武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

東伏見公園 オフィシャルブログ

2018年10月15日

旅する赤トンボ

めっきり秋風が冷たくなった東伏見公園、

すべり台近くの木の枝で、赤トンボを見つけました。

東伏見アキアカネ301010

赤トンボとは秋になると赤くなるアカネ属のトンボのこと。

トンボを見分けるには、羽の模様と、胸の模様がポイント。

この子はアキアカネのようです。

東伏見アキアカネアップ301010

アキアカネは時に100㎞も移動することがあるという、旅するトンボ。

卵~幼虫時代は、平地の水田のような流れのほとんどない水辺で過ごします。

成虫になると、気温の高い夏の間は涼しい山地へ移動。涼しい秋になると平地に戻ってきます。

どこで生まれて、どんな風景を見てきたトンボでしょう?

 

※サービスセンター・ポケット付掲示板のある公園では、

武蔵野の公園で見られる赤トンボのレンジャーミニ図鑑を

配布しています。ホームページの自然情報でもダウンロードできます。

興味のある方はこちらからご覧ください。

 

 

季節の花、緑、生きもの| 虫目ちゃん