

ほほえましい親子の姿をゆっくり見ていると、

ヨシやハス、ガマが茂る島の奥で

バチャバチャしている小さなカモがいます。

 

 

 

なにか違和感が・・ちょっと目つきがワルイ??

小さな潜水士 【カイツブリ】 でした。

 

目つきが悪いなって言っていましたが、

よ~くみるとかわいい姿です。

 

 

う~~ん、気持ちよさそう~~

 

カイツブリは、今回はじめて、武蔵の池で確認しました。

 

 

見かけによらず大食らいなカイツブリは、

魚など小さな生きものがたくさんいる池が大好き。

器用に水にもぐり、たくさんの魚をつかまえては、たいらげていきます。

 

 

武蔵の池の島を石組みにしたりして、

生きものが棲みやすい環境を整えたことで、

魚が増えたから来てくれたのでしょうか。

 

 

これからも、ちょいちょいやって来てほしいものです♪

季節の花、緑、生きものカラミ―

2016年6月25日
ムクゲ(槿)

梅雨まっただなか

 

公園の各所では、梅雨の花 『アジサイ』 も見ごろですが

正面口、ふれあい橋付近の

『ムクゲ』 も華やかに咲いています。

 

 

ムクゲはアオイ科フヨウ属の植物で、フヨウやハイビスカスなども

同じ仲間になります。

 

ハイビスカスは花の色も赤やピンク色で鮮やか

南国のイメージがあるので

ムクゲと比べると見分けはつきますが

フヨウと見比べると少しわかりづらいです。

 

 

でも・・・

かんたんにわかります!

 

ムクゲの葉っぱは、小さくて手のひらにすっぽりと入り、

縁のギザギザ(“きょし”といいます)が目立って

濃い緑色をしています。

 

フヨウの葉っぱは、ムクゲよりずっと大きく、

手のひらからはみ出すくらい

縁のギザギザもあまり目立ちません。

色もうすい緑色をしています。

 

また、花は短命で

朝咲いたらその日の夕方にはしぼんでしまう

一日花ですが

秋まで次々と花を咲かせて目を楽しませてくれます。

 

違いを観察してみるとおもしろいですよ。

季節の花、緑、生きものカラミ―

Copyright musashinoparks.com All rights reserved.
サイト上へ