武蔵野地域にある都立公園のオフィシャル情報を発信しています。

むさしのの都立公園

手乗りスズメバチ!?

2017年10月29日(日)

手乗りスズメバチ!?

秋が深まり、どんぐり拾いが楽しめるようになってきました。

そんな中、夏の名残が感じられる風景も。

s-樹液とスズメバチ

スズメバチがコナラの樹液を一生懸命になめていました。

 

さすがにカブトムシやクワガタは見られなくなりましたが、

スズメバチやタテハチョウの仲間にとっては、

樹液のレストランはまだまだごちそうのようです。

 

しかし、さすがに寒いのか、動きが少々にぶい・・?

s-日向ぼっこスズメ

観察していると、日向ぼっこをはじめました。

「う~、さぶさぶ…」という声が聞こえてきそうです。

 

どうにものんびりしているので、チャレンジ!

s-手乗りスズメバチ!

じゃ~~~ん!!!手乗りスズメバチ!

 

「なんて命知らずな!!!」「けしからん!!」

などと怒らないでください。実は、上の写真とは別個体です。

 

よく見かけるのは、上のスズメバチだと思います。

2匹のスズメバチは、どこが違うでしょうか?

 

答えは…

  • 普通のスズメバチがお腹の先がとがっているのに対し、手乗りの子は平たい。
  • 普通のスズメバチは触角が短いが、手乗りの子は長い。

 

という特徴があります。では、もう一度、別の角度から…。

s-スズメバチ

こちら普通のスズメバチ。

 

s-オスアップ拡大

こちらさっきの手乗りスズメバチ。

 

実は、この手乗りをしている個体は、オスのスズメバチ。

それに対し、通常飛び回っているスズメバチは、すべてメスなのです。

 

スズメバチが刺す時の針は、メスの産卵管が変化したもの。

オスのスズメバチは、産卵管は持っていません。

なので、オスのスズメバチは刺すことができないのです。

 

だから手乗りをしても大丈夫だったのですね。

s-オス顔アップ拡大

心なしか、なんだか穏やかそうな顔に見えてきますね~~。

 

 

ただし、オスメスの見分け方は、

慣れないととても難しいものです。

 

みなさんは、手乗りに挑戦するのは

レンジャーと一緒のときだけにしてください。

 

普段公園を歩く際は、スズメバチを怒らせない程度に、

どんな形をしているのか、どんな顔をしているのか、

そっと見守ってあげてくださいね。

 

森の仲間スズメバチと、

また一歩仲良くなれるかもしれませんよ!