武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

1 / 1412345...10...最後 »

2018年8月21日

センニチコウの花はどこ?

武蔵国分寺公園の花壇では、センニチコウの花が見頃です!
DSC_4180DSC_0733

ヒユ科の一年草であるセンニチコウは暑さに強く、夏の花壇の定番種。次々に新しい花を咲かせる、元気な植物です。
また、ドライフラワーにしても色があせにくいため、人気があります。
DSC_4123

さて、このセンニチコウ、花のように見える紫色の部分は、実は「苞(ほう)」もしくは「苞葉(ほうよう)」と呼ばれる、葉が変化したものです。では、本当の花はどこにあるのでしょうか?
その答えは、虫たちが教えてくれます。
花を訪れたのはヤマトシジミとイチモンジセセリ。
DSC_4002_00009bDSC_4047_00004

彼らをよく観察していると、ストローのような細長い口、口吻(こうふん)をあちこちにつんつんと当てて、蜜を探しています。
そして、探し当てたその場所は、「苞」の隙間にある、小さな小さな明るい黄色の部分。これがセンニチコウの、本当の花なんですね!
DSC_4056_00007b

花壇では、ジニアの花なども見頃となっています!
こちらは、6月に行ったイベント「ちょいボラDAY」で植えた、たねダンゴから育ったものです。たねダンゴを植えた花壇では、夏から秋にかけていろいろな花が咲いていきますので、お楽しみに!
DSC_3707bDSC_4133b

季節の花、緑、生きもの| ゴマちゃん

2018年8月15日

夏といえばセミ!

夏真っ盛り!!

夏の風物詩といえば、すいか、プール、かき氷、ヒマワリ、花火、入道雲、夏祭り

といろいろありますが

ミーンミンミンミンミンミ―♪  ジリジリジリジリジリジリジリ・・・♪

そうです! 夏に欠かせない生き物、セミです。

どこへ行ってもセミの大合唱が聞こえてきます。

IMGP8041

猛暑に負けないぞ! そんな風に聞こえてきそうです。。

 

セミのぬけがら

IMGP8051

季節の花、緑、生きもの| カラミ―

2018年8月10日

キツネノカミソリ開花しました!

今年も野鳥の森ゾーンに、キツネノカミソリが開花しました!

ヒガンバナの仲間で、オレンジの花を咲かせます。

IMGP8015

なんとも興味深い名前ですが

細長い葉の形がカミソリに似ていることが名前の由来だそうです。

 

そして特徴なのが、開花時期には葉がないことです。

葉は花が咲く前に枯れてしまうので同時に見られないのが残念ですが

葉が伸びる春頃に観察するのも楽しいかもしれませんね。

 

※キツネノカミソリは生育環境の減少から現在では少なくなっている植物です。

くれぐれも採って持ち帰ったりしないようにお願いします。

また、野鳥の森のロープ柵内への立ち入りはご遠慮ください。

季節の花、緑、生きもの| カラミ―

2018年7月31日

夏の昆虫

暑い日が続いています。
公園では、セミやバッタ、トンボの仲間など、夏らしい昆虫がたくさん見られるようになってきました。こちらはシオカラトンボ!
DSC_0773_00007
こちらは芝生で見つかった、茶色のショウリョウバッタ!
DSC_3377_00001
今度はイチモンジセセリ。蛾と間違われることもありますが、かわいらしいセセリチョウの仲間です。
DSC_2989_00008
先日のディスカバリーツアーでも人気だったトラフカミキリ!遠くから見るとスズメバチにそっくり。

クワの木のまわりをじっくり探すと見つかります#。
DSC_3012_00003
さて、比較的花をつける植物が少ないこの季節ですが、花壇にはかわいらしい花がたくさん咲いています。
こちらはセンニチコウ!
DSC_2925_00009
他にも、メランポジウム、ガザニア、ニチニチソウといった夏の暑さにも強い花が植えられています。これが虫たちに大人気。いろいろな虫が花を訪れていますので、ぜひ探してみてください。
DSC_2867_00006
こちらは美しいキアゲハ!
羽化からそれほど経っていないのか、全く傷みのない美しい翅です!
DSC_2874_00005
正面顔もキュート!
DSC_2902_00010
熱中症には十分気をつけて、ぜひ夏の昆虫探しを楽しんでみてくださいね。

季節の花、緑、生きもの| ゴマちゃん

2018年6月19日

小さな王冠、ムクロジの花

武蔵国分寺公園こもれび広場西側を歩いていたら、

晴れているのにパラパラと雨のような音。

はて?と見上げると、ムクロジの花が満開でした。

国分寺ムクロジの花にクマバチ300617

ハチが忙しく飛び回って蜜や花粉を集めています。

雨音の正体は、落ちてきた花でした。

花びらがほとんどない地味な小花ですが、

雄花は王冠のような形!

ムクロジの花とコメツキムシ300617

コメツキムシが落ちてきた花に頭を突っ込んで花粉を食べていました。

人間には、秋の黄葉と、初冬の飴色の実が魅力的な樹木ですが、

虫たちにとってはこの季節が一番魅力的な樹木なのかもしれません!

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年6月14日

ノウゼンカズラの回廊

鮮やかなオレンジ色の花。
ノウゼンカズラが開花しました!

DSC_9716
公園内にある「ノウゼンカズラの回廊」。
花を楽しめるだけでなく、
日をよけられる涼しい散策路になっています。

DSC_9697
つる性の植物であるノウゼンカズラは、
しっかりと支柱にからみつき、
その葉で緑のカーテンをつくっています。

DSC_9704
まだまだ開花が続き、花が増えていく見込みですので、
しばらくの間、たっぷりとノウゼンカズラをお楽しみください♪

DSC_9666
現在、公園のあちこちで、アジサイの花も見頃となっています。
こちらもあわせてお楽しみください。

DSC_9764
ご来園お待ちしております!

季節の花、緑、生きもの| ゴマちゃん

2018年6月8日

タイサンボク

モクレン科の常緑樹、タイサンボクの木に白い花が咲いています。

高木のため、花が咲いていても

なかなか近くで見ることはできませんが

強い芳香なため、匂いに誘われてしまいます。

 

IMGP7867

 

うっとおしい梅雨のこの季節

少し離れていても香りが感じられる

タイサンボクの木を愛でてみてはいかがでしょうか。

 

おまけ

IMGP7835

ネムノキ(西元地区有料駐車場後ろ)のピンクの花も

甘い香りがします。

 

ご来園お待ちしております ♪

季節の花、緑、生きもの| カラミ―

2018年5月18日

初夏の公園風景

霧の噴水の南側、センダンの花が満開です。

ひんやりしたミストと、涼しげな花の色、ほのかな香りをお楽しみいただけます。

武蔵国分寺センダン300512

ふれあい橋の南側では、今年もチガヤの穂が風に揺れています。

こちらも、初夏の国分寺公園らしい風景です。

武蔵国分寺チガヤ300512

5月20日(日)はSunday Park Cafeを開催します。

初夏の散策・自然観察とあわせてお楽しみください。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年4月28日

こいのぼり

円形広場のど真ん中。こいのぼりが泳ぎはじめました!
DSC_6859_01
IMG_4033_2

こちらのこいのぼりは5月6日(日)まで見られます。

DSC_6834_02

風の具合によって、ゆらゆらと色々な表情を見せます。
いろんな角度から楽しんでくださいね!

DSC_6790_01

DSC_6803_01

 

*おまけ

DSC_6869_01

園内では、ユリノキの花が見ごろを迎えています。

こちらもあわせてお楽しみください。

ご来園お待ちしております!

その他,季節の花、緑、生きもの| ゴマちゃん

2018年4月4日

「ちょいボラDAY」で植えたお花が見頃です

昨年冬の「ちょいボラDAY」で、100人を超える参加者の皆さんと一緒に植えたチューリップが見頃を迎えました!一緒に植えたパンジーやノースポールも公園の入口を美しく彩ってくれています。1年で一番カラフルな公園花壇を見に、ぜひ遊びに来てください♪

 

P1590082P1590086P1590084

 

P1590092

 

季節の花、緑、生きもの| パピコ

1 / 1412345...10...最後 »