武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

武蔵国分寺公園 オフィシャルブログ

スタッフの紹介

名前   :虫目ちゃん

2018年6月19日

小さな王冠、ムクロジの花

武蔵国分寺公園こもれび広場西側を歩いていたら、

晴れているのにパラパラと雨のような音。

はて?と見上げると、ムクロジの花が満開でした。

国分寺ムクロジの花にクマバチ300617

ハチが忙しく飛び回って蜜や花粉を集めています。

雨音の正体は、落ちてきた花でした。

花びらがほとんどない地味な小花ですが、

雄花は王冠のような形!

ムクロジの花とコメツキムシ300617

コメツキムシが落ちてきた花に頭を突っ込んで花粉を食べていました。

人間には、秋の黄葉と、初冬の飴色の実が魅力的な樹木ですが、

虫たちにとってはこの季節が一番魅力的な樹木なのかもしれません!

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年6月6日

パークストレッチ教室、開催しました

梅雨入り前、爽やかに青空が広がった6月4日、

武蔵国分寺公園で、パークストレッチ教室を開催しました。

今回が初開催の新企画、7名の方にご参加いただきました。

 

軽く円形広場を一周して体を温めた後、

木蔭にヨガマットを敷いて、体を伸ばしていきます。

IMG_0305

仰向けストレッチ中

仰向けで行うストレッチ中、目に入る風景は、こんな感じ。

IMG_0295

解放感いっぱい。気持よく癒されます…。

 

ゆっくりストレッチの後は、軽い筋トレと、

左右の手と足でバラバラな動きに挑戦する脳トレも。

ちょっと筋トレ

 

ちょっと脳トレ

帰りには、次はいつ?と参加を希望してくださる方も!

次回は9月4日を予定しています。

リフレッシュ効果抜群のパークストレッチ、ぜひ試してみてください。

 

イベント| 虫目ちゃん

2018年5月18日

初夏の公園風景

霧の噴水の南側、センダンの花が満開です。

ひんやりしたミストと、涼しげな花の色、ほのかな香りをお楽しみいただけます。

武蔵国分寺センダン300512

ふれあい橋の南側では、今年もチガヤの穂が風に揺れています。

こちらも、初夏の国分寺公園らしい風景です。

武蔵国分寺チガヤ300512

5月20日(日)はSunday Park Cafeを開催します。

初夏の散策・自然観察とあわせてお楽しみください。

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年3月18日

ハナノキ満開です

武蔵国分寺公園、泉地区南東口のハナノキが満開になりました。

国分寺ハナノキロング

サクラのようには目立ちませんが、
枝先全体が赤く染まっています。
秋の紅葉が見事ですが、春の花も味わいがあります。

国分寺ハナノキ

国分寺駅方面からお越しの際は、
ちょっと見上げてみてください。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年2月9日

青空と冬芽

寒いながらも美しい冬晴れの一日。

武蔵国分寺公園では、青空を背景に早春の花や冬芽がきれいです。

華やかな紅梅。

コウバイロング
名前のとおり、赤みの強い冬芽のアカシデ。

アカシデ

もうすぐ咲きそう!サンシュユの丸い花芽。

サンシュユ

ふわふわ毛布のようなシデコブシの花芽。

 

シデコブシ冬芽
冬枯れているようでいて、少しずつ芽吹きの春へ向かう生命力でいっぱい。

そんな2月の公園です。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2018年1月1日

あけましておめでとうございます

2018年も私たち、西武・武蔵野パートナーズは

皆さまと人、自然、まちが元気になる公園づくりを進めます.

 

今年も、公園に“あったらいいな♪”を、みなさんと一緒にたくさん増やせる一年にしたいと思います

ぜひお散歩に、ピクニックに、おでかけくださいね。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年は1月4日から平常営業とさせていただきます。

2018年 元旦 スタッフ一同

H30年年賀状

その他| 虫目ちゃん

2017年11月29日

燃えるような紅葉です

晩秋の武蔵国分寺公園、

今年は朝晩の冷え込みが強いせいか、イロハモミジの紅葉の発色がとてもきれいです。

こもれび広場ではイチョウの黄色いじゅうたんを背景に、

国分寺こもれび広場291128

武蔵の池~扇の滝上部の小道では、ドウダンツツジの赤とコラボして、

国分寺モミジ、イヌシデ、ドウダンツツジ291128

燃えるような鮮やかな色を楽しめます。

紅葉の終わりまであとわずか、ご来園お待ちしております。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2017年10月17日

野鳥の森にカニ現る!

武蔵国分寺公園、野鳥の森に、変った形のキノコが生えてきました。

武蔵国分寺カニノツメ291014

その名もカニノツメ!!

うーん、他に名づけようのない形です。

カニのハサミの真ん中部分の黒っぽい粘液がちょっと匂うのですが、害のないキノコです。

白っぽい部分は、幼菌。卵の殻を割るように白い幼菌が割れて爪が生えてきます。

写真一番手前は、まさに卵が割れて赤い爪がのぞいてきたところ。

 

ちょっとエイリアンっぽくて気持ち悪い?でも、面白い!なキノコの紹介でした。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2017年9月27日

輝くススキの穂

秋の空気になりました。

武蔵国分寺公園のバッタランドでは、ススキの穂が伸びて、

日射しに輝いています。

ススキ

 

9月のススキは、稲穂を思わせる金色。

ススキ②

秋が深まると、次第に白っぽい綿毛に変わっていきます。

 

ススキがきらきらと風にゆれる様子は、公園ならではの美しい秋の風景です。

バッタを探しながら楽しんでください♪

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

2017年8月22日

ほろ酔いのスイフヨウ

武蔵国分寺公園南東口を彩るムクゲがきれいです。

国分寺ムクゲ

 

ムクゲは園内にたくさんあるのですが、

よく似たフヨウの木は1本だけしかありません。

サービスセンター口の近くのスイフヨウで、こちらも見ごろです。

スイフヨウは、酔芙蓉と書きます。

朝の花は上向きで真っ白。

朝のスイフヨウ

夕方になるとだんだん薄紅色になり、前日のしおれた花は濃いピンクになります。

この色の変化を、酔っ払って赤くなる様子に例えた名前です。

朝の純白の花もいいですが、昼過ぎ、

すこしずつ淡いピンクに変わってきた花も美しいです。

午後のスイフヨウ

 

ほろ酔い加減のスイフヨウ、お楽しみください。

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん

1 / 212